コインハックツ | 専門家が書くユニークな仮想通貨ブログメディア

乱立する仮想通貨ブログとは異なる切り口で仮想通貨情報をまとめる独自の仮想通貨WEBメディア

ビットポイントの特徴・評判・メリット・デメリット総まとめ【徹底解説】

新規登録ユーザー激増!
MT4利用可能!今人気急上昇!

 ビットポイントとは

ビットポイントジャパンで実際どうなの?

あまり聞いたことないけど大丈夫なの?

コインチェックやザイフからそろそろ乗り換えようかと探していて...

この記事を発見したあなたは、ビットポイント取引所に興味を持っているのではないでしょうか。結論を先にいうと、2018年下半期はビットポイント取引所が盛り上がって来るでしょう。なぜなら、多くの人がビットポイントのポテンシャルに気付き始めているからです。

この記事では、ビットポイント取引所の特徴からメリット。包み隠さずデメリットや評判まで全てお伝えします。

この記事を見れば、ビットポイント取引所が本当に登録すべきかどうか、存分にご理解いただけるでしょう。メリットデメリット評判なども包み隠さずお伝えします。

1.ビットポイントとは・概要

ビットポイントとは実は安全性が業界1番だったり、手数料が無料で良心的。初心者から上級者まで幅広く使われている、知る人ぞ知る優良取引所となります。
2017年9月29日仮想通貨交換事業者として登録(金融庁認可)

1-1.ビットポイントジャパン 運営元

ビットポイント上場ビットポイントジャパンは、「東証2部に上場している親会社リミットポイント」の子会社によって運営されています。上場企業が運営しているので、かなり信頼できると言えるでしょう。

2016年3月3日に設立された会社で、実はかなり早いタイミングで発足しており、時代に合わせて運営体制を整えられてきています。

1-2.ビットポイント 取り扱い通貨

ビットポイント 取り扱い通貨

仮想通貨トレーダー
BITPointは現在5種類の通貨を扱っています
  1. ビットコイン(BTC)
  2. ビットコインキャッシュ(BCH)
  3. ライトコイン(LTC)
  4. イーサリアム(ETH)
  5. リップル(XRP)

国内の取引所で手数料がかからずリップルを購入できるのは、bitbankとBITPointだけです。BTC取引なら3つの外貨(米ドル・ユーロ・香港ドル)でも取引可能です。※人民元とフィリピンペソは調整中

これから随時新規アルト銘柄を追加予定とのこと。

2.ビットポイント7つのメリット

ビットポイントのメリット

仮想通貨女子

ビットポイントのメリットは大きく7つあるよ!

1.取引手数料無料

2.MT4を使った自動売買ができる

3.トレーディングツールも充実

4.レバレッジ倍率が最大25倍

5.信用できるセキュリティと運営体制

6.信託保全によりビットポイントが破綻しても返金される

7.税金計算が簡単に出来るシステムも導入

2-1.取引手数料無料

ビットポイント手数料とにかく取引コスト最優先したい方なら断然にビットポイントです。ビットポイントは、現物取引・レバレッジ取引・ビットポイントFX取引・送金手数料がすべて無料。

取引手数料や入金手数料が無料

→無駄なコストをかけずに仮想通貨を購入できる!初期費用なし!

送金手数料無料

→ICO参加や独自トークン・通貨の購入がしやすい

仮想通貨トレーダー
特に、これから実需が高まるサービス内でトークンを使うようなサービスを利用するにはうってつけ!

2-2.MT4を使った自動売買ができる

ビットポイントMT4ビットポイントの一番の目玉は、MT4が導入されていることです。MT4で何ができるのかと言うと、以下の大きく3つとなります。

  1. 自動売買
  2. バックテスト(過去データを使った分析)
  3. 裁量取引(アービトラージ)

特に、自動売買できるのは為替FXや一流のトレーダーが愛してやまないツールとして重宝される理由です。他の有名トレーダーが開発したテクニカル分析ツールやインジケーターをカスタマイズすることもできますね。

MT4とは?

