読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモロク

誰かにとって価値ある情報を「面白く」「記録」するブログです。

本当に「食べるマスク」ってマスク効果あるの?


f:id:kk3marketer:20170204155441j:plain

巷で話題の「食べるマスク」はマスク効果があるのでしょうか?

 

しっかり書きました。

 

食べるマスクとは

あなたは「食べるマスク」ご存知でしょうか?

もしくは既に食べたことがありますか?食べたことがなくても、もしかすると薬局等で見たことがあるかもしれません。こちらがその話題の商品になります。

なんだか気になるパッケージ。具体的にどのような商品なのか?

 商品概要、どのような商品なのか?

 

現在、薬局に必ずと言っていいほど置いてある謎にインパクトのある商品。ものすごくキャッチーな商品名かつインパクトあるデザインだったので、私も先日ついに買ってしまいました。

 

そこで「本当にマスクを着用すると同様の効果があるのか?」と思い、改めていろいろ調べてみました。まず、簡単に食べるマスクの概要をご紹介します。以下のような特徴を持っています。なんとなくイメージできるかと思います

 

  • 税別200円
  • 標準21粒入り
  • 清涼錠菓子
  • 風邪を予防してくれる乳酸菌入り(シールド乳酸菌M-1)
  • 1.1gブドウ糖入り
  • 発売日:2016年9月20日(16-17冬シーズンデビュー)

 

f:id:kk3marketer:20170204170854j:plain
懐かしの"ヨーグレット"のようなタブレット

 

薬っぽい効能を考えると結構お手軽な値段です。お手軽な値段にかかわらず「シールド乳酸菌M-1」といった体に良さそうな成分が入っているので、なんとなくコスパが良さそうと感じるのではないでしょうか。

 

キャッチーな商品名につい買ってしまう人は多いハズ。

f:id:kk3marketer:20170204163813j:plain

具体的な効果に入る前に、キャッチコピーのつけ方に感動したのと、それに伴う誤解、というのを少し解説したいと思います。

 

この「食べるマスク」なかなか良い商品名ですよね。食べるマスクというと、これを食べればマスク効果同様、風邪やインフルエンザの予防になるかもという期待が一瞬で与えることができます。価値訴求のキャッチコピーとして学ぶ部分が大きいですね。

 

サブキャッチである「休めないあなたに」もなかなかブラック臭が漂うセリフで魅力的だと思います。場合によってはドキッとしてしまう方もいるのでは。

 

このキャッチからターゲットとして、

 

・仕事バリバリのサラリーマン・キャリアウーマン
・受験で忙しい高校生
・風邪予防を心がけるように子供
・それを促す母親

 

に上手くリーチをかけているコピーです。企業のマーケティングとしては大成功でしょう。

 

さてさて、企業のマーケティングが成功しているのはわかりました。 

本題です。この商品を食べれば、本当にマスクを着けると同様の効果が得られるのでしょうか。

 

「食べるマスク」と「実物のマスク」

f:id:kk3marketer:20170204170854j:plainf:id:kk3marketer:20170205090317j:plain

まず、互いにどのような効果があるのか、実物のマスクの効果を踏まえながら説明していきます。

「マスク」表記はあくまでキャッチコピーである・・・

 

タイトルにもありますが、結論から言うと、マスク同様の効果は得られないが、実はマスク以上の細菌予防になるのが「食べるマスク」である。

 

キャチコピー上「マスク」という表現を使っており、”マスク同様”という観点からジャッジすると、さすがに外からの細菌を物理的にシャットアウトすることはまず不可能ではあります。

 

先に言っておきますが、実は調べていく内に、「マスク」そのものに実は風邪の予防効果が少ないということが判明しました。

 

一方で、食べるマスクは体の内側から抗菌作用を発揮するような乳酸菌(シールド乳酸菌M-1)を摂取できます。これを摂取すると、細菌・病原菌を”物理的に防ぐ”ことはできないものの、マスクを着用するより風邪予防にはなります。

 

マスクは感染者の印

f:id:kk3marketer:20170205181412j:plain

ここで一旦、「実物のマスク」の効果についてお話しします。認識を新たにして欲しいのが、本来マスクを使う人というのは、風邪が発症している人だということです。風邪やインフルエンザを予防するためにマスクを使用しも、防ぐという意味ではそれほど効果を発揮しません。 

なぜなら

 

空中に漂うインフルエンザの細菌は0.08~0.12μmとマスクの捕集性能よりはるかに小さいサイズである

 

からです。つまり、マスクの防御率はガバガバだというとです。例えるならサッカーゴールにゴルフボールをシュートするようなものです。

 

特にインフルエンザ予防に至っては、全く効果を発揮しません。マスクはあくまで花粉うあゴミなどの大きさの物質はは防ぐことはできますが、ウイルスや細菌等の微小な物体に対しての予防にとって最適ではありません。

 

ただし、マスクには保湿効果があり、冬の乾燥に対しての効果は発揮します。保湿されることによって、多少なりともウィルスが嫌う環境を作り出すことができます。これは食べるマスクには期待できない効果ではあります。日本人は、この保湿効果がウィルス対策と信じ、健常な状態でも、予防のためにマスクを着用しているように感じます。

 

食べるマスク=健常者の予防のための商品

 

そういった保湿効果もあり、日本では、割と予防のためにマスクを着用します。しかし基本的にマスク着用というのは感染者が他に迷惑をかけないようにするものです。実際にアメリカではマスクを着用していると、感染者と思われて避けられるみたいです。日本だとそこまで顕著な行動はとらないですよね。

 

まとめると、

 

本来のマスク
感染者が他の人にうつさないようにするためにもの(アメリカ型マスク)

食べるマスク

健常者が感染予防するためのもの(日本型マスク)

 

このようになりますね。長くなりましたが、「食べるマスク」においてのマスク効果という観点から考察してきました。

 

結論:「食べるマスク」は風邪”予防”効果はあるが、「感染した際のマスク」にはならない。

 

当たり前の結論が出てしまいましたね。ただ、割と「食べるマスク」だと言われてはきちがえてしまう方もいるのではないかと思います。

 

では、いよいよ食べるマスク自体の具体的な効果について口コミの観点から考察していきたいと思います。

 

食べるマスク 効果

食べるマスクには、「シールド乳酸菌」森永乳業が保有する数千株の中から選ばれた乳酸菌が使用されています。この「シールド乳酸菌」によって、以下のような4つの効果が得られると森永製菓は打ち出しております。

f:id:kk3marketer:20170210210801j:plain

正直、4要素のうちの1つ、「人ごみ」に至っては、数合わせのように感じられます。ですが、実のところ、どれもあながち間違ってはいなことが口コミからわかりました。

 

口コミで見る効果

アマゾンレビューで統計を取ってみると、

f:id:kk3marketer:20170210220204j:plain

このような感じになりました。レビュー内容は以下のような評が多かったです。

 

デメリット

人工甘味料が甘すぎる:1票

子供にとって口に合わないのでは:1票

アマゾンだと高い:3票

 

メリット 

ヨーグレットのような味がして美味しい:5票

しゅわしゅわしてる:3票

喉イガイガが軽減されているようなきがする:2票

お通じが良くなる:2票

なんとなく効いてる?:2票

手軽さが良い:1票

 

アマゾンレビューで見る限りなかなか好評で、実際、「のどすっきり」「体調キープ」の要素は満たせている気がしました。

ツイッターの声

ツイッターでも以下のようなクチコミがありました。

全体的にポジティブな感想が多かったです。

 

 

二人目の方、なかなか完璧予防ですね(笑)

さて、クチコミから読み取れる情報としては、感じ取れる効果は、比較的「ポジティブ」みたいですね。実際に森永製菓さんが打ち出している効果に沿っているように思います。

シールド乳酸菌の効果

では、最後「食べるマスク」の期待したい、実感として現れない効果 に関して、私なりの考察を提示して締めたいと思います。

 

私なりの考察は、「予防効果」ありだと思っています。

 

これは大きく2つ根拠があります。

 

1つは、実際の私の体験談。

2つは、森永製菓さんのHP

 

1つ目の体験談に関してですが、実は私今、1部屋5人のシェアハウスに住んでおります。そこでつい最近、シェアハウスのメンバー1人がインフルエンザでダウンしたのです。

 

その時たまたま私はこの記事を書くために食べるマスクをぽりぽり食べておりました。今現在私はピンピンしているので、効果はあったのかなと思います。

 

かなり密室ですので絶対にインフルエンザウイルスは部屋にいたかと思います。ただ、もしかしたら今、この瞬間すでにウイルスが潜伏している場合もあるので、数日後発症してしまったら、説立証ならずですね。(2月10日現在)

 

2つ目の森永製菓さんのHPですが、記事下にソースとして貼っておきます。効果について、かなりドカドカと研究成果のようなものが出ています。さすがにこれが偽りだとは考えにくいです。嘘だとすると、企業として信用されなくなりますからね。

 

効果あると結論付けたい。

 

最後に、根拠として付け加えると、シールド乳酸菌は日本学校保健会に認定されています。あくまで認定ですから効果が100%認められるわけではありません。ですが、クチコミや自身の体験、森永製菓さんのドヤ具合を総括すると、「効果あり」と言ってもいいのではないでしょうか。

 

また、普通に味が美味しいのでポリポリ食べてます。お菓子としても美味しくて、風邪予防になる、まさに一石二鳥ヨーグレット。そんな好印象を個人的にもたせてもらっています。(昔ヨーグレット厨でもありましたので)

 

ぜひ、まだ食べたことがない方は、一度試してみてはいかがでしょうか。アマゾンは単品で買うと高いのでセットをお勧めします。(それでも薬局より少し高いですのでお気をつけください。薬局で買うのがお勧めです)

 

ソース 

『インフルエンザ予防にマスクは効果があるのか』http://www.cleanlyart.com/blog/?p=147

『うがい・手洗い・マスクは予防効果無し ウイルスは細菌ではありません』 http://www.in-ava.com/keikoku.html

 『森永製菓 プレスリリース情報』 http://www.morinaga.co.jp/public/newsrelease/web/fix/file57ce11fb60023.pdf

『シールド乳酸菌について』http://www.morinagamilk.co.jp/sozai/shield/shield.html