ドージコインとは?特徴・将来性・買い方・取引所・マイニングまとめ

柴犬マークのドージコインって何?

もしかしてあなたは、ドージコインのことを怪しいと思っていませんか?確かに、犬のマーク、dogのスラングであるdogeという名前がついている「お遊びコイン」として作られたことなど、ふざけた怪しい通貨だと思ってしまうかもしれません。

しかし、現実世界で使われているなど、信頼を獲得している通貨の一つでもあるんです。

そんな怪しいと思われがちなドージコインについて今回は、ドージコインの将来性について詳しく書きました。この記事を読んでいただければ、あなたがドージコインに投資できるかどうか、判断できるるようになるでしょう。

BITPOINT

1. 特徴

f:id:Tripler-taka:20180710202151p:plain

ドージコインは寄付やチップとして使われる非常に安価な仮想通貨です。

特徴は主に3つ、

  1. お遊び通貨として作られた
  2. 発行枚数に上限が無い
  3. 送金スピードが速い

以下ではこれらについて詳しく説明しようと思います。

1-1. 日本の柴犬がモチーフのお遊び通貨

ドージコインのDoge(ドージ)とは、Dogのスラングであり、日本の「カボスちゃん」という柴犬がモチーフに作られました。なぜそのような(ふざけた?)犬がモチーフの通貨なのかと言うと、当初「お遊び通貨」として作られたコインだったということが由来しています。

1-2. 発行枚数に上限がない

ドージコインの発行枚数に上限はありません。発行枚数に上限が無いことで、価格の変動が起きにくく、安定した通貨であるという特徴があるのです。

なぜ発行枚数に上限が無いと価格が安定するのか?

仮想通貨の価格変動はユーザーの需要が上がると価格が上昇し、逆に需要が低くなると価格が減少します。ドージコインは発行枚数に上限が無いことで、需要・供給のバランスが崩れることが少なく、価格を安定させることができるのです。

ドージコインは発行枚数に上限が無いことで、需要・供給のバランスが崩れることが少なく、価格を安定させることができるのです。

1-3. 送金スピードが速い

ドージコインの送金スピードは非常に速いことで有名です。ビットコインは約10分、ライトコインでも約2分。それに対し、ドージコインはそれらを凌ぐ約60秒という送金スピードを実現。そのため、ドージコインは送金や決済などで、他の通貨よりも使いやすいと言われるようになりました。

 

2. 将来性

f:id:Tripler-taka:20180710202215p:plain

結論から言うと、ドージコインに投資目的としての将来性は低いでしょう。なぜなら、価格が安定しているからです。

なので「一山当てたい!」という気持ちで投資するのであれば、リップルやイーサリアムのような価格が変動する通貨に投資すべきでしょう。

しかし、ドージコインは寄付やチップとして使われる通貨として認知されています。以下では今後ドージコインがどのような目的で期待できるのか、詳しく説明します。

2-1. 安心して決済できる

ドージコインは発行枚数に上限が無いことで価格が安定している通貨です。通常、仮想通貨は価格変動が大きいものであります。しかし、ドージコインは価格が安定しており、他の通貨より安心して決済できる通貨であるでしょう。

2-3. 実用性のある通貨

ドージコインは現実でも実用例があり、寄付やチップとして使われている通貨として知られています。

例えば、ソチ冬季五輪でジャマイカのボブスレーチームの出場支援でも使用されていました。さらに、RedditにはDoge Marketというコミュニティサイトがあり、ドージコインで商品の購入、他通貨との交換ができる市場というものも確立されています。

ドージコインは他の通貨とは違って、利便性という意味では期待できる通貨となるでしょう。

2-4. 価格の急上は見込めない

価格変動の小さい通貨であると言いつつも、2018年1月にはドージコインの価格が急上しています。しかしこの絶頂期以降は、ドージコインが寄付やチップ、ショッピングで幅広く普及されるようなことがあれば、価格は上昇するかもしれません。

しかし、仮想通貨市場が低迷している現在では、ドージコインが注目されるような可能性は低いと思われます。そのため、ドージコインの価格の上昇は見込めず、投資としての将来性は低い通貨だと言えるでしょう。

仮想通貨女子
仮想通貨に投資して一山当てたいぞい!

