COINハックツ | ユニークな仮想通貨ブログメディア

乱立する仮想通貨ブログとは異なる切り口で仮想通貨情報をまとめる独自の仮想通貨WEBメディア

ウォレットアプリGincoとは?仮想通貨を管理するなら必須アプリ!

有名トレーダーも
使っている取引所

gmoコイン
詳細を見てみる

 ウォレットアプリGincoとは?仮想通貨に関わるなら必須のアプリ!

ウォレットを使用しようとしている人の多くは、仮想通貨の送受信を高頻度で行ったり、多くの資産を持っていてセキュリティを気にしている人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、ハードウェアウォレットは15000円〜20000円で高価だし、海外アプリは種類が多いけど取っ付きずらいと思っている方は多いはず。

そんな時にぜひ、使っていただきたいのが次世代のウォレットアプリGincoです。この記事では、ウォレットアプリGincoについて、特徴から細かいQ&Aまで、具体的に解説いたします。

Ginco(ギンコ)とは

Ginco(ギンコ)とは

※現在iPhone版のみ 2018年下半期にAndroid版がリリースされるみたいです。

 

Gincoとは安心・安全の次世代仮想通貨ウォレットです。デザインが洗礼されていて、とても使いやすく、またセキュリティにも優れています。

今後はウォレットだけではなく、様々な機能が搭載され、仮想通貨のハブとなるプラットフォームを目指している先進的なアプリです。

整理して特徴をお伝えすると、大きく4つあります。

  1. 最先端の使いやすいデザイン
  2. 高水準のセキュリティを実現
  3. ウォレットのみならず様々な機能を使用できる
  4. Ginco内限定のAirdropに参加できる
仮想通貨トレーダー
私は特に、Gincoの「誰でも簡単に使えるデザイン」が素敵だと感じました。
仮想通貨女子

私のような仮想通貨初心者でも、めちゃくちゃ使いやすいアプリ!それぞれ詳しく説明していくね!

1.最先端の使いやすいデザイン

仮想通貨ウォレットGincoは最先端の使いやすいデザイン

1-1.わかりにくい操作から解放される

Gincoは、誤作動をも引き起こさないシンプルなデザインのアプリです。技術もさながら、最近着目されているデザインの力でウォレット普及を図っています。

仮想通貨の送受信もQRコードを使ってわかりやすく簡単にできます。宛先アドレスを間違う、バックアップキーを紛失したり忘れたりすることも心地の良いUIによって防げます。

仮想通貨女子

仮想通貨のウォレットって海外版が多くて、扱いにくい!

仮想通貨トレーダー
といった声もちらほら耳にします。Gincoは、その課題をシンプルなデザインで解決してくれるのです

 

Demo Play

 

1-2.洗礼されたデザインを

情報過多な現代において必要とされるサービスは、こうした情報をスッキリとわかりやすくデザインに落とし込まれたGincoのようなアプリでしょう。

したがって、日本で主流となる仮想通貨ウォレットアプリはGincoで決まり。と言ってもいいほどにデザインが洗礼されています。

仮想通貨トレーダー
実際にDLして、その操作感をぜひ試して見てください。

 

2.高水準のセキュリティを実現

高水準のセキュリティを実現

参考仮想通貨ウォレットの種類説明についてはこちら

2-1.クライアント型方式のウォレットとは

Gincoは、ユーザの端末にしか資産へのアクセス権を置かないクライアント型方式のウォレットです。

ただのソフトウェア型のウォレットとは異なり、ユーザーの端末からしかアクセスできなくすることで、強いセキュリティを実現しています。

参考Gincoのセキュリティについて – 株式会社Ginco

2-2.ユーザーが資産のコントロール権を持っている

公開鍵

銀行口座番号のようなもので、誰かに知られても大きな問題はない

秘密鍵

金庫の番号のようなもので、知られてしまうとかなり危険

仮想通貨をスマホで管理するメリットは、ハッカーにとってのメリットの低さが挙げられます。それぞれ個人がスマホで管理すれば、ハッカーが個人に対して資産を狙ったところで、リスクのわりに、リターンが知れています。

