COINハックツ | ユニークな仮想通貨ブログメディア

乱立する仮想通貨ブログとは異なる切り口で仮想通貨情報をまとめる独自の仮想通貨WEBメディア

2018年クアンタム(QTUM)今後どうなる?特徴・将来性まとめ

有名トレーダーも
使っている取引所

gmoコイン
詳細を見てみる

 ステラコイン

クアンタムってどんな仮想通貨なの?

もしかしてあなたは、クアンタムに密かに期待していませんか。クアンタムは海外の取引所でしか扱っていない仮想通貨で、日本ではなかなか情報収集が難しいかもしれません。

今回は、クアンタムがどのような仮想通貨で、どんな将来性があるのかを書いていきます。この記事を最後まで読んでいただければクアンタムのことを詳しく知っていただけるでしょう。

1.特徴

クアンタムの特徴は以下の通りです。

・同盟の通貨が存在する

・ビットコインとイーサリアムの良い所どり

・ビジネス向け仮想通貨

順番に詳しく見ていきましょう。

1-1.同名の通貨が存在するため注意が必要

クアンタムは2種類存在する

クアンタムという名前の通貨は2つ存在します。そのため、購入する際や情報を得る際は気をつけなければなりません。

今回この記事で紹介するクアンタムの省略通貨名はQTUMです。もう片方の通貨名はQAUと記述されます。

1-2.ビットコインとイーサリアムのハイブリット通貨

ビットコインとイーサリアムのハイブリット通貨

クアンタムの1番の特徴は、時価総額1位のビットコインと時価総額2位のイーサリアムの良い所どりをした仮想通貨です。そのため、性能面で期待が大きいです。

具体的には、ビットコインの仮想マシン技術とイーサリアムのスマートコントラクトを併せ持っています。

現在、イーサリアム搭載のアプリケーションを利用する際は、イーサリアム全体のブロックチェーンをダウンロードする必要があります。そのため非常に容量が重くなってしまいます。

しかしクアンタムはビットコインの仮想マシン技術を使うことにより、利用にあたってブロックチェーン全体をダウンロードする必要がありません。

少し難しいかもしれませんが、簡単に言うと、クアンタムを利用することで、スマートコントラクトをスマホでも使えるくらいに手軽にできるということです。

仮想通貨女子

ふええ、むずかしいよぉ。”仮想マシン”という言葉が出てきた時点で理解するのをやめました。

 

仮想通貨オオカミ
投資する分には技術的な知識は必要ありませんので手軽にスマートコントラクトを使うことができると知っていただいていれば問題ないでしょう。

1-3.ビジネス向けに開発

ビジネスマンが使いやすい

クアンタムはビジネスで使うための技術として開発されました。ビジネスマンでも使いやすいように、先ほど述べたようなスマホでも使えるようなスマートコントラクトを実装してます。

クアンタムは、ブロックチェーンなどの技術に精通していない企業やビジネスパーソンにも使いやすいため、普及させる際の技術的な障壁は少ないでしょう。

2.将来性

クアンタムの将来性は以下の通りです。

・コインワン上場

・ロードマップ

・イーサリアムとの互換性が高い

順番に詳しく見ていきましょう。

2-1.コインワン上場

クアンタムはコインワンに上場

クアンタムは5月24日に韓国大手仮想通貨取引所コインワンに上場しました。コインワンは韓国三大取引所の一つに数えられており、日本であれば国内取引所のQUOINEXほどの規模に位置すると言えます。

コインワンに上場したことにより、今後、韓国国内でクアンタムへの投資がより手軽になるため、良い情報がでれば価格上昇しやすいと言えます。

2-2.ロードマップ

クアンタムのロードマップ

クアンタムのロードマップ(今後の計画書)は、HPに挙げられています。メインネットの実装、Android/iOSウォレットの提供、Dapps storeの開設などは注目を集めるアップデートとなりそうです。

ただ、具体的な日程までは記されていないため、定期的にリサーチする必要があります。

2-3.イーサリアムと互換性が高い

クアンタムはイーサリアムの仮想マシンを使って作動します。そのため、イーサリアムを使用して動くアプリをクアンタムで動かすことも可能ですし、その逆も可能です。

今後イーサリアムのスマートコントラクト の使用が増え、容量が足りなくなってきたときに、クアンタムへ一時的、もしくは永続的なアプリの移動の可能性もあります。そうなったときにクアンタムの需要は向上しますから、期待が高まります。

3.まとめ

クアンタムのまとめ

クアンタムの特徴と将来性をまとめると以下の通りです。

特徴

・同名の通貨が存在するため注意が必要

・ビットコインとイーサリアムの良い所どり

・ビジネス向けに開発

将来性

・韓国大手取引所コインワン上場

・メインネットの実装、Android/iOSウォレットの提供、Dapp storeの開設

・イーサリアムと互換性が高い

クアンタムは技術的に優れた仮想通貨で、時価総額19位と市場の期待が見えます。日本国内でも一部の投資家は注目しており、今後日本の取引所でも取り扱い開始が期待されます。

4.購入方法

クアンタムを日本で取り扱う取引所はありません。そのため、日本の取引所でビットコインを購入し、海外の取引所にビットコインを送金してクアンタムを購入する必要があります。

  1. 国内販売所GMOコインでビットコイン(BTC)を購入
  2. 海外取引所のバイナンスのアカウント登録
  3. バイナンスでビットコインアドレスを生成
  4. GMOコインバイナンスのアドレスへ送金
  5. バイナンスにてビットコインでクアンタムを購入

購入される際は、表記名がQTUMであることを十分に確認してから購入するようにしましょう。クアンタムという仮装通貨は2種類存在し、もう一方の仮想通貨の省略名はQAUです。

GMOコインは海外への送金手数料が無料ですので、どれだけ送金しても無駄な費用がかかりません。

ただ、GMOコインはスプレッド幅が少し大きいので、何度も売買するのではなく、まとまった金額の仮想通貨を購入するようにしましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています