COINハックツ | ユニークな仮想通貨ブログメディア

乱立する仮想通貨ブログとは異なる切り口で仮想通貨情報をまとめる独自の仮想通貨WEBメディア

マネーフォワードが2018年内に仮想通貨交換業に参入【みんなの声】

有名トレーダーも
使っている取引所

gmoコイン
詳細を見てみる

 ニュース

資産管理サービスなどを展開するマネーフォワードは5月23日、金融機関とテクノロジーの融合をテーマにした「Fintech&マーケティングフォーラム2018」を開催。同社はそのクロージングセッションにおいて、ブロックチェーン領域のビジネスを行う新会社を設立したと発表した。

新会社名は「マネーフォワードフィナンシャル(以下、MFフィナンシャル)」。MFフィナンシャルでは、2018年よりブロックチェーン・関するメディアを開始するほか、2018年内に仮想通貨交換所の開設を目指すという。

TechCrunch Japan - マネーフォワード、2018年内に仮想通貨取引所を開設  

仮想通貨女子

仮想通貨界隈が盛り上がるニュースキター!家計簿アプリ・家計簿ソフト「マネーフォワード」が新会社設立!その名もマネーフォワード ファイナンシャル!

仮想通貨トレーダー
仮想通貨は税金の面で何かと面倒が生じましたので、マネーフォワードやMFクラウド確定申告と連携できれば、かなり便利になりそうですね。

 



仮想通貨女子

ようやくまともな取引所が生まれそうだね(皮肉)

マネーフォワードの発表まとめ

  1. 取引所の設立
  2. 提携先の拡大
  3. 取引所データを見える化

1.取引所の設立

比較的規模が大きく、ユースケースが明確な通貨をまずは取り扱うみたいなので、おそらく銘柄(BTC、ETHなど)の取り扱いになるでしょう。独自通貨は発行しないとのこと。

マネーフォワード 4つの独自性で他社と差別化

1.決済や送金にすぐれている
2.ポイント交換(2600以上の金融機関やポイント事業者と連携している強み)
3.計簿アプリを20社の交換事業者の取引データと連動
4.仮想通貨専用の損益計算で確定申告が簡単に

2.提携先の拡大

家計簿アプリ「マネーフォワード」が連携している仮想通貨取引所の数を今後は約20社に拡大していくとのこと。

現在の3社(bitFlyer、Coincheck、Zaif)から、新たにbitbank、QUOINEX、BTCBOX、FISCOの4つの交換所と連携していく予定。

3.取引所データを見える化

取引所での取引データをCryptoLinC、Cryptact、G-taxなどの提携し、その計算結果をCSV形式でダウンロードできるようになる。

税金に着目した取引所となると、仮想通貨との相性が良さそうですね。取引所の税金の件、確定申告が圧倒的に楽になりそうです。

仮想通貨女子

仮想通貨取引所だけでなく 仮想通貨の確定申告対応まで してくれるとか神か!

見識者の意見

仮想通貨女子

私、バカだけど、何かすごいのわかるよ〜〜〜うんうんうんうん〜〜〜マネーフォワードファイナンシャルは良いよな〜〜

仮想通貨トレーダー
この投資家の方によると、マネーフォワードファイナンシャルが掲げるビジョンが実現した時、全てのお金の動きのハブとなる役割を果たすため、現存する金融機関はただの金庫となると説いています。

ビックデータがマネーフォワードファイナンシャルに集まることを考えれば、今の時価総額は安すぎるとのこと。

マネーフォワードファイナンシャル今後のビジョン

マネーフォワードファイナンシャル今後どうなる

仮想通貨の認知から、交換、決済、確定申告まで、一貫してマネーフォワードファイナンシャルが実現できる世界観を完成させるとのこと。

仮想通貨トレーダー
メディアも予定なんですね。面白い
仮想通貨女子

月間30万PVほどある私たちのブログ、買収してくれないかな〜。なんてね。

 

Currency 2.0に期待!

単なる仮想通貨の交換所だけでなく、仮想通貨を知り、安心して保有し、決済・送金などに利用し、一元的に管理し、損益計算や確定申告を円滑で容易にする。

これまでややネガティブなニュースが続いてきた仮想通貨業界ですが、マネーフォワードグループの既存サービスとも連携して新しい仮想通貨の保有と実用化のあり方を提案し、その先のブロックチェーン革命を主導していきたいと思います。

昨日の説明では、そのコンセプトを「Currency 2.0」として提案しています。
マネーフォワードが、新しい時代を切り開いていきます。
皆さん、ご期待ください!

神田 潤一

マネーフォワード:Money Forward 執行役員 渉外・事業開発担当

仮想通貨トレーダー
今は、ボラティリティが高い仮想通貨ですが、今後はより実需に向けた動きが進みそうですね。いやはや、未来がより楽しみになってきました。