読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモロク

誰かにとって価値ある情報を「面白く」「記録」するブログです。

習得すれば、これからの時代を優位に生きれる2つの能力


f:id:kk3marketer:20170305114630j:plain

これからの時代に働き方に適合した能力とは?

 どうも、相田ケイ(@kk3marketer)です。

 

ロボットやAIによって人間の仕事が奪われている中、私たちは今後どのような能力を身につければ食いっぱぐれることはないのでしょうか?

 

これからの「働き方」に適合した能力とは?

 

近年、大きく2つの能力が注目されています。 それは、クリエイティブシンキングとロジカルシンキングというスキルです。

 

この2つのスキルは、グローバル化が進んでいる変化の大きい時代において求められる、市場価値の高いスキルです。実際に能力を身につけてもTOEICや資格のように可視化はされませんが、この能力が身につけば、きっとあなたの評価が今より上がることは間違いないでしょう。

 

1.ロジカルシンキングとは

f:id:kk3marketer:20170305175322j:plain

ロジカルシンキングとは、端的に言うと、どういう意味になるのか?Wikiを参照すると、

 

一貫していて筋が通っている考え方、あるいは説明の仕方のことである。

 

とのことです。つまり、誰がどう見ても「その考え方は正しい」と思われるために筋道を立てて物事を考えていくことができる能力がロジカルシンキングです。しっかりした考え方をすることができれば、あなたの話に説得力が出ます。説得感が出れば「思い通りに、人を動かす」ことができるようになります。 

1-1.なぜ、今後ロジカルシンキングが必要なのか?

f:id:kk3marketer:20170305175404j:plain

 

近年、グローバル化が進んでいることは街中の外国人観光客を見ても改めて認識させられます。グローバル化が進んでいくということは、自分と違うバックグランドを持った人間と触れ合う機会がより多くなるはずです。 自分とバックグランドが違えば、今まで自分たちだけで通じていた事柄が通じない場合がやってきます。そうした際に「誰が見ても、誰が聞いても絶対に正しい論理」を通すことができれば、国境を越えても相手に物事を100%誤解なく伝えれるはずです。

 

ロジカルシンキングとはどういったもので、どのようにして使えばいいのか知っておくだけで強みになると思います。もっと深く概念を把握するにはとりあえず漫画「マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング」をさらっと読んでみるといいかもしれません。もちろんこの漫画だけでロジカルシンキングのすべてがわかれば苦労はしないですが、オススメです。

 

2.クリエイティブシンキングとは

f:id:kk3marketer:20170305175418j:plain

 

クリエイティブシンキングとは、一言で言うなら「発想力」です。

 

例えば、「みかんの全国消費量を3倍にするには?」という質問をいきなりあなたにぶつけられたとして、一体どれくらいの施策を思いつきますか?今、あなたが思いついた施策の数や質が、実のところ、あなたの現時点での発想力です。危機感を感じていますか。

 

この記事を見てくださっている人はブログを運営されている方も多いと思いますので、発想力はつくづく必要だと感じているかと思います。では、1つ、そんなあなたにタメになるお題を提示しましょう。ぜひ、考えてみてください。

 

2-1.「ブログやサイトのPV数を1ヶ月で1.2倍に増やすためには?」

実際に発想力を鍛えるワークをしましょう!

 

もし、あなたがブログのPVを増やしたいならどう言った施策を実行しますか?15分で、打ち手を思いつく限り考えてみてください。

 

「ブログやサイトのPV数を1ヶ月で1.2倍に増やすためには?」

 

では、よーい、ドン!

 

 

 

 

・ ・・ ・・

 

 

 

・ ・・・

 

 

 

・・・

 

 

・・

 

 

 

 

 

どうでしたか?なかなか難しかったかと思います。50個見つければかなりすごいのですが、ほとんどの人は15分で30個も打ち手が出なかったと思います。

 

2-2.オズボーンのチェックリスト

「アイデアはセンスだ」

「おじさん頭かたいから」

「そんなたくさんの良いアイデアなんて思い浮かばないよ」

 

今まで私は、こういった嘆きの声がたくさん聞いてきました。あなたもそのように感じたことはあるのではないでしょうか?

 

では一体、どうすればスラスラとアイデアが出てくるようになるのでしょうか。1つのアイデア発想法の型として「オズボーンのチェックリスト」というものがあります。 オズボーンさんはご存知でしょうか?多分知っている方は少ないと思います。ではブレーンストーミングのアイデア発想法はご存知ですしょうか?実は、アイデアを出す際によく使われる技法ブレーンストーミングを開発した人がオズボーンさんなのです。もうこれはアイデア発想においては、オズボーンさんの力を借りるしかないでしょう。ということで、オズボーンさんのチェックリストはこちらになります。

 

 

1.他に使い道は? ex.過去記事をSNSを利用して再UPする

 

2.応用できないか?ex.他のブログ記事の良いところを真似した上に味付けしてみる

 

3.修正したら? ex.今まで書いた記事をリライトする

 

4.拡大したら? ex.ブログジャンルをホッケーからスポーツに広める

 

5.縮小したら? ex.ブログジャンルをスポーツからホッケーに特化する

 

6.代用したら? ex.アメブロでも同じコンテンツをコピペして公開する。

 

7.アレンジし直したら ex.ブログのレイアウトを変えてみる

 

8.逆にしたら ex.真面目ブロガーから炎上ブロガーへ

 

9.組み合わせたら ex.過去記事を組み合わせ、1つにまとめてみる わかりやすく

 

「ex.」ではブログのPVを増やす打ち手を考えたので、少し無理やりになってしまいましたが、どの問題に対しても、おおよそこんな感じのイメージになります。例えば、みかんの消費量の話だと、消費量を増やすためにみかんをスポーツのボールとして使うとかも考えれますね(6番の代用です)「食べ物を粗末に扱うな!」という意見もあると思うのは100も承知ですが、それくらい自由な発想でアイデアを出していくことが大切です。

 

アイデアは才能だけでなく、フレームワークを覚える努力によってもたくさん出せるようになります。ぜひ、あなたも「オズボーン」さんに習って、クリエイティブシンキング力溢れる人間を目指して頑張ってみてはいかがでしょうか。

 

3.まとめ〜ロジカルシンキング・クリエイティブシンキング〜

f:id:kk3marketer:20170305175949j:plain

 

ロジカル×クリエティブ この2つの能力については、どちらかが優れているだけでは成り立ちません。例えば、ロジカルだけどクリエティブでない場合は、規則は守れるけど革命は起こせない人になってしまいます。逆にクリエティブだけどロジカルじゃない人は、手のつけられないヤンチャな人、ただの変人で終わってしまいます。

 

そうならないためには、クリエイティブかつ筋が通っている「誰が聞いても納得できる、成功しそうな提案」をしなければなりません。両方バランスよく身に付けることができれば、0から生み出すことができる人材になることができるでしょう。

 

大きなスケールで話をすると、この世界にイノベーションを起こし、インパクトを与えることができるようになるためにはこの2つの能力が必須だと言われています。 イノベーションを起こせとは言いませんが、ぜひ、あなたもこの2つの能力に注目して、少しづつトレーニングしてみてはいかかでしょうか。あなたのブログや日常生活において何かしらの改革は起こせるはずです。

 

そして、何よりこの2つの能力が身につけば、きっと周りから一目置かれる存在になれることでしょう。意識して毎日を過ごしてみてください。

 

以上、相田ケイ( @kk3marketer)でした!

Freepikによるデザイン
Copyright © 2016-2017 Omoroku. All Rights Reserved.