BITPoint(ビットポイント)でのリップル(XRP)の買い方/購入方法|入金・出金(送金)の注意点まで!

ビットポイントでリップルを買うのはお得?
正直どこでどうやって買えばいいかわからない。。

もしかすると、ビットポイントでのリップル売買事情について気になっているのではないでしょうか。

BITPoint(ビットポイント)は初心者から上級者までおすすめできる国内取引所であり、リップル(XRP)は仮想通貨の中でも日本人の支持が特に厚い有望コインです。

 

今回は、なぜリップルはビットポイントで買うのがおすすめなのか、また実際の購入ステップなどを画像付きで解説するので、

気になっている方はぜひ隅から隅まで参考にしてくださいね。

BITPOINT

BITPoint(ビットポイント)でリップル(XRP)を買うべき5つの理由

仮想通貨女子
ビットポイントで買うメリットってなによ?
仮想通貨トレーダー
5つぐらい理由があるよ!

 

ビットポイントは国内でも人気が高く、登録するユーザーが絶えない仮想通貨取引所です。

ここまで多くのトレーダーに支持される理由はいくつかあります。それぞれ順番にみていきましょう。

運営体制/セキュリティ対策が安心

BITPoint(ビットポイント)の管理体制

仮想通貨取引所ビットポイントは株式会社ビットポイントジャパンによって運営されています。

Company
商号 株式会社ビットポイントジャパン
仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00009号
資本金 44億3,000万円
加入協会 一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会
日本貸金業協会
公益社団法人 日本監査役協会

株式会社ビットポイントジャパンは東証2部に上場している株式会社リミックスポイントの子会社です。

経営経験豊富な上場企業がバックについているので、危機管理体制がしっかりしていると言えるでしょう。

 

また有名サッカー選手である本田圭佑氏を同取引所のイメージキャラクターに任命し、大きな話題になりました。


仮想通貨女子
本物の本田さんだ!

 

そしてセキュリティ対策は国内の取引所の中でもトップクラスに多いのがビットポイントの特徴。

セキュリティ一対策
マルチシグ対応ウォレット,コールドウォレット,SSL暗号化通信,不正アクセス検知システム,2段階認証,定期的なセキュリティ(ペネトレーション)テストの実施

ビットポイントが展開する盤石な管理のもと、安心して取引ができるのは大きなメリットです。

手数料がほとんど無料

BITPoint(ビットポイント)の手数料

ビットポイントでは取引にかかる手数料をほとんど無料で利用することができます。

Fee
項目 手数料率
口座管理料 口座開設手数料 無料
口座管理料 無料
入金手数料 日本円即時入金 無料
日本円入金 振込手数料のみ
日本円出金 振込手数料のみ
取引手数料 現物取引 無料
レバレッジ取引 無料
ビットポイントFX取引 無料
送受金手数料 仮想通貨受金 無料
仮想通貨送金 無料

通常取引をするごとに積み重なっていく手数料ですが、ビットポイントでは常時無料。

取引コストを抑えるにはうってつけの取引所です。

 

ビットポイント評判取扱通貨

またビットポイントでは現在、5種類の仮想通貨を取り扱っています。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)

リップル以外の有名通貨も安く手に入れられるのは、地味に嬉しいメリットです。

スプレッドが狭い

BITPoint(ビットポイント)のスプレッド

スプレッドとは
買いと売りの値段の差。別名「見えない手数料」と呼ばれていて、狭ければ狭いほどお得に取引することができる。

BITPoint(ビットポイント)のスプレッド差

ビットポイントでは、取引所でユーザー同士が売買する「取引所形式」を採用していて、

買いと売りの価格差(スプレッド差)が狭い傾向にあります。

無料の手数料に加えてスプレッドも狭い取引所なので、リップルを非常にお得に取引することができますよ。

取引ツールが豊富

BITPoint(ビットポイント)の取引ツール

ビットポイントでは現在、4種類の取引方法に対応しています。

  • WEB取引ツール
  • BITPoint ADVANCE
  • BITPoint Lite(アプリ)
  • MT4(メタトレーダー4)

特に「MT4」は日本国内取引所で唯一対応しているため、これを利用するために登録する上級トレーダーも。

BITPoint(ビットポイント)のMT4

MT4とは
世界中のトレーダーに支持されるトレーディングプラットフォーム。難しいプログラムを覚えなくとも自作のテクニカルツールや自動売買(EA)機能を実装することができる。

がっつりBTCFXをやりたい人は「MT4」の利用も検討した方がいいでしょう。

キャンペーン実施中

BITPoint(ビットポイント)のキャンペーン

ビットポイントでは年中何かしらのキャンペーンをやっています。

ユーザーにとってとてもお得なキャンペーンを開催していることが多いので、常にチェックするのがおすすめです。

 

現在は新規登録のキャンペーンを開催中。

BITPoint(ビットポイント)の新春キャンペーン

【対象期間:2018/12/28~2019/2/19】

上記期間の間に登録と入金を済ませると、口座に3000円分のBTCがもらえます。

登録だけなら無料ですし、まだアカウントを持っていない人は積極的に開設だけしておきましょう。

BITPoint(ビットポイント)でリップル(XRP)を購入する方法は?

