読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモロク

誰かにとって価値ある情報を「面白く」「記録」するブログです。

リーダーシップとは何か?リーダーシップの定義を知る


f:id:kk3marketer:20170131100705j:plain

私の強みはリーダーシップです!←面接官「では、リーダーシップとは何ですか?」

 あなたは今までの人生でリーダーの役目を担ったことがありますか?

 

そもそも、リーダーとは誰のことを指すのでしょうか。

 

おそらく、ほとんどの人は「ある目的に向かって集団を牽引する力」と捉えているかと思います。つまり、目標があってそれに向かって他のメンバーを引っ張っていく力がリーダーシップだということです。それもある意味では間違ってはいないのですが、他にも様々な定義があります。例えば、率先して誰もが嫌がるようなことを名乗り上げたり、交通整備の旗振り役も、ある意味ではリーダーだと言えるかもしれません。

 

実は、このリーダーシップという言葉は学術の世界ではジャングルと形容されるほど、定義が定まらず議論の余地が残されているのです。

 

リーダシップを身につけたいのならまず、リーダーシップの定義とは何か、それを明らかにしましょう。

 

それぞれの学者の定義

私たちはよく「あの人は強いリーダーシップを発揮してくれる」「あの委員長はリーダーシップがなくて頼り甲斐がない」といったセリフを言うと思いますが、ではそのリーダーシップを発揮するとは一体、どのような状態を指すのでしょうか。

 

それぞれの学者さん4人の定義を見て、定義をあなたの中で腹落ちさせてみましょう。

 

①ロビンスという学者さんの定義では

集団に目標設定を促すような影響を与える能力

 と端的に定義付けています。

 

②田尾さんという学者さんは、

特定の個人の能力や資質によるものではなく、対人的な関係の中で発揮され、場合によっては、集団の機能そのもの

つまり、集団があってこそのリーダーシップ、さらに通り越して集団そのものがリーダーシップだと言っていますね。

 

③上田さんという学者さんは、

組織の人間が組織目標を達成するように方向づけたり動機付けたりする影響力ないしは影響プロセス

なんだか難しいですね。これは端的に言うと「影響過程」もがリーダーシップだと定義しています。

 

④金井さんという学者さんは、

絵を描いて目指す方向を示し、その方向に潜在的なフォロワーが喜んでついてきて絵を実現し始める時には、そこにリーダーシップという社会現象が生まれつつある

もはや社会現象!?この定義は集団の動き全体を捉えた、極めて広義の定義のようですね。また、金井さんは唯一「フォロワー」という概念を示していますね。わかりやすくツイッターの例で言うと、ツイート主とフォロワーの関係性全体を総括して社会現象。つまりフォロワーが喜んでツイート主のつぶやきをRTして拡散されていく状態が金井さんの言うリーダーシップの定義といったところでしょうか。拡散される場合というのは、フォロワーが社会現象を作っていると言えるでしょう。

 

以上、4人の学者さんの定義でしたが、やはり学者さんの定義付けというのは、難解ですね。あえてまとめるならば、リーダーシップというのは、リーダーそのものが発揮している能力なのではなく、リーダーに追従する人も含めないと成立しないというものということですね。

 

例えば、身長が高くてイケメンでカリスマ性がある人がクラスの委員長になっても、他のクラスメイトがどうしようもないクズばっかりだと、リーダーシップが発揮されることはない、ということになります。極端な例ですが、仮にイベントを企画しても誰もやる気がないから一向に進まないし、そこに目的意識はありませんよね。

 

リーダーシップの定義:まとめ

 

 リーダーシップというのは極端にいうと、リーダーだけの素質では成り立たないというわけです。つまりリーダーそのものにカリスマ性や大物感があるだけではリーダーシップとは言えません。ですが、リーダーが他のメンバーに強制力を発揮する場合は”一応”リーダーシップを発揮してはいる状態とは言えます。なぜなら、リーダー以外に「影響力」が及んでいるからです。リーダーシップは、影響力が他人に及んでいる状態だと言えます。

 

しかし、そのようなリーダーシップは比較的弱いと言えます。トップダウンでメンバーを操るやり方は、時にメンバー間での不満が爆発してしまうことになるでしょう。望ましい形は、ボトムアップで組織が成り立つ方法です。

 

f:id:kk3marketer:20170131095130j:plain

 

例えば、メンバーの意見を尊重して取り入れることや、リーダーが掲げるビジョンに組織メンバーが喜んでついてきてくれる状態というは、組織の方向としてもかなり良好な状態だと言えるでしょう。真のリーダーシップは、メンバーへの配慮や、潜在的な力を引き出せるように働きかける力なのです。

 

クラスメイトがどうしようもないクズばっかりだった場合にも、彼らにいかにやる気を出させるか、リーダーの掲げるゴールに喜んでついてきてくれるように促すことが大切です。

 

リーダーシップは、全員があって成り立ちます。チーム一丸となるようにまとめあげれるように全体を上向きに調整できる人がリーダーシップがある人だと言えるでしょう。

 

以上。K(ケー)の備忘録でした。

 

参考文献

上田 泰『組織行動研究の展開』白桃書房,2003年

金井 壽宏『リーダーシップ入門』日経文庫,2005年

田尾雅夫『組織の心理学[新版]』有斐閣,1999年

淵上克義『リーダーシップの社会心理学』ナカニシヤ出版,2002年

Copyright © 2016-2017 Omoroku. All Rights Reserved.