COINハックツ | ユニークな仮想通貨ブログメディア

乱立する仮想通貨ブログとは異なる切り口で仮想通貨情報をまとめる独自の仮想通貨WEBメディア

Gacktがプロデュースした仮想通貨スピンドルは今後どうなる?将来性・特徴まとめ

 スピンドル仮想通貨

スピンドルってどんな通貨なの?

もしかしてあなたは、スピンドルに密かに期待していませんか。

確かにあの有名人であるGacktが作った通貨として当時注目を集めていました。
しかし、本当に信頼できる通貨なのでしょうか。

結論から言うと、スピンドルに投資できる価値は無いと言えるでしょう。

それはなぜなのか、この記事ではスピンドルがどのような通貨なのか、特徴と将来性を書きました。

この記事を最後まで読んでいただければ、スピンドルがどんな通貨で、なぜ投資の価値が無いのか知っていただけるでしょう。

1.スピンドルの特徴とは?

f:id:Tripler-taka:20180621171542p:plain

 

スピンドルの特徴は大きく分けて、

  1. GacktがプロデュースしたICOコイン
  2. スマートコントラクト&ブロックチェーン技術の採用
  3. 賢いマーケティング戦略
  4. 売却できない期間がある

という4つの特徴があります。
以下ではこの4つについて詳しく説明しようと思います。

1-1. GacktがプロデュースしたICOコイン

通称Gacktコインともいわれるスピンドル。その名の通りスピンドルのプロジェクトチームにはあの歌手、俳優として活動しているGackt(大城ガクト)も広告塔として携わっています。

ホワイトペーパー:https://spindle.zone/spindlewp_2.0_en.pdf

1-2. スマートコントラクト&ブロックチェーン技術の採用

スピンドルはブロックチェーンとスマートコントラクトを駆使し、投資、運用のプラットフォームを構築し、参加者の生活を豊かにするためのプロジェクトです。

スマートコントラクトを採用することで、仲介者のいない非中央集権化のプラットフォームの構築ができます。さらに、ブロックチェーン技術により第三者の介入なしに、ユーザー同士で情報を公平に管理でき、改ざん防止の面でも安全性があります。

現在、詐欺の横行している仮想通貨の中で、このスマートコントラクトとブロックチェーンは、ユーザーがよりスマートに信頼できる取引をするために必要な技術になっています。

1-3. 賢いマーケティング戦略

スピンドルはGackt監修の基、Airdropを使った賢いマーケティング戦略を行っています。

Airdropというのは、新しく作られた通貨を広く知ってもらうためのトークンの無料配布のことを指します。

例えば、スピンドルのAirdropについては面白い仕組みが採用されています。具体的には、先着1万人限定で最大230SPD(5000円相当)が手に入りるというもの。(ただし、現在は入手不可)

スピンドルのマーケティングは大変賢いやり方をしており、エアドロップ方法は以下の2つがあります。

  1. スピンドルの公式サイトで「ユーザー名」「メールアドレス」「イーサリアムアドレス」の入力。
  2. Facebook、reddit、Twitterなど、SNSのフォロー、いいね、リツイート数に応じて。

この2つの方法で最大230SPDを無料で手に入れることができます。

また、2018年5月1日には幕張メッセにてGackt本人や、マックスむらい氏も壇上する参加費無料のミートアップを開き、参加者に対してAirdropの配布も行っていたようです。このように、Airdropや有名人を広告塔として使うという賢いマーケティングを行い、スピンドルの経済圏拡大を行ってきました。

1-4. 売却できない?

f:id:Tripler-taka:20180621153114p:plain
仮想通貨女子

スピンドル売れないってよ

スピンドルにはロックアップという特徴があり、上場して一定期間売却を制限される仕組みがあります。

ロックアップとは、上場後の仮想通貨の急激な変動を防ぐため、仮想通貨を一定期間売りに出すことや、送金ができないように凍結する仕組みのことです。

例えば、仮想通貨の大口を保有している運営側は、その通貨の価値が上がるタイミングを知っており、そのタイミングで一斉に運営が通貨の売り、価格が下落することを防ぐという効果があります。