仮想通貨トレーダー
それなら他の通貨を狙いましょう
 
 
 

3. マイニング

f:id:Tripler-taka:20180710202235p:plain

ドージコインのマイニングはPoWによって行われます。

PoWとは?

PoW(Proof of Work)とは、ブロックチェーン上で記録された取引が「本当に正しいかどうか」認めるための合意形成です。

また、ドージコインのマイニングは複数人で協力してマイニングする、プールマイニングが主流のようです。さらに、マイニングにかかる時間は1分と他の通貨に比べても非常に早く、個人用のPCでも可能だそうです。

 

4. 価格

 

 

ドージコインは2013年12月に一般公開され、時価総額は日本円にして約400億円にも上る有力な通貨ですが、単価は1DOGE=約36銭と非常に安い価格です。

5. チャート

f:id:Tripler-taka:20180710202250p:plain

ドージコインのチャートを見てみると、過去に3度ほど価格が大きく変動した時期がありました。

  1. 2014年の初めで、先ほども述べたソチ冬季五輪でジャマイカのボブスレーチームの出場支援のためにドージコインが使用されたことなど、ドージコインの認知度と人気が上がったことで、価格も約8倍上昇しました。
  2. 2017年中ごろに仮想通貨市場の高騰を受け価格が上昇しました。この時の価格は上昇前の約20倍上昇しました。
  3. 2018年1月ごろに、おそらく平昌オリンピックの影響で価格が約2.5倍上昇したようです。

このように、オリンピックなどドージコインの知名度が上がることで価格も上昇するのではないかという推測がされています。

6. 買い方

f:id:Tripler-taka:20180710202303p:plain

ドージコインの買い方は、取引所でビットコインやイーサリアムから交換するのが主流です。

買い方の手順としては、

  1. Zaifやbitbankなど、取引所でビットコインかイーサリアムを購入する
  2. 購入したコインをドージコインを扱う取引所へ送金する
  3. ドージコインと交換する

という流れでドージコインを手にすることができるでしょう。
ドージコインを扱う取引所については以下でも詳しく説明します。

 

7. 取引所

f:id:Tripler-taka:20180710202339p:plain

ドージコインを扱う取引所については、

  1. Bittrex
  2. Gate.io
  3. Poloniex

という3つをお勧めできるでしょう。
以下では3つの取引所について解説しようと思います。

7-1. Bittrex

Bittrexは、ドージコインを含め約200種類の通貨を取り扱うアメリカの取引所です。
手数料は全ての取引で0.25%ほどで、基本的に、ビットコイン、イーサリアム、テザーを使って他の通貨を購入することができます。

 

7-2. Gate.io 

gate.ioは、100種類を以上のアルトコインを取り扱う中国の取引所です。
手数料は0.2%ほどです。中国の取引所なので、中国政府に規制される可能性があるというデメリットもあります。

 

7-4. Poloniex 

Poloniexは約70種類の通貨を取り扱うアメリカの取引所です。手数料は0.15~0.25%と安く、基本的に、ビットコイン、イーサリアム、モネロ、テザーの4種類を使って他の通貨との交換ができます。また、ドージコインを含むアルトコインを2.5倍のレバレッジで取引することが可能です。

 

上記3つの取引所の他にも、HitbtcやMr.Exchangeなどでもドージコインは取り扱っているようです。しかし、現在のHitbtcやMr.Exchangeでは取引が規制されています。

8. ウォレット

f:id:Tripler-taka:20180710202402p:plain

ドージコインのウォレットは公式サイトから作ることができます。
Pcの方はWndows、OSX、Linux。スマホの方はAndoroidに対応しています。

 

まとめ

ドージコインは、その見た目からふざけた通貨だと思われがちです。しかし、実際は価格の安定性が高く実用性のある通貨として信頼できる通貨だと言えるでしょう。

投資目的でのドージコインの将来性はあまり期待できないと言われていますが、オリンピックのように注目が集まる機会があれば価格の上昇は見込めるのではないかという意見もあります。

ドージコインの買い方としては主に海外の取引所を使う必要があり、現在は

  1. Bittrex
  2. Gate.io
  3. Poloniex

という3つの取引所でドージコインを手に入れることができます。

また、海外の取引所ではHitobtcやKucoinのように日本人の締め出しが行われる恐れもあるので、ウォレットを作っておくとより安心できるでしょう。