取引手段が豊富なビットポイントでは色々な方法でリップルを購入することができます。

今回はこちらにある3種類の買い方をそれぞれ解説します。

  1. WEB取引ツール
  2. BITPoint ADVANCE
  3. BITPoint Lite

初心者へのおすすめは1番オーソドックスなWEB版の購入です。

また口座開設や日本円の入金を済ませていない人は、こちらの解説記事を参考にしてください。

ビットポイント(BITpoint)口座開設の方法を図解【初心者向け】

1.WEB取引ツールでリップル(XRP)を購入する方法

BITPoint(ビットポイント)のWEB取引ツール

WEB取引ツールはPC/スマホのブラウザで動く取引ツールです。

シンプルな操作画面が特徴で、初心者でも簡単に使いこなすことができます。

 

Screen1

BITPoint(ビットポイント)のWEB取引ツール選択画面

ログイン後、上タブの「仮想通貨取引」>「BITPoint Trade」を選択してWEB取引ツールを開きましょう。

Screen2

BITPoint(ビットポイント)のWEB取引ツールの通貨選択画面

左上の「通貨ペア」から「XRP/JPY」に変更。

Screen3

BITPoint(ビットポイント)のWEB取引ツールの取引画面

  • 市況情報:各通貨ペアの「売」と「買」の価格を示している。
  • ティックチャート:選択した通貨ペアの価格を表したチャート。
  • 板情報:現在入っている注文の価格と数量が一目でわかる表。
  • 預入:選択した通貨の保有数や評価額。
  • 注文画面:「ストリーミング」や「シングル」「逆指値」から選べる。

左下のチャートや左中央の板情報を読みながら市場の状況を把握します。

WEB取引ツールの注文方法として「ストリーミング」,「シングル」,「逆指値」がありますが、

クリックした価格で注文する販売所のような「ストリーミング」が初心者にはおすすめです。

Screen3

BITPoint(ビットポイント)のWEB取引ツールの注文画面

ザッと状況を確認して、注文画面で以下の情報を入力して注文しましょう。

  1. 数量:注文するXRPの量。
  2. 執行条件:「成行(価格を指定しない)」「指値(価格を指定する)」を選択。
  3. 取引暗証番号:初期設定した番号を入力。
  4. 注文ボタン:「買」を選択。

比較的すぐに約定する成行注文は、価格に関係なく注文が執行されます。

Screen4

BITPoint(ビットポイント)の約定照会画面

約定内容は上タブの「取引照会」>「約定照会」から確認することができます。

ここに注文内容が載ると注文が執行されているということになるので、必ずチェックするようにしましょう。

2.BITPoint ADVANCEでリップル(XRP)を購入する方法

BITPoint ADVANCE

BITPoint ADVANCEとは
中~上級者向けの取引ツール。細かい注文方法が選べる他、板情報やチャートが直感的にわかるのが特徴。

パソコンを使って市場をもっと深く分析したい時に、とても役立つ取引ツールです。

 

Screen1

BITPoint ADVANCEの選択画面

ログイン後、上タブの「仮想通貨取引」>「BITPoint Advance」を選択します。

Screen2

BITPoint ADVANCEの通貨ペア選択画面

上中央から「XRP/JPY」に通貨ペアを変更。

Screen2

BITPoint ADVANCEの取引画面

  • チャート:価格の変動を異なる期間で見ることができる。拡大可能。
  • 板情報:注文価格と数量を確認できる。
  • 注文画面:「指値」「成行」「逆指値」から選択可能。
  • 価格情報:通貨ペアとその「売」と「買」の価格。
  • 資産サマリー:自分が保有している仮想通貨の残高と前日比(率)。
  • 執行中の注文:執行を待っている注文。注文の取り消しはここで行う。
  • 全取引履歴:全ユーザーの取引履歴。

板情報の横にあるのは「デプス(Depth)チャート」で、注文板の情報をグラフで可視化したもの。

Screen3

BITPoint ADVANCEの注文画面

約定価格を指定する指値注文を選んでいる場合、以下の情報を入力します。

  1. 数量:注文するXRPの量。
  2. 価格:希望する約定価格。
  3. 取引暗証番号:初期設定した番号を入力。
  4. 注文ボタン:「買」を選択。

数量と価格を入力すると「概算約定金額」に反映されるので、確認してから注文ボタンを押しましょう。

Screen4

BITPoint ADVANCEの約定画面

約定した注文の照会は、左下もしくは右上の「メニュー」>「約定照会」から確認することができます。

3.BITPoint Liteでリップル(XRP)を購入する方法

BITPoint Lite

BITPoint Liteとは
iOSやAndroid端末からの取引に特化したスマホアプリ。

シンプルな機能だけ実装されていて、外出時などにサクッと取引することができます。

※ 注文方法は成行しか選べないので注意。

ダウンロードはこちらから。

BITPoint Lite(iOS版)

BITPoint Lite(Android版)

 

Screen1

BITPoint Liteのログイン画面

アプリを起動後、左メニューからログインしましょう。

Screen2

BITPoint Liteのチャート画面

通貨ペアを下にスクロールし、表示する通貨ペアを「XRP/JPY」に変更。

その後、「購入」をタップ。

Screen3

BITPoint Liteの買い注文画面

成行のみの注文になるので、以下の情報を入力して注文を執行させましょう。

  1. 希望購入数量:注文するXRPの量。
  2. 取引暗唱番号:初期設定した番号を入力。

買付可能残高を確認して「注文」ボタンをタップ。

Screen4

BITPoint Liteの約定照会画面

しっかり約定したかどうかは、左メニューの「取引履歴」>「約定照会」から確認することができます。

BITPoint(ビットポイント)でリップル(XRP)を送金する方法

最近はリップルを基軸とした海外取引所も増えてきているので、リップルを送金する機会もあるのではないでしょうか。

ここではビットポイントでリップルを入金/出金する方法についてご紹介します。

 

リップルの入金/出金手数料と送金最小単位はこちら。

入金手数料 出金手数料 最小単位
無料 無料 10XRP以上であれば小数第6位まで指定可能

まずなにより、どちらを行う際にも気をつけておかなければいけないのが「宛先タグ」です。

宛先タグとは

宛先タグ

送金に特化しているリップルの独自技術が「宛先タグ」です。

宛先タグ(Destination Tag)とは
送付するXRPの送り主/先を識別する数字。

取引所のリップルアドレスは同一のものが多く、宛先タグがないとどのユーザーのものかわからないようになっています。

この宛先タグを入力し忘れると、リップルを消失する恐れがあるので注意しましょう。

入金方法

他取引所やウォレットからビットポイントにリップルを入金する方法です。

Screen1

BITPoint(ビットポイント)の入金選択画面

ログイン後、上タブの「入出金・振替」>「受金(預入)」を選択します。

Screen2

BITPoint(ビットポイント)の入金アドレス画面

下にスクロールして、リップル用の入金アドレスをコピーします。

初めての入金は下の注意にある通り、20XRP以上送金するようにしましょう。

注意
最初は画像のように「無効」のステータスになっています。その場合ブロックチェーン管理者への有効化費用「20XRP」が徴収されるので、初回入金の際は「20XRP」以上を入金するようにしましょう。

出金方法

ビットポイントから他の取引所やウォレットにリップルを移す方法です。

Screen1

BITPoint(ビットポイント)の出金選択画面

ログイン後、上タブの「入出金・振替」>「送金(送付)」から出金画面に進みます。

Screen2

BITPoint(ビットポイント)の出金アドレス画面1

「仮想通貨送金内容」>「仮想通貨」のプルダウンからXRPを選択。

Screen3

BITPoint(ビットポイント)の出金アドレス画面2

  1. 送金先アドレス
  2. 宛先タグ
  3. 指定方法
  4. 送金額(XRP)
  5. 認証番号
  6. 取引暗証番号

以上の情報を入力後、「確認画面」で間違いがないかチェックして送金完了です。

BITPoint(ビットポイント)のリップル(XRP)まとめ

リップルのロゴ"

リップルを購入するなら取引手数料が無料の国内取引所、ビットポイントがオススメです。

セキュリティ対策もしっかりしていて、安心して取引できる他、

豊富な取引ツールで柔軟なトレードをすることが可能。

リップルを現物で持っておきたいという方は、これを機会にビットポイントを使って購入してみましょう。