FX歴が長い方割にはお馴染みの自動売買ツール。

MT4とは、世界中の金融機関やトレーダーが使用している自動売買トレードソフトのこと。動作が非常に軽く、素早く取引を行えることが特徴。50種類以上もの豊富なテクニカル指標があるので、チャート分析にも活用でき、カスタマイズ性に優れています。

また、ビットコインFXのデモトレードが出来るのはBITPointのMT4だけです。短期FXトレードをするならビットポイントが他の取引所に比べて一番良いでしょう。

参考ビットポイントのMT4ってどう?特徴・メリット・デメリット総まとめ【徹底解説】

2-3.トレーディングツールも充実

BITPointAdvance

トレーディングツールもBITPointAdvanceとして充実されています。BITPointAdvanceの特徴は大きく3つあります。

  1. 一画面でチャート、板確認、オーダーまでワンクリック操作を実現
  2. 洗練された UI / UX
  3. 機能性とスピードを追及した仮想通貨取引を実現

WEBブラウザ画面で、インストール型アプリに匹敵するほどの高速性を実現。価格をクリックすることで注文可能なスピード注文機能を搭載。

初心者から上級者まで、直感的にお取引が行えるます。親しみやすいレイアウト構成と簡単操作にですので、初めての方でもスムーズに取引できます。

BITPointAdvanceはスピーディに取引を行えるツールです。

2-4.レバレッジ倍率が最大25倍

ビットポイント レバレッジ25倍ビットポイントでは、2倍・5倍・10倍・最大25倍の倍率でレバレッジ取引を行うことができます。

  レバレッジ倍率
BITPoint 最大25倍
Zaif 最大25倍
QUOINEX 最大25倍
みんなのビットコイン 最大25倍
bitbankTrade 最大20倍
bitFlyer 最大15倍
GMOコイン 5倍
DMMbitcoin 5倍

国内最大級のレバレッジ倍率で取引できます。スプレッドの自由度もありますし、日本の取引所でトレードを行うならビットポイントが一番環境として整っているでしょう。

そして、何よりビットポイントは、今から説明する「セキュリティ」もかなり整っています。

2-5.ビットポイントの安全性が嘘偽りなく高いと言える3つの理由

ビットポイント信頼性

1.資本金が実は一番手厚い

2.小田社長が信頼できる

3.業界最高水準のセキュリティ

2-5-1.資本金が実は一番手厚い

ビットポイント資本金
仮想通貨取引所業界の会社でいうと、一番厚い資本金を保持しております。(44億3,000万円(資本準備金含む))※2018年5月時点 

  資本金
BITPoint 44億3,000万円(資本準備金含む)
bitFlyer 41 億 238 万円
Zaif 27億5,513万円(資本準備金含む)
QUOINEX 約20億円(資本準備金含む)
GMOコイン 17.58億円(準備金含む)
DMMbitcoin 12億9000万円
bitbank 11億3100万円(資本準備金含む)
みんなのビットコイン 1億3千万円
2-5-2.小田社長が信頼できる

ビットポイント小田 玄紀

小田 玄紀
株式会社ビットポイントジャパン 代表取締役社長1980年生。東京大学法学部卒業。

大学在籍時に起業。その後事業を売却し、その資金を元手にマッキンゼー出身者たちと共に投資活動おこなう。「頑張る人が報われる」をコンセプトに、起業家や社会起業家の事業立上げ・経営支援を行う。株式、FX、債券などの投資にも精通し、現在では仮想通貨関連の書籍やテレビの監修なども多く手掛ける。金融・投資のスペシャリストとして活躍している。2016年3月にリミックスポイントの完全子会社として初の仮想通貨交換所であるBITPoint(ビットポイント)を立上げ、同社代表取締役就任。

相当なキャリアの持ち主です。学生の頃に起業していたり、投資経験がかなり豊富だということで、そんなお方が運営する取引所なので、かなり信頼性できるのはなないでしょうか。

2-5-3.業界最高水準のセキュリティ

ビットポイントセキュリティ

  1. サービス開始から一度もサーバー停止・ハッキング被害なし
  2. 管理体制に70%〜80%リソースを割いている

ビットポイントでは、仮想通貨の売り時や、買い時を逃すことがないように環境が整備されています。具体的には、入口対策、出口対策、もちろん社内管理体制の3面からセキュリティを行なっているとのこと。

2-6.信託保全によりビットポイントが破綻しても返金される

ビットポイント 信託保全

日証金信託銀行株式会社にお客様から預かった金銭を信託し、当社の資産と区分して管理を行います。このことにより万が一、当社に経営上の問題が生じた場合であっても顧客資産は保全されるため、お客様にとって、より安心・安全で信頼のおける仮想通貨取引を行うことができる環境が実現します。

