COINハックツ | ユニークな仮想通貨ブログメディア

乱立する仮想通貨メディアとは異なる切り口で仮想通貨情報をまとめる独自の仮想通貨個人ブログ

仮想通貨ブログ『COINハックツ』について

 

 

当ブログの昔の名前は「オモロク」でした。「面白くて価値ある情報を伝える」というコンセプトで運営してましたが、よくよく考えると、当ブログにおもしろ要素は少なく、情報に価値があるのかというと、微妙で、さらには真面目な文体や真面目な話題が多くなってきたことから、自分自身でも「なんかオモロクナイな最近」と感じ、改名に至ったわけです。

また、オモロクというと、オモコロを連想させてしまいギガを消費させてしまっている事態がそこはかとなく発生しておりまして。その罪悪感から改名を決意した背景があります。

f:id:kk3marketer:20171219142925j:plainさて、この記事では、「良いブログは良いメディアレギュレーションから」というわけで、改めて、当ブログの今後の方針を記しておきます。だいぶ遅くはなりましたが。現時点でのコンセプト等を言語化しておきます。※レギュレーションとは、メディアの取り決めの事を指します。

長らくの間、当ブログの「このブログについて」の項目に手をつけることができず、申し訳ありませんでした。2018年がやってきたので、この謎のタイミングで明瞭にしておきます。

ブログのコンセプトを再定義するにあたった背景

もともと、このブログの始まりは、プロブロガー界隈に対して拝金主義的なナニカに疑問を感じたのがきっかけに、以下の記事をふと、2017年の3月に投下したことが始まりでした。

行間あきまくりで、論理性もなく、漫画のコマを使用して怒られた記事です。今、見返すとホント偉そうな記事だなぁと思います(今も偉そうだったらスイマセン)

僕が思うに、記事中にアドセンスを貼るのは控えめに言ってもう●ちです。 

敵を増やしたいとしか思えない文章を書いていたわけですが、この記事が1週間で7万PVまで拡散され、多くの人に自分の考えが伝わることに魅力を感じたのは正直なところです。今見返しても単なるアホ記事ですが。何はともあれ、これを機に、ブログを私的にも書き始めましたという背景があったのです。単に、リアルでの鬱憤ばらしにwebで調子にのりたかっただけなのは口が裂けてもいen

承認欲求ってホントいらないよね

まあ、要するに最初の動機は、承認欲求を満たすためだったわけで。自分の感じたことや意見を面白おかしく書いて、時に価値を感じてくれれば良いや、という風で、「オモロク」という名前でブログを運営することしていたのです。

で、趣味的に更新したり、有料noteや情報商材を購入してしまうユーザーが増えないように無料でブログ相談したりして。あとはB級なプチ炎上やらいろいろあって、2018年末、現在に至るわけです。

f:id:kk3marketer:20180128225745p:plain

30名ほどのブロガーさんに無料相談しました。今でも相田と仲良くしてくださっている方も多く、嬉しいです。


ただ、正直今もまだ、二番煎じなコンテンツばかりです。数を積み重ね、いずれはweb界隈で面白い存在になれればなと考えています。

ですので、こらから記述する2つの軸に基づきブログを運営しておくことを明記しておきたいと思いました。見てくれる人も多くなったことから「このブログが何なのか気になった人」に対して、きちんと説明する必要性が生まれてきましたので。

WEBハックツとは

f:id:kk3marketer:20171220212515j:plain

さて、ブログ名を「COINハックツ」にしたのにも理由はあります。よく巷でも言われきっていることですが、インターネットの市場は2010年前後のスマートフォン普及により急速に拡大してきました。また、インターネット広告費の規模も併せて、2016年になんと1兆を超えています。

こうした背景もあって、他の媒体である4マスメディア(新聞・ラジオ・テレビ・雑誌)の権威が落ち、個人がインターネット上で作る「多様化したメディア」にもスポットライトが当たる時代になっています。媒体がより細分化されてるのを象徴する事象として、個人のブロガーでも広告収入によって多額の報酬を手にしています。

したがって、私自身、WEBには、まだまだ可能性が十二分にあると考えております。当ブログでは、WEBにまだない、新しい情報を提供していくこと。またそのための発信ツールを提供していきたいという、以下の2軸を元にブログを更新していきます。

  1. 個人でブログを運営し、WEBをハックツするためのノウハウを提供する
  2. 個人として、読者に価値ある情報や、自分の体験したことや意見などを発信する。

では、それぞれ「なぜ、その2軸なのか」を具体的に記していきます。

1.正統なノウハウを提供すること

f:id:kk3marketer:20171220172203j:plain

インターネットビジネスやアフィリエイトというと、あまり良くないイメージを持つ人も多いことでしょう。「簡単に稼げる」といったうたい文句は誰しもが聞いたことがあるほど。なぜ、こうした副業まがいなことが大勢の人に認知されているかというと2つほど理由があると考えます。

1つは、「働き方改革」といったワードから、多様化したワークスタイル、ないしはワークライフバランスを追求する人間が増えたことから。

2つは、デジタルネイティブ単細胞野郎がツールを使用したり、悪質なマーケを行う者が増えたことによって、SNSでの露出が増えたこと。

前者は正統派なので、良いとしましょう。後者に対しては、今でこそ「アホらし」と達観して見ることができるのですが、そういった美味い話に巻き込まれる人は、私が想像する以上に多い現状があります。

正直にいうと、私もそうした黒魔術的なマーケに手をつけて、情弱相手に仕事にすれば楽じゃね?と思ったのですが、そうした悪手を用いてお金を儲けた先に何があるかは、今もなお、疑問です。お金をえても、他の何かを大きく犠牲にしてしまう気がするのです。

