Coincheck(コインチェック)の仮想通貨fxを徹底解説

「コインチェックの仮想通貨fxってどうなの?」
「コインチェックと他の仮想通貨fx取引所の違いは?」
「コインチェックで仮想通貨fxをするメリット・デメリットを教えて」

このような疑問や悩みを抱えていませんか?

コインチェック社は2018年1月にハッキング事件に遭ってから長期の間取引所のサービスを停止していました。しかし、2019年になってからはサービスを再開させて完全に復帰しています。

今まで不信感を抱いていた方もコインチェックの利用を再度考えているのではないでしょうか。

そこで、本記事ではコインチェック取引所の仮想通貨fxについて初心者の方にもわかるように解説していきます。

Coincheck

コインチェックの仮想通貨fx


出典:https://coincheck.com/ja/

コインチェックを含む取引所では「仮想通貨fx」と呼ばれる取引手法で仮想通貨を運用することが可能です。

実は、初心者には現物取引と呼ばれる売買手法が人気ですが、取引に慣れてくると多くの方が仮装通貨fxを通して資産運用を始めます。

仮想通貨女子
仮装通貨fxだからこそお金を増やせる仕組みがあるってことだものね。
仮想通貨トレーダー
それでは、簡単にレバレッジ取引の概要や特徴について簡単に説明しますね!

まず、仮想通貨fxには以下のような特徴があります。

元手資金よりも大きな金額を運用できる

仮想通貨fxでは元手の資金にレバレッジをきかせて大きな金額で運用することができます。

例えば、元手資金が100万ある場合に、レバレッジ倍率を2倍に設定すれば実質200万円の金額を運用可能で、得られる金額も2倍になります。

しかし、レバレッジ取引はハイリスクハイリターンの投資手法になりますので、取り扱いには十分に注意が必要です。

下げ相場でも利益をあげられる

現物取引では通貨を購入してから価格が上昇するまで待ってから売却することができますが、そのまま価格が下落したままでは利益をあげることができません。

しかし、レバレッジ取引の場合は注文時よりも価格が下がった場所で通貨を購入すれば利益を下げることができます。

そのため、仮想通貨の価格が暴騰していても暴落していても両方のトレンドに合わせて売買できます。

すぐに大金を稼げる可能性がある

現物取引の場合は価格が暴騰しない限りは大きく稼ぐことはできませんが、仮想通貨fxは現物取引と異なりレバレッジをかけることで数秒から数分の間でも大金を稼ぐことが可能です。

仮想通貨トレーダー
ただし、すぐに資金を増やしたいからといってレバレッジを高く設定しすぎると損失を大きく膨らませてしまう可能性もありますので注意しましょう。

コインチェックの仮想通貨fxの特徴

Coincheck
コインチェックの仮想通貨fxの特徴についてポイントを紹介します。

  • 取り扱い通貨が国内トップクラス
  • レバレッジ倍率が5倍
  • 追証なし・ロスカット50%

取り扱い通貨が国内トップクラス

コインチェックは国内取引所の中でも比較的多くの通貨を取り扱っている取引所として有名です。

2019年11月8日現在、以下の10種類を取り扱っています。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサクラシック)
  • LSK(リスク)
  • FCT(ファクトム)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナコイン)

ただし、2019年11月8日現在、仮想通貨fxで取り扱えるのはBTC(ビットコイン)のみです。

また、コインチェック社は11月に仮想通貨XLM(ステラ)を追加すると発表しており、ステラが追加されれば合計で11種類の通貨数になります。

2019年11月8日時点での発表では11月12日12時ごろに新規通貨についての発表があるとのことです。

仮想通貨女子
XLM(ステラ)ってどんな通貨なの?国内初だよね?
仮想通貨トレーダー
XLMは個人間での国際送金の課題を解決する通貨として注目されている通貨です。リップルと似たような特徴があるためステラを取り扱っているという理由だけでコインチェックを開設するユーザーも多くいるはずです。
仮想通貨女子
そっか!今まではステラを取り扱っている取引所が国内になかったから海外取引所を利用するしかなかったんだもんね!
仮想通貨トレーダー
その通りです。海外取引所に送金する手数料や手間が省けるなどのメリットもありますよ。

レバレッジ倍率が5倍

2019年に入ってから国内取引所のGMOコイン、DMM Bitcoin、bitFlyer、BITPointのレバレッジ倍率は4倍に統一される動きがありました。
実際、コインチェック社も2019年10月31日14時以降にレバレッジを変更する予定だと発表しています。

