GMOコインの登録/口座開設方法を図解【初心者向け】

仮想通貨投資デビューはGMOコインでやりたいけど、
取引所の登録方法がイマイチわからない….

もしかすると、この記事を見ているあなたはGMOコインに興味を持っているのではないでしょうか。

GMOコインはトレード初心者に人気の国内取引所です。

 

この記事を最後まで読んでいただければ、GMOコインの登録/口座開設方法はもちろん、登録にかかる時間や2段階認証設定方法までわかるでしょう。

画像付きで紹介するので、別タブで実際に登録しながら読んでみてください。

BITPOINT

GMOコインとは

gmoコインリップルとは?

GMOコインは2016年から事業を開始した日本の大手仮想通貨取引所です。

販売所のみならず取引所や仮想通貨FXまで、幅広い種類のトレードをすることができます。

GMOグループはFX大手の「GMOクリック証券」を運営しているため、金融事業の運営経験を生かした鉄壁の管理体制が敷かれています。

取り扱い通貨
BTC,ETH,XRP,LTC,BCH

また、優秀なスマホアプリ「ビットレ君」は、チャートみたさに登録する人もいるほど。

そして金融庁認可済み。安心感を持って利用できる安全な取引所といえるでしょう。

GMOコインの登録キャンペーン

仮想通貨女子
キャンペーンとかやってないの?
仮想通貨トレーダー
GMOコインに登録したらBTCがもらえるよ!

 

GMOコインは新規口座開設キャンペーンを行なっています。

GMOコインのキャンペーン

いま登録すると、20,000Satoshi分のビットコインを受けとることができますよ。

口座開設をササっとおわらせて、サクッとビットコインをもらいましょう。

GMOコインの登録に必要なもの一覧

登録に必要なもの

GM0コインの口座開設には以下のものが必要です。

  • メールアドレス
  • スマホ
  • 本人確認書類

メールアドレスは仮登録時に、スマホは2段階認証設定時などに使用します。

また本人確認書類ですが、運転免許証やマイナンバーカード,パスポートなどが有効です。(詳しくは記事後半参照)

 

ただGMOコインは「受取時の本人確認」も選択できるため、上記の書類をアップロードしなくても、

後日住所確認のハガキを受けとる際、配達員へ直接見せれば本人確認を完了することができます。

いま必要な書類を持ちあわせていなくても登録だけはできる、ということを頭に入れておきましょう。

GMOコインの登録の手順

ビットポイント口座開設

口座開設までの大まかな流れがこちら。

  1. メールアドレス入力
  2. 個人情報入力
  3. 本人確認書類提出
  4. ハガキの受け取り
仮想通貨女子
投資初心者でも登録できる?
仮想通貨トレーダー
すごい簡単なんだよ!

 

まだ仮想通貨を1度も買ったことのない方でもわかるように、画像付きで説明していきます。

意外と簡単な作業ですので、一緒に登録してみましょう。

STEP1|メールアドレス入力

まず最初に、以下のボタンから申し込みページに飛びます。

\今すぐ登録するなら!/
Screen1

gmo登録1

次に「口座開設はこちら」のボタンをクリック。

Screen2

gmoコインアドレス登録

自分のメールアドレスを入力をして、「私はロボットではありません」のボックスをチェックしましょう。

Screen3

gmoコインメール

入力したメールアドレスにGMOコインからメールが届いているはずなので、確認URLをクリックします。

Screen4

gmoコインパスワード登録

パスワードを設定して、GMOコインにログインしましょう。

STEP2|個人情報入力

メールアドレスとパスワードを設定しただけでは「仮登録」のままです。

日本円の入金や仮想通貨の取引をするためには「本登録」まで進む必要があります。

Screen1

gmoコイン登録個人情報

仮登録の状態でログインすると「お客様情報の登録」とでてくるので、「登録する」をクリックしましょう。

  • 名前
  • 生年月日
  • 性別
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号
  • 取引を行う目的
  • 職業
  • 国籍

そして、上記の項目を入力します。

Screen2

GMOコインの確認画面

  • 米国納税義務
  • 海外の重要な公人
  • キャンペーンやコラム情報
  • 規約への同意

それぞれ確認後チェックをいれて、「確認画面へ」をクリック。

自分の入力した情報に間違いがなければ、次に進みましょう。

STEP3|本人確認書類提出

つぎに本人確認の手続きです。

Screen1

gmoコイン本人確認書類登録

まずは書類をオンラインでアップロードするか、配達員に対面で確認してもらうか選択しましょう。

今回はオンラインでのアップロードのやり方を説明します。

 

