読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモロク

誰かにとって価値ある情報を「面白く」「記録」するブログです。

謎の学生ブロガー『相田ケイ』のプロフィール


f:id:kk3marketer:20170305143309j:plain

オモロク編集長である「相田ケイ」自己紹介



相田ケイ(@kk3marketer)1996年生まれ。

 

現在大学4年生。関西の危険地帯で生まれ育ち、高校は自衛隊のような寮生活を体験する。大学では3ヶ月、山に籠もり修行。周りからは意識高い系仏と呼ばれている。

 

インターネットに詳しい学生ブロガー

 

全てを知っている学生ブロガー。インターネット歴15年。「ぱどタウン」「おもしろフラッシュ」からインターネッツを見ています(当時6歳)

 

WEBマーケティングに強い学生ブロガー

誰も知らない、WEBマーケの新しいノウハウやSEOについて、ある程度知っています。誰も知らないから、webコンテンツとして公開しても抽象的すぎるがゆえに、あまり多くの人に理解されにくい節もあります。

 

たった20記事くらいのブログなのにそれなりに人を集めている

 

僕に興味を持ってくれた、あなたにだけ事実をお伝えしましょう。

 

僕は、インターネット上で、どうすれば声を上げることができるか知っています。

 

サロンや、情報商材以上のノウハウが相田ケイのあたまの中にはあります。

 

 

嫌いなものが少ない学生ブロガー

 

情報商材。マルチ商法。悪質なサロン。

 

好きなものが抽象的な学生ブロガー

 

「豊かさを感じれること」がとにかく好きです。高校時代が鬱に近い状態でもあったこともあり「心の豊かさ」に重きを置いて生きています。「心の豊かさ」は人それぞれ定義が違うと思いますが、1つの要素として「とにかく自分の好きなことをする」ことも挙げられるのではないかと考えています。僕はこれからも好きなことに没頭して「心の豊かさ」を大事にしていきます。誰に何を言われようが自分で決めた道を少しづつ進んでいきます。ブログで飯を食います。食いませんが、たった一度の人生。何かに没頭できる道を追求します。

 

僕の、ビジョン

 

最後に、僕に興味を持ってくれたあなたへ。僕の考えているビジョンをお話させて頂きます。僕のビジョンは一言でいうと 「こんな生き方あったんだ!」を体現しようです。

 

 

f:id:kk3marketer:20170505151045p:plain

多くの人は、潜在的にある「やりたいこと」を封じ込めて、社会の文化に染まって生きているように思います。例えば、

 

  • みんなが行くから飲み会にいかないといけない
  • みんなが行くから大学にいかないといけない
  • みんながし始めるから、就活をしないといけない
  • みんなが頑張っているから頑張らないといけない

 

そうした「みんな」に左右されてしまって、自分を押し殺してい生きている人は多いはずです。あなたは、本当に自分のしたい生き方ができていますか?

 

近年はIT技術も発展したおかげで、もっとクリエイティブで自由な働き方を実現できる時代がきています。youtuberという職業になれとは言いませんが、何か息苦しく生きている人は、もっと多様な人生を送れる可能性を秘めています。

 

息苦しさから解放されるための1つの糸口として、ブログで情報を発信していくことも手段の1つとして挙げられます。

 

ぜひ、こんな生き方あったんだ!を体現しませんか。

 

そう思った、きっかけ

 

私は、高校時代、軍隊のように厳しいルールの中で、かなり制限された学生生活を送っていました。時には、居眠りしただけで丸坊主になったりもするほど厳しい学校でした。にわかには信じられないことかもしれませんが、昭和のような高校は未だに存在していたのです。

 

そんな中、私は疑問に思いました。

 

「こんなに”自分”を制限されて意味があるのか?」

 

文化に染まることが幸せにつながるとは思えません。頑張ることが必ず幸せにつながるとは限りません。過労死という言葉があるように、頑張ることが自分を苦しめてしまうケースもあります。「誰かにとって都合の良いルール」によって、あなたの人生そのものに負担を与えられるのは馬鹿らしくありませんか?

 

この時代は、自身で責任を持てば自由に生きることが時代です。

 

もっと自分のやりたいことを追及すれば、それが仕事にもなるし、楽しんで生きることができるはず。息苦しく生きる人を少なくして、それぞれの人中にある「あるべき人生」を体現したいです。

 

 

 

 「こんな生き方あったんだ!」を体現しよう

 

 

謎の学生ブロガー相田ケイより。

 

 

Copyright © 2016-2017 Omoroku. All Rights Reserved.