オモロク

意識高い系大学生によるブログ

ブロガーが淘汰される?フレッドアップデートによる順位変動への対策


f:id:kk3marketer:20170323213959j:plain

フレッドアップデートについて。

 

前回こんなお話をしました。

www.kk3marketer.com

収益化を試みるブロガーさんにとっては、最悪の場合「終焉」を迎えてしまう可能性を孕んでいます。

 

もしかすると、この記事を見ている「あなたのブログ」が終わるかもしれません。早急に対策しましょう。今、グーグルで大きなSEOアルゴリズムの変更が起きようとしています。そんな中、WEBマーケティングでインターンしている僕が稚拙ながらフレッドアップデートについての考察をさせてもらいたいと思います。 何か少しでもあなたのブログに参考となる情報が提供できれば幸いです。

 

 

コンテンツの質を磨きましょう。

SEO対策について色々な疑問があると思います。特にフレッドアップデートと噂された、グーグルの小さなアルゴリズム変更によって以下のように巷では騒がれています。

 

  • 記事の中広告を入れるのはどうか?
  • 1ページにアドセンス4枚以上はどうか?
  • SEO対策がしっかりなされた文章を書いた方がいいか? 

 

僕はまず、このような雑多な考えを捨てることから始めるのが吉だと考えます。なぜならそんなことは「グーグルの神のみぞ知るのみ」だからです。よく言われたことですがSEOに置いて重要なのは、いかに記事の質を高めるかを先決にすべきです。「小手先のテクニック」に迷っている暇があれば、とにかく文章を書きましょう。1文字でもいいから前に進むことを意識しましょう。

 

お金の匂いが漂いすぎないサイトへ 

よく、サイト内にアフィリエイトリンクをたくさん貼っているサイトを見かけます。これはSEO的には悪いのでしょうか?答えは「実は悪くありません」しかしアフィリエイトリンクを貼ることで間違いなく”ユーザーの離脱率”が上がってしまいます。想像してください、あなたがスマフォでサイトを閲覧している時、間違って広告を押してしまって集中が途切れたことがありませんか?

 

読者の滞在時間をいかに長くするかが「これからのSEO」では非常に重要とされるでしょう。

 

 

良質なコンテンツの「良質」とは?

 ユーザーの滞在率を上げるためには良質なコンテンツを作成しなければなりません。しかし多くの人は「コンテンツの質を高めるにはどうすればいいのかわからない」と悩んでいるはずです。僕も色々悩んでいました。

 

結局、色々悩んだ挙句、僕が大事だと痛感したことは、たった10文字に集約されます。 それは、「読み手を意識すること」です。

 

  • どうすれば読み手に感動してもらえるのか? 
  • どうすれば読み手に共感してもらえるのか? 
  • どうなれば「その人」にとっての本質か? 
  • どうすれば「その人」を動かせるのか?

 

この4つを僕はひたすら考えるようにしています。時には炎上してでも「その人」に刺さる文章を書く必要があると、僕は考えています。

 

ブログ成功者だけが知っているたった1つの真実、5選

 

僕のある師匠が言っていた言葉です。何かの参考になれば幸いです。

 

  1. 記事の価値は、数値では計り知れないことを知る
  2. 記事が本質的であるかどうか追求する
  3. 記事が、あなただけにしか書けないものだと確信する
  4. 読者にとっての価値がなければ、捨てる覚悟を持つ。
  5. あなたの魂を、生き様を、少しだけでもいいから記事に込める。

 

いずれ来る大きなグーグルのアップデートに対して、あなたはどのようなマインドを持ってブログを運営しようとしていますか?一度改めて考えて問い直すことをお勧めします。

 

PVは気にしないほうがいいです。

PVを気にし始めると、キリがありません。PVは指標であって、大事なのはたとえ1PVでも「その人を動かせたかどうか」です。

 

「その人」を動かすためには、やはりUXが重要になってくるでしょう。UXとは顧客体験価値です。良いUXというのはブログのデザインさることながら、読者に読んでもらえる「記事の中身」が勝負になってきます。どうやったら読者に読んでもらえるか。これを考え続ければあなたのコンテンツも良いUXとなるでしょう。

 

 生き様や意見を伝えるブログがUXに溢れる

 

警察官クビになってからブログ

もはや日記とかそういう次元ではない

 

あなたは、上記のブログを見たことはありますか?このお方達のブログというのは、論理で説明できない「この人だから書ける」内容になっています。広告も貼っていないので、収益でも表せません。 強い自我と熱量、そして独特の意志を持っているように思います。僕はこうしたブログこそが真にあるべき姿だと考えています。

 

あなたも、PVや収益といった結果だけを求めずに、おもむくままにあなたの文章を書いてみてはいかがでしょうか。

 

ある炎上ブロガーはこう言っていました。 

 

強い自我と熱量で、筆を動かせ

 

 

UXのない文章は、いずれAIにも負ける?

 

変える覚悟、変わる覚悟を持て。

 

アフィリエイトをしたいなら「ブログ」でやらない方が実はいいかもしれません。「ブログ」をやるなら、自分の意見を「言いたいように言う」のが僕の中の正解だと思っています。言いたいことを誇らしく「ブログ」で言いましょう。自然とそこに人はついてくるはずです。なぜ、アフィリエイトがブログ向きでないのか。それは商品紹介のために言いたくもないこと言うので、AIのような文章になってしまうからです。アフィリエイトでも、そこに独自性があれば問題ないです。

  

さいごに

f:id:kk3marketer:20170325141458j:plain

近年、AIが人と同じ文章を書けるようになるかもしれないと話題に上がってきています。そんな中、あなたがAIには書けないブログを創るためにはどうすればいいでしょうか。1つ質問です。

 

あなたのブログで最も伝えたい意見は何でしょうか?

 

 

僕は、AIには書けないブログを創るためには、圧倒的な意見を創るしかない考えています。圧倒的な「あなただけの意見」さえあれば、誰にも真似できません。きっとその想いは誰かに刺さり、誰かのUXになるはずです。

 

それが真のブログであり、WEBメディアのあるべき姿だと僕は思うのです。

 

 

利潤を得たいなら己のやり方で、対等に闘え。

不正をするな、プラットフォームに依存するな。

 

 

もう一度言います。UXとは、ユーザーエクスペリエンスです。ユーザーエクスペリエンスとは、顧客体験価値になります。あえて、ブログとして言うなら「読者体験価値」ここまで目を通してくれたあなたがたった今、画面の前で感じてくれていること。それがもしかしたら「読者体験価値」のはずです。読者体験価値が高い記事こそ『content is king』になり得ます。記事の中身こそが、全てを統べる「王様」。それがcontent is kingです。

 

 広告を貼ることは、この優先度が下がってしまわないか私は心配です。

 

あなたは

記事に中に広告を貼りますか?

 

読んでくれた読者の妨げになる位置に

広告を、貼りますか?

 

 

読者にとって価値のないアフィリエントリンクを、

貼りますか? 

 

 

content is king です。

 

 

全てを捨てたものが、全てを手にします。

 

全てを捨てたものだけが、全てを手にします。

 

 

恐れず変化せよ。

変化に合わせた「正しい決断」をせよ。

 

 

 

 

それでも尚、記事の中に広告を、貼ろうとしますか?

 

 

 

 content is king です。

 

一度、この機会に考えてみてはいかがでしょうか。

 

www.kk3marketer.com