COINハックツ | ユニークな仮想通貨ブログメディア

乱立する仮想通貨ブログとは異なる切り口で仮想通貨情報をまとめる独自の仮想通貨WEBメディア

2018年ビットコインは今後どうなる?特徴・将来性・購入方法まとめ

 ビットコイン

ビットコインって買っても大丈夫なの?

もしかしてあなたは、ビットコインへの投資に興味が出てきたのでビットコインについて調べ始めたのではありませんか。でも、調べれば調べるほど難しい言葉が出てきてわからなくなってきますよね。

実は、多くの人はビットコインについて完璧に理解した上で投資をしている訳ではありません。むしろ、わからないまま投資している人がほとんどです。それでも利益を出せている人が多いのはなぜなのでしょうか?

結論をいうと、ビットコインに将来性があったからです。

もし、あなたがビットコイン投資で成功させたいなら、今後ビットコインがどうなるのか、特徴や価格に関する情報を知っていた方が良いでしょう。

知っているのと、知らないのとでは、今後の投資、運用の姿勢が異なってきます。

したがって、この記事を読めば、ビットコインに投資をする上で知っておきたい情報を知ることができるように記しておきました。ぜひ、読み進めてください。 

参考ビットコインの仕組みとは?初心者でもわかりやすく図解【3分で理解】 | DAppsJAPAN

1 | ビットコインの特徴

 

 

まずは、ビットコインに投資するなら知っておきたい特徴を説明します。ここでは技術的な話はできるだけ少なくします。

ここでお話しする特徴は以下の3つです。

・最低購入金額

・ビットコインの価格が上昇した2つの要因

・発行上限

それでは見ていきましょう。

1-1 | 最低投資額

ビットコインの最低購入金額ビットコインを通貨で表すとBTCになります。

「ビットコインの価格が100万円突破!」などのような記事を見たことがあると思いますが、それは1BTCが100万円を突破したということを意味しています。

仮想通貨女子

じゃあビットコインを購入するのなら100万円が必要なの?

 

仮想通貨オオカミ
いいえ。ビットコインは分割して購入することができます。

 

実はビットコインは、最低購入単価は0.00000001BTC※1から購入可能です。これは1BTCの1億分の1で、ビットコインが100万円の時は0.01円から購入することができるということです。

つまりあなたは理屈上、1円を持っていればビットコインを購入することができます。もちろんリターンはすごく少ないですが。

これなら、トヨタやソフトバンクなど日本で買うことができる株よりも低い金額で購入することができます。ビットコインへの投資は案外ハードルが低いのです。

仮想通貨女子

小学生でもお小遣いで買えそうだね。

 

※1ビットコインの最小単位で、この単位を1satoshiと呼びます。

1-2 | 発行上限

ビットコインの発行上限枚数

ビットコインにはもう一つの大きな特徴として「発行上限」の存在があります。

一方で、円やドルなどの法定通貨に発行上限はありません。

ジンバブエドルが良い例ですね。1兆ジンバブエドル札などが発行されていたのも、発行上限がないため、貨幣が大量に発行されジンバブエドルの価値低下が引き起こした問題です。

ビットコインは発行上限が2100万枚と決められています。ジンバブエドルのような価値低下を防ぐためです。つまり、短期的に見ると価格変動はしますが、将来に渡ってビットコインの大量に発行による価値の低下という問題は防げるのです。

ちなみに、すべてのビットコインが発行されるのは西暦2140年。あと100年以上先です。 

仮想通貨女子

ビットコインが発行上限に行着く頃には、もうみんな死んでるなw

1-3 | ビットコインが価格上昇した2つの要因

ビットコインが高騰した2つの理由ではそもそもなぜビットコインがここまで人気になっているのかというと、単純に投機としてお金が流れ込んだということと、送金手段として優秀であるからということが挙げられます。