また、実際にブログで稼いでいるブロガーも成功バイアスに支配され、ブログで収益をあげることは、さも簡単かのように説いていたりするので、彼らもマイルドに布教活動を行っているように思います。

ブログで収益をあげるまでには、実は様々なハードルが存在しますから、

「ブログで稼ぐことや、ネットを使ってビジネスをすること」

これらは、ある程度の才覚なくしては、達成できないと考えています。例えば、以下のような項目をクリアしていく必要もあります。

  • 物事を論理的に正しく伝えることができるか
  • マーケット感覚は身についているか
  • セールスを行うことができるか
  • デザインなど、見せ方をこだわることができるか

ブロガーもある程度のスキルが必要になってきている

f:id:kk3marketer:20171220173919j:plain

偉そうに説いている僕も、まだまだ雑魚です

ビジネスマンとしての基本的なスキルから、クリエイティブな発想やマーケティング感覚が必要とされています。これは、近年のグーグルのアップデートによって、より顕著に「ユーザーのニーズに対して適切に情報提供ができているか?」問われており、より本質的なビジネス観点が必要になっている「ブログアフィ戦国時代」(勝手に言葉作った)における大きな時代の潮流からきているように思います。

したがって、安易にWEBで「簡単に稼げるようになる」と言っては語弊があります。もちろん例外的に運や流行次第で、短期的に成功することは可能でしょうが。

ただ、私は、「個人ブロガーが世の中に価値提供し、対価としてお金を貰う」この本質を大事にすることが長期的に成功することができると信じてやまないのです。

まとめると、悪質なネットビジネスマンやエセアフィリエイターに騙されることなく、また、お金にとらわれず、楽しんでブログを更新できる状態になるという理想を追求するために、私は、「正統な方法でのブログビジネス」のノウハウをこのブログに綴ります。情報商材など買う必要をなくすため。

私も引き続き、自身のスキルアップを同時に図りながら、ブログを更新していきます。

 

2. 良い物を紹介したり、雑記として役立つ情報を提供する

f:id:kk3marketer:20171220174906j:plain

とはいえ、バックエンドなく、ノウハウ垂れ流しにしても、ある一定数のマーケット(ブログを書いている人やwebのお仕事をしている人)にしかリーチできないため、私自身が、世の中に対して価値を与える総量は小さくなってしまいます。そうすると、資本主義社会において生き残ることはできません。

実際に、時間をかけて画像を作成し、バズらせたブログノウハウ系の記事なんかより、私が実際に使ってきたグッズについてや体験について書かれた記事の方が多く見られています。

このこともあり、このブログでは私の経験してきたことや、購入してきた物について、常日頃の生活から思ったことも書いていきます。学生なので、記事を書くための活動を続けるために一定の資本も獲得する必要性がありますので容赦ください。

ただし、ここでルールを決めています。

  1. いい加減に情報提供しない。間違っていた場合すぐに訂正する
  2. 可能な限りエビデンスを取集し、事実を伝える
  3. デメリットも伝えきる
  4. 自分の体験に基づくことや、深い考察に基づいた情報にする

まだまだ至らぬ点はありますが、自分の伝える情報で誰かが「ためになった」「へーそうなんだ」「面白い」と思ってもらえると幸いです。はてなが定める広告におけるガイドラインに反しないようにも注意したいと思います。

・違法・有害情報が含まれる広告の掲載
・紹介ビジネス、マルチ商法などの勧誘
・記事内で直接販売、勧誘を行うもの
・公序良俗に反する広告や成人向けの広告の掲載(※例外として、文化的な側面からの論評を目的とした記事と認められる場合は許諾することがあります)
・記事と無関係な広告リンクを多数掲載する行為
・記事と無関係な多数のキーワードを羅列する行為
・意味のない自動生成された文章や、他媒体から転載した記事に広告を掲載する行為
・広告主から提供された文章や画像、動画、あるいは商品情報のみで、自身の言葉でのレビューではない広告の掲載
・広告主の定める規約やガイドラインなどに違反する行為
・個人あるいは同一の組織に所属する複数人が多数のブログあるいは多数の記事に同一のリンクを掲載する行為
・隠しリンクや虚偽の見出しによるリンクの掲載
・その他、広告収益やサイトに誘導することおよび検索最適化などを目的とした不正行為

僕が出した結論としても、「自分の言葉で綴った体験記事こそが、今後検索で上位に表示される良質なコンテンツ」と定義しているので、つい魔が差してしまわぬようにだけ注意します。


Do the Right Thing!

以上、何かあればまた追記していきますね。今後ともよろしくお願いします。

相田ケイ@学生ブロガー (@kk3marketer) ツイッターわりとやってます。

プライバシーポリシーを提示しておきます。

 

サイト内容の無断転載について

 

 

内容を引用する際は引用の表記と当サイトへのリンクを必ず明記してください。

1次の各号に掲げる場合には、当該各号に規定する著作物の出所を、その複製又は利用の態様に応じ合理的と認められる方法及び程度により、明示しなければならない。
一 第32条〔・・・〕の規定により著作物を複製する場合
二 〔略〕
三 第32条の規定により著作物を複製以外の方法により利用する場合〔・・・〕において、その出所を明示する慣行があるとき。
2前項の出所の明示に当たつては、これに伴い著作者名が明らかになる場合及び当該著作物が無名のものである場合を除き、当該著作物につき表示されている著作者名を示さなければならない。

上記の範囲外の行為と判断した場合は、損害賠償を求める場合もあります。ネット上だからといって安心しないでください。僕は本気ですよ。

 

アクセス解析について

 

このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。

 

Googleポリシーと規約

今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。

 

これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません

Googleアドセンスについて

 

Adsense

『COINハックツ』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

 

Amazonアソシエイトについて

 

「COINハックツ」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。