スピンドルのロックアップでは、

・プライベートプレセール参加者について、取引所上場までの間はいかなる譲渡の禁止

・取引所上場後1ヶ月経過するまで、保有する スピンドル の内 3 分の 2 は取引所での売却を禁止(第三者の介入しない当事者同士の交換は可能)

・取引所上場後 2ヶ月経過するまで、保有する スピンドル の内 3 分の1は取引所での売却を禁止(第三者の介入しない当事者同士の交換は可能)

という規制を設けています。

なので、スピンドルを購入して売却できないまま価格が下落し、投資の価値がなくなってしまうというデメリットがあります。

2.スピンドルの将来性は?

f:id:Tripler-taka:20180621170905p:plain

結論から言うと、スピンドルには将来性がないと思った方が良いでしょう。なぜ将来性がないのか、その理由として挙げられるのが、

  1. 運営メンバーである、宇田修一の怪しさ
  2. 大暴落、ICOコイン割れ

という2つの観点です。

この2つの観点について、以下の詳しい説明を読んでいただけると、スピンドルの将来性について理解してもらえると思います。

2-1. 運営メンバーである宇田修一への声

スピンドルに将来性がない理由の一つ目として運営メンバーの中核である、宇田修一という人物に疑わしい点があります。

ジャーナリストの伊藤博敏氏も、 

財務省関東財務局は、16年6月7日、宇田氏が代表のドラグーンキャピタル株式会社に対する行政処分を発表した。第二種金融業者である同社に、以下のような問題が認められたという。

①ファンド出資金の費消
②適格機関投資家への不適切な取得勧誘
③適格機関投資家出資の外観仮装
④顧客に対し虚偽の運用報告
⑤金融商品取引業の要件を満たさない人員

関東財務局の指摘は厳しく、文中には「宇田代表に法令遵守意識及び投資者保護意識は皆無である」と、金融業者としての能力と資格を全否定したような言葉もあった。

 講談社引用:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54100 

と発言しているとおり、宇田修一に対する信頼は低いと思われます。 

2-2. 大暴落、ICOコイン割れ

スピンドルのプライベートセールの時のレートを見てみると、

1SPD:0.0015ETH (202.5円)
最低購入単位:1,500SPD(303,750円)~
※1ETH:13.5万円で計算 (当時のおおよそのレート)

 引用:https://coinchoice.net/ico_spindle_rate/

となっていました。

しかし、スピンドルのチャートを見てみると、上場して一瞬上がったものの、その後は下落し続けているのが一目瞭然です。

f:id:Tripler-taka:20180621144833p:plain

プレセールでは 1SPD=202.5円あった価格も、現在ではICO割れし、1SPD=1円までに暴落してしまっています。

この価格変動から見て、スピンドルへの投資の価値は低いと言えるでしょう。

3.評判

f:id:Tripler-taka:20180621172245p:plain

3-1. Twitterの意見

Twitterの意見でも、スピンドルについての将来性を伺えるツイートが目立っています。

 

f:id:Tripler-taka:20180621144331j:plain
仮想通貨女子

詐欺コインという噂も...

 

f:id:Tripler-taka:20180621152625j:plain
仮想通貨トレーダー
運営側の対応も悪いようです...

 

f:id:Tripler-taka:20180621144356j:plain
仮想通貨女子

宇田修一はやっぱり...

 

f:id:Tripler-taka:20180621144425j:plain
仮想通貨トレーダー
価格も下落し続けているようですね...


このように、スピンドルについての意見では、主に信頼性、価格の暴落、による将来性の無さを示唆する意見が多数を占めていました。一方で、ポジティブな意見も見受けられました。

仮想通貨トレーダー
リアルイベント、ブロックチェーンカンファレンスに出展していたので、完全詐欺ということはないかもしれません。


4.SPDの買い方

f:id:Tripler-taka:20180621174210p:plain 

4-1. 上場取引所

スピンドルの上場している取引所は以下の5つがあるようです。

・HitBTC(ヒットビーティ―シー)
・Yobit(ヨービット)
・BTC-Alpha(ビットコイン・アルファ)
・Livecoin(ライブコイン)
・Exrates(エクスレーツ)

もし購入されたい方がいましたら、日本の取引所ビットバンクから上記の取引所へ送金することをオススメします。