COINハックツ | ユニークな仮想通貨ブログメディア

乱立する仮想通貨ブログとは異なる切り口で仮想通貨情報をまとめる独自の仮想通貨WEBメディア

ビットコインゴールド(BTG)は今後どうなる?特徴・将来性まとめ

有名トレーダーも
使っている取引所

gmoコイン
詳細を見てみる

 ビットコインゴールド

ビットコインゴールドってどんな通貨なの?

もしかしてあなたは、ビットコインゴールドに密かに期待していませんか。

ビットコインゴールドは、名前の通りビットコインにルーツを持つ通貨です。昨年の11月にビットコインから分裂しました。

関連記事ビットコインの将来性や価格予想

この辺りまではなんとなくご存知の方が多いかもしれませんが、ビットコインゴールドがどのような通貨で、将来どうなっていくのかを詳しく知っている方は少ないかもしれません。

この記事を最後まで読んでいただければ、ビットコインゴールドについて詳しく知っていただけるでしょう。

1.特徴

1-1.非中央集権なマイニング

ビットコインゴールドのマイニング

ビットコインは、マイニングと呼ばれる計算によって取引が処理されます、しかし、中国の一部のマイニング会社がほとんど全てのマイニングを行なっており、権力が偏ってしまっています。

ビットコインゴールドはそういった状況をなくすために、マイニングに使われるASICという機械をマイニングに使えないようにしました。

そうすることにより、普通の家庭用パソコンでも十分マイニングができるようにし、権力を分散化させることを成功さえました。

1-2.51%攻撃被害

51%攻撃をするハッカー

ビットコインゴールドは、5月の中頃に51%攻撃を受け、20億円分のビットコインゴールドが消失しました。

51%攻撃とは?

現在行われているマイニングの51%以上を行える状態にし、取引を支配することです。 より詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

これを受けてビットコインゴールドは、今後51%攻撃が再び行われないようにセキュリティ※1を強化しました。

※1正確には、採用を決定するチェーンの長さを50に延長しました。

2将来性

2-1.ビットフライヤーに上場予定?

ビットフライヤーに上場する?

ビットコインゴールドの公式HPに進むと、上場している取引所と、近日公開予定の取引所の一覧が書かれています。

その中に、唯一日本の取引所であるビットフライヤーが載せられています。いつ上場するなどの具体的な日程は一切分かりませんでしたが、HPに載せているということはいずれ上場することが期待できるのではないでしょうか。

日本の取引所に上場すれば、かなり市場が大きいため、資金流入が見込め、価格上昇を期待することもできます。

3.まとめ

ビットコインゴールドのまとめ

ビットコインゴールドの特徴と将来性をまとめると以下の通りになります。

特徴

非中央集権的なマイニング

51%攻撃

将来性

ビットフライヤーに上場予定?

ビットコインゴールドは、ビットコインの権力の集中を改善するような仮想通貨です。

ただ、需要や認知はそれほど高くありません。将来性であげたように、ビットフライヤーに上場することがあれば、日本での認知度が上がるでしょうが、具体的にいつに上場するなどの話は出ていないため、よくチェックするようにしましょう。

4.購入方法

ビットコインゴールドを日本で取り扱う取引所はありません。そのため、日本の取引所でビットコインを購入し、海外の取引所にビットコインを送金してビットコインゴールドを購入する必要があります。

  1. 国内販売所GMOコインでビットコイン(BTC)を購入
  2. 海外取引所のバイナンスのアカウント登録
  3. バイナンスでビットコインアドレスを生成
  4. GMOコインバイナンスのアドレスへ送金
  5. バイナンスにてビットコインでビットコインゴールドを購入

GMOコインは海外への送金手数料が無料ですので、どれだけ送金しても無駄な費用がかかりません。

ただ、GMOコインはスプレッド幅が少し大きいので、何度も売買するのではなく、まとまった金額の仮想通貨を購入するようにしましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています