COINハックツ | ユニークな仮想通貨ブログメディア

乱立する仮想通貨ブログとは異なる切り口で仮想通貨情報をまとめる独自の仮想通貨WEBメディア

MUFGコインとは?いつから導入?特徴・将来性など具体的なまとめ

 MUFGコイン

もしかしてあなたは、仮想通貨MUFGコインについて密かに期待していませんか?

MUFGコインとは、日本のメガバンクである三菱UFJファイナンシャルグループが作った通貨です。
ブロックチェーン技術や送金システムの採用されたMUFGコインが今後普及されれば、私たちの生活で便利に使える通貨になるでしょう。

今回はそんな、MUFGコインについて具体的な特徴・将来性、今後いつから導入されるのかについてお伝えします。

この記事を最後まで読んでいただけると、MUFGコインについて詳しく知っていただけます。

1.MUFGコインとは?

MUFGコインとは前述した通り、三菱UFJファイナンシャルグループが作った仮想通貨です。

MUFGコインについて具体的に知ってもらうために、

  1. ビジョン
  2. 特徴

の2つについて、まず詳しく説明しようと思います。

1-1.ビジョン

f:id:Tripler-taka:20180626142216p:plain

MUFGコインのビジョンとしては、

MUFGの金融ビジネスに関する知見と長年培った「安心・安全」。FinTech企業の新しいアイデアやサービス。これらを組み合わせた、従来にない、便利で安全なサービスが、今、始まっています。

と公式ページで書いてあるように、メガバンクによる信用と安心を求めた利便性の高い仮想通貨です。

今後、MUFGコインが普及されれば、コンビニや飲食店などでの商品の購入から、国内外問わないスムーズな送金システムなど、投機目的ではなく利便性重視の通貨として幅広く利用されるでしょう。

1-2.特徴

f:id:Tripler-taka:20180626140647p:plain

ブロックチェーン技術の採用により、ビジョンに沿った「安心・安全」でかつ、スムーズな取引が可能な通貨です。

また、価格を1MUFGコイン=約1円に固定することで、投機目的ではない実用目的の安定した取引を実現できます。

更にRippleとの提携により、ブロックチェーン上で国際送金の潤滑化、手数料の削減なども可能になる予定であり、実際に送金テストで検証をしている。

仮想通貨女子

「電子マネーとはどう違うの?」

仮想通貨トレーダー
「電子マネーとは、プリペイドカードのように貨幣を使わないで決済できるようにするしくみのことですね。」
仮想通貨トレーダー
「仮想通貨との違いは簡単に言うと、チャージして使うもの(電子マネー)、円と他の通貨との両替をして使うもの(仮想通貨)という違いになります。」

2.MUFGコインの将来性

MUFGコインの将来性については、

  1. 信頼性の高さ
  2. 実用性重視の通貨
  3. 実証検証

という4つの観点から、詳しく説明しようと思います。
以下での4つの観点を知ることで、MUFGコインが将来どのように期待される通貨になるのか、知ることができるでしょう。

2-1.信頼性の高さ

f:id:Tripler-taka:20180626142249p:plain

MUFGコインの信頼性の高さは「ペッグ制」を採用しているという点です。
ペッグというのは英語で「釘止めし、安定させる」という意味であり、その名の通り「ペッグ制」とは、為替レートを一定に保つ制度のことを指します。

1MUFG=約1円とレートを固定していることから、通常では不安定な仮想通貨市場に対して、非常に安定性の高い取引ができます。

為替レートが不安定だったら?

通常の仮想通貨のような、不安定な為替レートだと価値の流動性があります。そのため、取引を行う時に価値の変動が起き、ギャンブル的な取引になってしまう恐れがあります。

つまり、こうした「為替レートを一定制御する」ところがMUFGコインの信頼できるポイントと言えるでしょう。

2-2.実用性重視の通貨

f:id:Tripler-taka:20180626142324p:plain

このように、MUFGコインは投資を目的とした仮想通貨ではありません。しかし、ビジョンでも書いてある通り、より実用性を重視した通貨と言えるでしょう。

例えば、Rippleとの連携によるスムーズな国際送金であったり、ショッピングの決済など、私たちの生活をより安心して便利にする一種の「サービス」だと認識することができます。

2-3.実証実験

f:id:Tripler-taka:20180626142345p:plain

さらに、2017年5月から、MUFG社内においてMUFGコインを用いた試行を行っているそうです。

そして、2017年10月には千葉の幕張メッセにてMUFGコインを使っい、スマートフォンアプリで送金したり、自動販売機での決済に使ったりといった利用シーンを想定したイベントを公開しました。

www.itmedia.co.jp

このように、実証検証も取り入れ、今後MUFGコインを導入できるようなアプローチを進めているようです。

3.導入はいつから?

f:id:Tripler-taka:20180626142413p:plain

2016年の開発当初では、「2017年に導入予定」とのニュースがありました。

それから1年たった2018年6月現在もまだ、MUFGコインの導入はされていません。

しかし、2018年に入ると、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、独自に開発中の仮想通貨「MUFGコイン」を発行するため、新たな取引所を開設する方針を決め、2018年度中の実現を目指す。

と、毎日新聞の記事書いてあるように、MUFGコインは2018年末までには導入されるのではという推測がされています。

4.評判

 newspickで取り上げられたMUFGコインのニュースや、Twitter上での意見を一部まとめました。世間でのMUFGコインの評判とはいかに。

4-1.Newspickでの意見

f:id:Tripler-taka:20180626143043j:plain
仮想通貨トレーダー
将来性を感じていますね。
 
 
 
 
f:id:Tripler-taka:20180626143921j:plain
仮想通貨女子

仮想通貨は管理が難しいという意見も...

 
 
 
 
f:id:Tripler-taka:20180626143921j:plain
仮想通貨トレーダー
普及に向けての問題も色々ありそうですね

4-2.Twitter上での意見

f:id:Tripler-taka:20180626144047j:plain
仮想通貨女子

1MUFGコイン=約1円は実現できるのかな?

 

 

f:id:Tripler-taka:20180626144159j:plain
仮想通貨トレーダー
銀行初の仮想通貨に期待できますね。
 
 

5.まとめ

MUFGコインは、投機目的ではなく利便性において将来性があるでしょう。

例えば、ペッグ制による安心できる取引、ブロックチェーン技術を駆使した国際送金、レストランやショッピングなど様々な場所での決済など、便利なサービスになり得るはずです。

しかし、ペッグ制を採用している一方で、bitcoinのような一般の仮想通貨ように価値の大きな変動は起こらないでしょう。なので、一般の仮想通貨のように「投資する」という目的で利用する価値は無いでしょう。

実際にまだ上場していないので、チャートを見たり、購入したりはまだできないですが、今後一般公開されればMUFGの取引所から手に入れることができるでしょう。

2018年末までのMUFGコインの動向に注目したいところです。