オモロク

意識高い系大学生による意識高いだけで終わらないためのブログ

情報商材屋ヒカルに学ぶ、正しい人生の歩み方【文春砲で人生終了】


ヒカルはVALU事件

前回の記事にも書きましたが、現在YoutuberのヒカルはVALU事件で絶賛炎上中です。彼はこれから文春砲にもお世話になるみたいで、それはもう、今までの行いの全てがヒカルに押し寄せているという感じ。

 

世界線は収束し、まさに全ては因果応報の言葉の如く。ゆえに、おそらく彼の人生は、もう終わりを迎えることでしょう。人々のヘイトが限界を振り切りました。

 

 

騒動に便乗というよりは、前々から訴えたかった「情報商材」の悪質さと、この事件を反面教師に「全うな生き方とは何か?」について主にお伝えします。僕は「情報商材業界に潜入した経験」がありますので、ヒカルの今までの行いの何が悪かったのか?何が一番彼の人生を狂わせたのか?について思うところがあります。

 

 ヒカルから学ぶべき人生の教訓は「嘘をつかない」ということ

さてさて、もうこの記事の結論は冒頭に出てきてしまっていますが、ヒカルから学ぶべきは「人を騙すような悪い嘘をつかない」この一点のみです。ヒカルはYoutuber活動のみならず、彼の人生において「人を騙した総量」があまりにも大きすぎました。

 このツイートには、どこまでが真実かはわかりませんが、

 

  • 情報商材という100%稼げると言って100%失敗する詐欺商法でお金を騙しとる
  • 何万回もRTされるプレゼント企画の当選者がサクラ
  • 10000のコメント数に対して、ポジティブな感想の400件のみの表示
  • ファンを裏切るような行為etc...

 

たくさんの悪行が羅列されていました。

 

これが本当なら凄まじい「騙しの権化」のような所業です。しかしまあ、これらが列挙されていたということは、ツイートは黒である要素は大です。なぜなら火のないところに煙はたたないと思うからです。

 

また、仮にこれが嘘のツイートにしろ、彼のしてきた行いの報いの結果は、火消しを行える範疇から大きく外れています。もはやまさに因果応報。イカサマの報いの真っ最中を目にしているようです。DMMと事業を展開すると言っていた勢いのあった頃はいずこへ。残念。

 

文春砲炸裂。。。大衆に嫌われるともう終わり

嘘で塗り固められた人生を歩むことis文春に目をつけられるということであり、文春くんをワクワクさせるトリガーに。文春砲によって世間一般の人にも周知され、もはや彼のyoutuberとして活動はもう困難なのではないでしょうか。

 

それでもなお、このバッシングに耐え、ヒカルが勝てば、情報商材屋さん側の勢力の勝ちとも言えてしまうので、目を離せません。ヒカルが負けるに59ペリカですね。数年後にヒカルが輝いている姿はあまり想像できませんから。

ヒカルの人生が狂ったのは人を騙すことが「当たり前」になったこと

いずれにせよ、ヒカルが堕落してしまった原因は、ヒカル自身でも自分の言っていることが嘘を嘘と認識できないほどに「嘘が当たり前」と化してしまったのが、彼のこの大きな失敗の始まりだったと思うのです。

 

どういうことか、それは情報商材屋さん時代に培われた「癖」によるものです。 

情報商材屋さんの悪い癖。嘘を嘘と思えない最悪の癖

 

人を騙すことが主となるのは、一種の「癖」のようなものです。一度でも「嘘」をついて成功してまえば、その後は泥沼にはまっていくのみ。実際に僕は、「人を騙して生計を立てるような輩」がたくさん存在している「裏社会の一端」をこの目で見たことがあります。彼ら裏社会の住人(情報商材屋)は、自分の利益のために「嘘」を平気でついていました。

 

それも一点の曇りなく。彼らのにとってはもはや、「嘘をついている」という認識すらないのです。そうなればもうオシマイ。お金は手に入るかもしれませんが、本当の成功は一生、手に入らないでしょう。

 

人を騙し旨味を得ることができるようになれば、あとはその中毒にハマり、彼らの中で正当な行為と化していきます。こんな感じで、です。

 

ネットビジネスで月収100万稼げますよ^^

稼いだお金でボランティア活動しましょう^^

 

黙れ小僧!お前に社畜が救えるか!? 

ヒカルの情報商材時代に築いた負の資産!

この図はヒカルが今まで行ってきた負の資産を表しています。ヒカルは間違いなく黒。悪質なネットワークを持っています。悪質なネットワークとは、情弱を刈りとる側の人間のです。奪う側の人間達は、実はヒカルの水面下にたくさん潜んでいるのです。

 

彼ら情報商材の闇については、また後日言及するとして、今回伝えたいのは「彼らを反面教師に、私たちの人生にどう糧にしていくか」です。情報商材屋さんはいずれ消えゆく虚業なのでどうでも良いとして、私たちが彼らを横目にどうより良く生きるかです。

 

それは、前述した通り「悪い嘘」をつかないことです。

f:id:kk3marketer:20170823011555p:plain

 

「悪い嘘」とは、人の人生を悪い方向に狂わせるような「嘘」のことを指します。情報商材屋というのは、まさに「悪い嘘」をいかにうまくつけるかの商売なのです。したがって、情報商材屋というバックグラウンドに手をつけたのが、ヒカルの人生過ちの大きなルーツです。もし、彼が情報商材に手をつけずに、最初からヒカキンさんのように全うにYoutubeに向き合っていれば、今回の炎上のような結末にはならなかったはずでしょう。

 

嘘をつかないこと。あまりに基本ですが、貫徹は意外と難しいのです。改めて意識していきましょう。

 

ヒカル以外にも悪い奴はたくさんいる 

せっかくなので少しご紹介しておきました。世の中は広いし、色んな人がいます。

 

インターネットを使えば、様々な人と一瞬で繋がれます。インターネットには、もちろん頭の良い人もいれば、すぐに騙されてしまう人もたくさんいます。そうするとどうしても奪う側、奪われる側の構図がどうしてもできいます。

 

顔の見えない相手といえども、結局、悪い行いをした人は、きっとそれ相応の報いを受けるはずです。それが現世であれ来世であれ、今回のヒカルの一件を見て、強く感じましたし、僕も改めてまっとうに生きようと強く思いました。

「因果応報」という言葉を肝に銘じたい

f:id:kk3marketer:20170823011300p:plain

 

因果応報:自身の今まで行ってきた所業に応じて、必ずそれ相応の報いがあるということ。

 

「因果応報」僕はこの言葉が大好きであり、ある事件を境に、人生の教訓にしています。これも当たり前のことですが、悪い行いをすると、間違いなく自分に返ってきます。これは僕が21年間生きてきて身に染みて実感していることであり、今後の人生の歩み方において、特に気をつけたい教訓です。

 

人を騙してお金を稼ぐことは虚無。お金持ちになりたいなら、誰かにとっての価値ある行いをすること。この原理原則を守ることが、ヒカルのように堕落しない唯一の方法であり、人生の正しい歩み方です。皆さんも情報商材屋を反面教師にして、真っ当に生きましょう。

 

結局は、人をマイナスにした者でなく、プラスにした者が勝つのです。 

 

与沢翼さんが秒速でVALUから退出させられました

因果応報。イカサマの報いだっ!

 
 
 

 

 

こんな記事もあります

ヒカルのVALU炎上事件、何がダメだったのか? - オモロク