しかし、取引所のサーバで秘密鍵を一元管理する仕組みでは、「巨額の資産があること」を確実にハッカーに知られてしまうでしょう。

そこでGincoのような、クライアント型のウォレットであれば、ハッキングのコスパが悪く、資産を狙われるリスクが大きく下がるわけです。

仮想通貨トレーダー
秘密鍵をGincoが持つわけでなく、皆がDLしたそれぞれのGincoアプリに秘密鍵が保管されます。
仮想通貨女子

そのおかげで、ハッキングのリスクを下げれるのね!

2-3.分散型セキュリティシステムを運営する会社とも提携予定

Sentinel Protocolとパートナーシップ連携。

仮想通貨取引の安全性を高める分散型システムを開発するSentinel Protocolとパートナーシップ連携。

2018年9月をめどに、仮想通貨の不正アドレスを検知するシステムの導入する予定です。

ハッキングや詐欺に対して、リアルタイムに対処しつつ、永続的に分析してくれるSentinel Protocolのシステムと提携が済めば、より安心してGincoのウォレットを使用することができるでしょう。

3.ウォレットのみならず様々な機能を使用できる

仮想通貨ウォレットは様々な機能が搭載される

Gincoの一番大きな特徴は、ただお金を保管するウォレットでとどまらず、取引所、DEX、DAppsプラットフォームの搭載、他さまざな通貨に対応できるように開発を進めています。

これらが実現すれば、今後は仮想通貨の全ての役割の中継役を担うハブとなることでしょう。

3-1.Ginco 今後のビジョン 

  • 2018年7月

    分散型取引所(DEX)の搭載

    DappsプラットフォームとAndroid版アプリから、様々なブロックチェーンゲーム、アプリケーション を利用できるようになります。

  • 2018年Q3

    DAppsプラットフォームの搭載

    また、同時期にAndroid版をリリースします。Androidユーザーの方にも、Gincoをご利用頂けるようになります。

  • 2018年Q3-Q4

    XRP, NEO, LISKなどの取扱い開始

    リップル (XRP)、ネオ(NEO)、リスク(LISK)などの主要な仮想通貨をGincoで管理できるようになります。

  • 2018年 年内

    法定通貨からの入金に対応

    法定通貨をワンストップで仮想通貨に交換できるようになります。

3-2.ブロックチェーン時代の「銀行」を目指して

ブロックチェーンによって様々な資産や価値がトークン化されていく社会のハブになります。

まずは、安全にデジタルアセットを管理できる場を提供し、そしてそこからDEXやDAppsと呼ばれるような利用のシーンを抑えていきます。(=DAppsやDEXなどブロックチェーン技術を有効活用した分散型のサービスへアクセスできるよう)

日本発、世界に通用するウォレットアプリケーションを作っていきます!

Ginco森川社長

資産管理において今後の予定としては、

  1. 資産の状況を把握するポートフォリオ機能
  2. 仮想通貨同士を交換する両替機能
  3. 法定通貨から仮想通貨を購入する機能

これらが使えるようになる、としています。

Let's DL

Ginco

4.Ginco内限定のAirdropに参加できる

Ginco内限定のAirdropに参加できる

特定の条件を満たせば、無料で仮想通貨を貰うことができるAirdropイベントに、Gincoのウォレットアプリを使うと参加することができます。

例えば、EOSを保有していると、eosDACトークンが配布されるイベントに参加することができます。

4月15日午前10時に、Ginco内でEOSトークンを100EOS以上所有していること。

EOSを100単位以上保有していること
Gincoのような秘密鍵を管理できるウォレット内でEOSを保有していること
配布量
保有するEOSトークンと同量のeosDACトークンが配布されます。

今後もキャンペーンを随時行うと思います。ダウンロードして、所定の条件にさえ満たしていれば、無料でイーサリアムやビットコイン、ビットコインキャッシュなどの通貨が手に入りますよ。