Screen2

gmoコイン登録書類選択

まずはアップロードする書類をプルダウンから選びましょう。

本人確認に使える書類一覧
運転免許証, 個人番号カード, パスポート, 各種健康保険証, 住民票の写し, 在留カード, 特別永住者証明書など

書類のアップロードを終えると、申し込みは完了です。

STEP4|ハガキの受け取り

本人確認書類がGMOコイン側で承認されると、個人情報で記載した住所に転送不要のハガキが届きます。

入金や取引ができるようになるのは、届いたハガキにある「口座開設コード」を入力してからです。

Screen1

gmoコイン認証番号登録

「口座開設コード」はログイン後、会員ホームのボックスに入力しましょう。

Screen2

GMOコインの口座開設完了

口座開設が完了すると、このように表示されます。

日本円入金の手続きは記事の後半で解説しているので、時間に余裕がある人は続けて行ってしまいましょう。

GMOコインの登録にかかる時間

だいたい本人確認の審査が完了してから2営業日前後でハガキが届きます。

仮登録からハガキを受け取るまで最短で4~5日前後かかるみたいです。

 

ハガキを待つ間に、ほかの取引所にも登録してしまいましょう。

取引所は自分にあったものを複数登録して使い分けるのがオススメですよ。

GMOコインに登録できない場合の対処法

GMOコインの登録がうまくいかない。。

大丈夫です。

 

仮登録のメール確認が届かない場合は、迷惑メールのフィルターに引っかかっている可能性があります。

特に携帯のキャリアアドレスを使っている人は、迷惑メールのフィルタリング設定を確認して、

「no-reply.coin.jp@z.com」からの受信を許可しましょう。

 

また口座開設のラストに届くハガキを受け取れなかった場合、再配達を依頼することができます。

配達業者の保管期間内であれば、不在票に記載されている電話番号に連絡して届けてもらいましょう。

 

ほかにも本人確認作業が終わらない場合や、審査結果メールが届かない場合などは、

GMOコインのサポートデスクに連絡することをオススメします。(未成年はGMOコインに登録することができません。)

GMOコインの2段階認証設定方法

仮想通貨女子
セキュリティ対策のためにやっておいたほうがいいことって?
仮想通貨トレーダー
「2段階認証」はマストだね!

 

登録を完了させた後は、セキュリティ対策のために必ず2段階認証を設定しておきましょう。

2段階認証とは
ログイン時に専用のスマホアプリで認証コードを入力することで、不正ログインを防止するログイン方法。ほとんどの国内取引所が設定必須としている。

GMOコインには3種類の2段階認証があり、すべて携帯電話が必要になります。

  • SMS認証
  • 電話番号認証
  • 「Google Authenticator」による認証

おすすめは専用アプリ「Google Authenticator」での認証です。

 

まずはGoogleの公式アプリを無料ダウンロードしましょう。

Google Authenticator(iOS版)

Google Authenticator(Android版)

次に、GMOコイン側で設定画面を開きます。

Screen1

GMOコインの2段階認証設定

左メニューの「口座情報」>「セキュリティ」の上タブから「2段階認証」を選択。

Screen2

GMOコインの2段階認証設定2

「アプリ(Google Authenticator)」をクリックするとQRコードが出てくるので、

これをアプリ側に読み取らせ、表示された認証コードをGMOコインに入力すれば設定完了です。

GMOコインの入金方法

仮想通貨を購入するには、日本円の入金が必要になります。

そしてGMOコインの入金方法は2種類あります。それぞれのやり方を順番にみていきましょう。

即時入金のやり方

即時入金とは
特定の金融機関やサービスを利用することで、入金がすぐに反映される方法。

手数料が無料ながら24時間対応で、入金手続き後にすぐ反映されるので、とてもおすすめです。

Screen1

gmoコインリップル即時入金1

左メニューの「入出金」>「日本円」を選択して、上タブが「即時入金」になっていることを確認しましょう。

GMOコインでは以下の金融サービスで即時入金を利用することができます。

  • GMOあおぞら銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ジャパンネット銀行

このほかの金融機関ではPay-easy(ペイジー)での入金が可能です。

Screen2

GMOコインの即時入金2

自分が入金に使いたい銀行を選択すると、入金額が表示されます。

「入金開始」から即時入金手続きを始めましょう。

振込入金のやり方

GMOコインが指定する銀行口座に入金する方法です。

振込手数料はユーザー負担となり、反映までの時間は以下の通りです。(土日祝日は翌営業日扱い)

 

Screen1

GMOコインの振込入金

左メニューの「入出金」>「日本円」を選択して、上タブを「振込入金」に切り替えます。

指定された口座番号を控えて、銀行やATMで振込をしましょう。

このとき振込名義が本人のと一致しないと、取引機能が停止される恐れがあるので注意です。

GMOコインの登録まとめ

多くの国内取引所では、仮登録から本人確認審査の完了までどれだけ早くても数日はかかります。

今すぐ取引したいと思った時には遅いので、余裕があるうちにサクッと登録しておきましょう。

 

また仮想通貨取引所は使い分けがとても大事です。

気になっている取引所があれば、GMOコインを登録するついでに口座開設しておくことをおすすめします。

\今すぐ登録するなら!/