しかし、2019年11月8日時点ではコインチェック社のレバレッジは5倍となっています。

仮想通貨女子
国内取引所は海外取引所に比べてレバレッジ倍率は低いわよね。
仮想通貨トレーダー
はい、海外取引所では100倍や200倍まで設定可能な取引所もあリます。しかし、日本ではギャンブル投資で破産してしまう人が増えないように抑制するための規制でもありますので、レバレッジが低いからといって日本が劣っているといわけではありませんよ。

追証なし・ロスカット50%

コインチェック社は追証なしなのでユーザーが想定外に損失を出して借金を背負ってしまうことはありません。また、ロスカットは50%になっており比較的自由に取引を行うことが可能です。

仮想通貨女子
ロスカットが高いとどうなの?
仮想通貨トレーダー
ロスカットは証拠金維持率が一定の数値に達した場合に強制的に決済が行われる仕組みで、ロスカットが高く設定されていればユーザーは大きな損失を避けることができます。

仮想通貨fx|コインチェックと他の取引所を比較

取引所 取り扱い通貨 レバレッジ 取引手数料 スワップ ロスカット 追証
Coincheck BTC 最大5倍 無料 0.04 %~0.05 % 50% 無し
GMOコイン BTC
ETH
BCH
LTC
XRP
4倍 無料 0.05% 75% 無し
DMM Bitcoin BTC
BCH
ETH
ETC
XEM
LTC
XRP
4倍 無料 0.04% 80% 無し
bitFlyer BTC 4倍 無料 0.04% 50% 有り80%
Zaif BTC 最大25倍 無料 最大±0.375%(スワップ)
0.039%(日次手数料)
30% 無し
Liquid by Quioine BTC
ETH
QASH
最大4倍 無料(BTC/JPY)
その他(0.25%)
0.05% 100% 無し
BITPoint BTC 最大4倍 無料 0.035% 100% 無し

コインチェック取引所と他の取引所を比較してみました。

仮想通貨fxで取り扱っている通貨としてはGMOコインとDMM Bitcoinが最も多く、レバレッジに関してはザイフやコインチェックもレバレッジ倍率を4倍に変更すると発表しているため差はないでしょう。

現物取引で幅広く通貨を取り扱いたい方や、貸仮想通貨サービスや自動積立サービスなどコインチェック独自のサービスを併せて利用したい人はコインチェック取引所の仮想通貨fxを使用してもよいでしょう。

コインチェックでの仮想通貨fxのやり方

コインチェック取引所での仮想通貨fxを始めるまでの手順は以下の通りです。

  1. コインチェック取引所の口座を開設する
  2. コインチェック取引所に日本円を入金する
  3. コインチェック取引所でJPY/BTCペアで売買する

1.コインチェックの口座開設

コインチェックの口座開設手続きは3分程度で完了します。

手順は以下の通りです。

  1. メールアドレス・パスワードの登録
  2. 基本情報の入力
  3. 本人確認書類の提出
  4. 認証コード入りの封書の受け取り

コインチェック取引所の口座開設は非常にわかりやすく簡単ですので、初心者の方でも迷うことがありません。

当日に手続きが完了すればあとは数日後に届く認証コード入りの封書を受け取るのみです。

2.コインチェックに日本円を入金

コインチェックの口座を開設したら、次は日本円を入金する必要があります。

コインチェック取引所へ入金する方法は以下の3点です。

  • 銀行振込
  • ネットバンキング(ペイジー入金)
  • コンビニ入金

国内取引所ごとに入金できる手段や入金上限なども異なりますので、銀行振込以外の入金手段を利用したい方や多額の資金を入金したい方はご注意ください。

3.コインチェックでBTCを購入

コインチェックに日本円を入金したら、仮想通貨の「レバレッジ取引」画面を開きます。

購入までの手順は以下の通りです。

  1. 買いたいBTCの価格を入力する。
  2. 買いたいBTCの量を入力する。
  3. ロング(買い注文)の注文を出す。(レバレッジを1〜5倍の中で設定可能)
  4. 保有ポジションを約定する。

価格や量を間違えて注文を出してしまうと想定外の損失を出してしまう可能性がありますのでご注意ください。

まとめ

・コインチェックの仮想通貨fxではBTCのみ取り扱っている。
・レバレッジは最大5倍で追証なし、ロスカットは50%である。
・コインチェックは国内トップクラスの取り扱い通貨数を誇り、ステラコインが正式に追加されれば11種類になる。
コインチェック取引所の仮想通貨fxについて紹介しましたが参考にしていただけましたでしょうか?

コインチェック社は2018年1月に多額の資産を流出させてしまい大きな問題となっていましたが、今ではユーザーのマイナスイメージも薄くなり、当時の勢いを取り戻そうとしています。

コインチェックにマイナスイメージがあった方や仮想通貨fxにまだ挑戦したことのない方はこの機会に口座を開設してはじめてみてはどうでしょうか。