Ginco | その他Q&A

Qウォレット以外の事業展開ってあるの?
A
前述した通り、(DEX)の搭載やDAppsプラットフォームの搭載を控えております。
また、Gincoは今後、Wallet以外にもデビットカードとしての利用も計画されています。
Q分散型取引所(DEX)が搭載されることが何が起こるのですか?
A
bitFlyerやZaifといった取引所は、管理主体がある中央集権型取引所です。
それに対し、DEXは取引を管理する主体がなくても機能する、ブロックチェーンを活用して個人同士で取引を行うことが可能な取引所になります。
Q.日本語ウォレットアプリ「Bread」とどう違うのか?Breadは120ヶ国以上で利用されている今、最速で成長しているビットコインウォレット。
A
Gincoは日本語でサポートを提供でき、どこから(どのアプリやサービスから)の入金や送金か、履歴が事細かに記録されるのも特徴。
アプリ上でのユーザ認証(バックアップキー)に、ユーザ ID やパスワードではなく複数の質問に対する回答(日本語12単語)が使われます日本でも一時期人気を呼んだアプリ「アーキネータ」に似た個人を特定する仕組みと同じで、この仕組みを採用しています。
QGincoが他のスタートアップと違う点は?
A
Gincoでは、なるべく外部サービスやサードパーティのサービス API などに依存せず、スクラッチでアプリを作り上げています。
スクラッチで作り上げるには工数的にもスケジュール的にも困難を伴います。
しかし、Gincoはこの不確定要素を排除することで、将来のことを見据えた安定かつ安全な環境を担保しているそうです。
Let's DL

Ginco

 

仮想通貨女子

メールアドレスの登録が不要なので、アプリのインストールだけでサクッと作れちゃうよ!

 

 次々とパートナーシップ提携!

ウォレットアプリGinco対応銘柄

ウォレットアプリGinco対応銘柄

現在13種類

Ethereum、MONAcoin、Bitcoin、Bitcoin Cash、DigixDAO、TRON、OmiseGO、0x、EOS、Kyber、Zilliqa、Status、Decentraland

続々といろんな通貨に対応していっていますね。

 
ETH、ERC20に次いで、BTCに対応したことで、複数ブロックチェーン上のアセットに対応したマルチアセット対応ウォレットの基盤が完成しています。

Ginco森川社長の経歴が面白い

Ginco森川社長の経歴

Ginco - 安心・安全の仮想通貨ウォレット

幼少期からトレーディングカードのせどりを行う。しかし、大学時代はバイト漬けの毎日。朝5時半に起きて朝から昼までパン屋で働いてから、居酒屋で夜23時まで働く。1日14時間くらいの労働を行う。

そんな生活を送りながらも、社会の理不尽さ、人によって選択肢が少ないことに疑問を抱き続け、格差や既得権益をぶっ飛ばすために起業。

従来のルールに縛られ、損を被る必要のなかった人すら損してしまう社会に対してドロップキックするためにブロックチェーンの分野の開発事業の立ち上げの手伝いから始める。

株式会社AltaAppsでアプリを1つリリース。その後、本も2冊出版。その後、「事業」としてGincoを創り、今に至る。

株式会社ginco会社概要

  • 商号 : 株式会社Ginco (Ginco Inc.)
  • 代表者 : 代表取締役 森川夢佑斗
  • 所在地 :〒150-0036 東京都渋谷区南平台町15−10 MAC渋谷ビル8階
  • 設立日 : 2017年12月21日
  • 事業内容: 仮想通貨ウォレットアプリ「Ginco」の企画・開発・運用
Let's DL

Ginco

 

P.S. Ginco Airdrop限定企画

Ginco airdrop
6/23(土)までにGincoをインストールすれば、BCHが必ず貰えます。10万円以上を入金すれば、2万円が当たるかもしれません。これはチャンスですね。

🥈:Standard Airdrop:¥5〜¥200
🎖️:Premium Airdrop:¥50~¥20,000

Let's DL

Ginco