投機による価格上昇

投機による価格高騰一つ目の投機対象として、というのは、日頃のニュースなどでよく見ているかもしれません。ビットコイン〇〇円突破!や〇〇%下落!というようなニュースの見出しをみたことがあるはずです。

なぜ、そのような見出しが増えたのか。

それは、ビットコインの価格の上下を利用してデイトレード的に売買する人が増えたためです。それによって市場が拡大し、価格が上昇しました。

実需の高まりによる価格上昇

ビットコインの送金

2つ目に関しては、今後ビットコインのみならず、仮想通貨への投資を考えているのなら重要な考え方です。ビットコインは単に買えば儲かる魔法の通貨ではなく、海外送金などで活躍する便利な通貨なのです。

そのため、送金手段として実需(使うことを目的とした需要)が高まり、資金があつまり価格上昇の要因となりました。

ビットコインは「送金における様々な問題」を解決できる

従来の送金はいくつかの問題がありました。

・仲介者がいなければ健全な送金ができない可能性がある

・海外へ送金すると手数料が大きくなる

・海外へ送金すると時間がかかり、いつ届くかわからない

昔からの送金手段では、お金の送り手、受け手のどちらかが不正を働かないために第三者機関が仲介しなければなりません。仲介は必要な役割を果たす一方で、手数料が発生するために不満を抱くことになります。

国内で送金するのならあまり手数料はかかりませんが、海外への送金となると手数料の金額は跳ね上がります。

さらに、海外送金は相手に届くまで時間がかかり、いつ届くかわからないのです。3〜5日ほどかかると言われており、送金手段の改善が求められていました。

f:id:kk3marketer:20180501115451j:plain

そこで現れたのがビットコインです。

ビットコインなら、国内外問わず手数料が低く、送金時間も大幅に改善されました。

国際送金を必要とするユーザーや企業が重宝し始め、ここまで大きく価格が上昇したのです。

2 | ビットコインの将来性

これまで、ビットコインの特徴や価格が上がった要因を見てきました。ここからは、今後ビットコインがどうなるのかを書いていきます。

ビットコインの今後を左右するのは以下の3つです。

・半減期

・ウェブボット

・実需の低下

それでは詳しく見ていきましょう。

2-1 | 半減期

マイニング

マイニング報酬が半減する半減期が2020年あたりに起きるのではないかと言われています。半減期がくると、ビットコインの希少性が上がります。

ビットコインは半減期というものが存在します。ビットコインはマイニングと呼ばれるビットコインの発行システムによって成り立っています。マイニングは誰にでも行え、1回成功させるごとに報酬としてビットコインが支払われます。

半減期とは、ある期間が訪れるとマイニング報酬が半減することです。ビットコインに半減期が訪れるとビットコインの希少性が向上します。

マイニングされるビットコイン

半減期が存在する理由はビットコインの発行上限が関係します。

ビットコインの発行に上限があるなら、上限に達する前にビットコインをマイニングしたいと思う人が多くなります。そうなるとビットコインの価格が急激なインフレになってしまい、通貨としての価値が薄くなってしまいます。

そこで考え出されたのが半減期です。半減期を設定することによりマイニングのメリットを感じない人がマイニングに参加しなくなります。そうすることで、マイニング参加者を減少させ、新規発行し過ぎることを防いでいるのです。

2-2 | ウェブボット

webbot

ウェブボット※1は2018年の5月にビットコインが過去最高の価格を更新すると予測しています。もしそれが本当なのであれば、これまでの最高価格が約240万円なので、現在の価格の約3倍以上に上がるということになります。

さらに、2018年の末までにビットコインが10万ドル(1千万円)を突破するとも予測しています。

ウェブボットはこれまでも、中国発祥の仮想通貨NEOが1月に価格上昇すること、MONEROの春先の価格上昇を的中させています。さらに、イーサリアムのスマートコントラクトに問題が見つかる※2ことなど、技術的な予測もしています。

ウェブボットを鵜呑みにしすぎるのもよくない?