日証金信託銀行の信託保全スキームは2017年4月1日の改正資金決済法の施行とともに終了したとのことでした。ただし仮想通貨、日本円共に分別管理は行っているとのことです。

ビットポイントは、ユーザーから預かった金銭を日証金信託銀行株式会社に信託し、ビットポイント上のの資産と区分して管理を行います。

このことにより万が一、かつてのコインチェックのように、経営上の問題が生じた場合であっても、顧客資産は保全されます。したがって、ビットポイントではより安心・安全で信頼のおける仮想通貨取引を行うことができる環境が実現されるでしょう。

2-7.税金計算が簡単に出来るシステムも導入

ビットポイント税金計算仮想通貨で発生した税金を計算する際には通常、取引履歴をダウンロードし、税金計算ツールに入力しなければなりません。初心者にはややこしくて、おっくうですよね。

ビットポイントでは、仮想通貨取引での税金計算が簡単に出来るシステムが導入されています。ですので、今までのめんどくさい作業が解消されます。

取引照会から実現損益を確認すると、「実現損益円換算合計」を自動的に表示してくれます。この部分に表示された金額で確定申告をするだけなのでとても簡単となりました。 

3.ビットポイントの3つのデメリット

ビットポイントデメリット

1.取引が成立しにくいケースがある?

2.スプレッドがやや広い?

3.クレジット入金ができない?

3-1.取引が成立しにくいケースがある?

f:id:kk3marketer:20180810211746j:plain

1位:bitbank(35%),2位:Zaif(20%),3位:bitFlyer(18%),4位:coincheck(7%),5位:BITPOINT,GMOコイン(同率5%)

ビットポイントは、ビットバンク・ビットフライヤーザイフと比べて、まだユーザー数が少ないです。ユーザーが少ないと、流通量が少なく、取引が成立しにくいデメリットが生まれてしまいます。

しかし、ザイフやビットフライヤーの体制が懸念されるいま、順調に運営できているビットポイントが爆発的にユーザーが増える見込みがあります。今後に期待です。

3-2.スプレッドがやや広い?

結論を言うと、ビットバンクよりはまだスプレッドが広いです。

  スプレッド(%)
Bitbank 0%〜
BITPoint 0%〜5%
bitFlyer 0%〜10%
DMMbitcoin 0.5%〜10%
GMOコイン 3%〜10%

表をみるとわかる通り、他の取引所よりやや狭い%となります。

ただし、ビットポイントのスプレッドは、まだユーザー数が少ないこともあって、一時的にスプレッドが広くなることがあります。他の取引所でも一緒ですが、価格変動が大きい時は特にスプレッドが広がってしまいます。

こちらもユーザー数が増えれば、解決される可能性はおおいにあります。

3-3.クレジット入金ができない?

ビットポイントクレジットカード大手取引所の多くはクレジットカードに対応しております。しかしビットポイントはクレジットでの入金ができません。

ただし、クレジットで入金すると手数料も大きくかかるので、賢い人にとってはデメリットに感じないはず。クレジットを利用している人はやや面倒かもしれませんね。(クレジットで取引する人は情弱説はあるので、ある意味救いになってる?)

4.ビットポイントまとめ

ビットポイントまとめ
ビットポイントは、過去に1回もセキュリティトラブルを起こしたことがなく、運営が非常に優秀です。また、今後は大きな資本力をもってして市場のシェアを大きく獲得していくことが予想されています。

ビットポイントまとめ

・ビットバンクと同じく手数料無料!

・MT4で自動売買ができる!誰でも本格的にトレードができる!

・信頼性が業界トップクラス!ゴックスしても大丈夫!
 

ビットポイントが今後大きくシェアを獲得すれば、取引高が多くなります。ビットポイントの取引高が圧倒的なものになってしまえば、スプレッドも改善され、よりサービスが良くなっていくことでしょう。

 

5.ビットポイントの口座開設方法

ビットポイント口座開設

6.ビットポイントの使い方

ビットポイント使い方

7.ビットポイントのMT4について詳しく

ビットポイントMT4詳細

 

company
商号 株式会社ビットポイントジャパン
仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00009号
貸金業者登録番号 東京都知事(1) 第31660号
代表者 小田 玄紀
本店所在地 東京都港区六本木3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー36階
設立日 2016年3月3日
資本金 44億3,000万円(資本準備金含む)
主要株主 株式会社リミックスポイント