ウェブボットの予測は投資家の間でかなり影響力があり、ウェブボットの予測通りになったのか、ウェブボットが予測したから買い注文が増え価格が上がったのかは疑わしいところです。

しかし、どちらにせよウェブボットの予測は市場にとってプラスであることは間違いありません。

※1ウェブボットは元マイクロソフトのクリフ・ハイ氏が株価の値動きを予測するために作った情報収拾プログラムです。SNSなどでユーザーが書き込む言葉を収集し、感情を読み取り、客観的価格分析を行います。 

※2正確にはイーサリアムのスマートコントラクト自体ではなく、スマートコントラクトを利用したトークンの問題と言われています。

仮想通貨女子

えええ!じゃあビットコイン買うしかないじゃん!!

 

仮想通貨オオカミ
いえ、ちょっと待ってください。ウェブボットの予想はあくまでも”予想”です。

 

仮想通貨オオカミ
予測が外れているものもあります。BCH、DASHなどは2月に高騰すると予測されていましたが、見事に下落していました。

 

ウェブボットの価格上昇を盾にして資金が集まるように購入を煽る記事がありますが、鵜呑みにしてはいけません。参考程度にして、最後は自分の判断で”理性的に”買うようにしましょう。

2-3 | 実需は低下気味?

下降気味の実需

先ほども書いたように、ビットコインの価格上昇は大きく2つが挙げられます。投機対象として、そして送金手段としてです。

送金手段としてのビットコインの需要下火にあるのではないかと見ています。つまり、他の仮想通貨のほうが送金手段として優れているという声が多いからです。

代表格はリップルです。リップルは送金速度も早く、送金手数料もかなり安いです。さらには国際送金として天下を取るために現在世界中の金融機関との提携を結び始めています。

参考2018年リップルはどうなる?価格予想・特徴・将来性まとめ

リップルの他にもNEMやMONAコインなどのように送金を素早く手軽に行える仮想通貨も誕生しており、ビットコインが送金手段として普及すると期待している人は少ないと言えるでしょう。

しかし、仮想通貨=ビットコインと認識している人もまだ多く存在しており、人気もあるため、しばらくビットコインが時価総額1位であり続ける日は続くでしょう。

仮想通貨トレーダー
包み隠さずにいうと、有望なアルトコイン頭角を表していますからねぇ。

参考将来性のある有望アルトコインおすすめランキングTOP5

3 | まとめ

これまでビットコインの特徴と将来性について書いてきました。

株や金融商品を買ったことがない人にこそ、ビットコインへの投資をしてもらいたいです。ビットコインは1円からでも購入できるからです。つまり資金が少なくても気軽に始められます。

ただし、投資をする際に気をつけていただきたいのは、生活費には手を出さないということ。最初のうちはビギナーズラックで勝つ人が多いようです。そこで生活費にも手を出してしまい、価格が下落して破産した、なんて笑えない話も聞いたことがあります。

ですので、ビットコイン、その他仮想通貨への投資は積極的にして欲しいですが、生活費に手を出さないということだけは守って投資をしましょう。

4 | 安くでビットコインを買う方法

ビットコイン 購入方法

ビットコインを購入したいと思ったなら、結論ビットバンク取引所がおすすめです。

ビットバンクなら9月末まで購入手数料が無料で、ビットコインだけでなくリップルやイーサリアムなども購入することができます。損せず、お得に取引をしたい人にとっては、イチオシできる取引所です。ぜひ、チェックしてみてください。

ビットコイン将来価格はどうなる?見識者の予想

  • 仮想通貨取引所BitMEXのアーサー・ヘイズCEOは、年末までにビットコインが5万ドル(約550万円)に到達するという予測
仮想通貨トレーダー
あくまで未来は不確定なので鵜呑みにしないでね
この記事を見た人はこんな記事も見ています