ビットバンクトレード(bitbank Trade)での仮想通貨の買い方/購入方法をわかりやすく解説!

ビットバンクトレードでの注文の仕方がよくわからない・・・
注文方法には何があるのだろう・・・
簡単にトレードできるのかなあ・・・

このような疑問をもつ方も少なくないのではないでしょうか。

確かに、ビットバンクトレードは少しマイナーな取引所で、使い方がよくわからないかもしれません。

でも実は、ビットバンクトレードで取引するのはとても簡単で、誰でもすぐに使いこなせるようになりますよ。

ビットバンク株式会社が運営している点も安心できますよね。

ということで、今回はビットバンクトレードでの通貨の取引の仕方について解説していきます!

BITPOINT

ビットバンクトレード(bitbank Trade)とは

ビットバンクトレード

ビットバンクトレードはビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所。

ビットバンクは現物取引に特化していますが、ビットバンクトレードは仮想通貨FXに特化しています。

ビットコインを使ってのレバレッジ取引をしたい方向けの取引所です。

仮想通貨FX(レバレッジ取引)をするうえで、主に2つの特徴があります。最大レバレッジ20倍

まずは追証がなく、最大レバレッジが20倍である点。

追証とは
追証は追加証拠金の略称。担保となる証拠金が少なくなった時に払う必要がある。

さらに、キャピタルゲインフィーと呼ばれる証拠金以上に損失をしない仕組みをとっている点でも、非常に良心的な取引所です。

 

また、最大レバレッジは20倍。

国内の最高のレバレッジは25倍なので、ほとんど最大のレバレッジをかけることができます。

そのうえ、追証なしのシステムが採用されているので、ハイリターンな一方でリスクは極力抑えられているでしょう。

仮想通貨でレバレッジ取引するのにとても優れた取引所と言えます。

スワップポイント無料

スワップポイントが無料なのもビットバンクトレードの特徴。

スワップポイントとは
スワップポイントはポジションを持ったまま日をまたいだ時にかかる手数料のこと。

他の取引所のスワップポイントと比較してみましょう。

取引所名 スワップポイント
bitbank Trade(ビットバンクトレード) 無料
BITPoint(ビットポイント) 0.035%
GMOコイン 0.04%
DMM Bitcoin(DMMビットコイン) 0.04%

ダントツで安いことがわかるのではないでしょうか。

他に無料の取引所はほとんどないですよ。

長く持ち続けても一切手数料がかからないので、特にポジションをすぐに決済しない方式でトレードする方におすすめです。

ビットバンクトレード(bitbank Trade)で購入するまでの準備

ビットバンクトレードに登録する

ビットバンクトレードに登録する

取引をする前に、まずはビットバンクトレードに登録しましょう。

 

ビットバンクトレードは本人確認をしなくとも登録することができます。

最短2分での登録が可能。

一瞬で終わるので、まだ登録していない方は今のうちに登録しちゃいましょう。

メールアドレスとパスワードの設定

上のボタンをクリックするとこのような画面になります。

ここでメールアドレスとパスワードを設定して登録。

入力したアドレスにメールが届くので、そこに記載されているURLをクリック。

ログイン画面に遷移したら先ほど設定したアドレスとパスワードを入れてログインしましょう。

登録後は二段階認証を設定しておくことをおすすめします。

ビットバンクトレードビットバンクトレード(bitbank Trade)のメリット・デメリット・登録方法・使い方まとめ

ビットバンクトレードに入金する

ビットバンクトレードに入金する

登録が終わったら入金。

ビットバンクトレードは日本円の入金はできず、ビットコインでしか入金できないので注意してください。

BTC預入

入金する時は上のメニュー「入出金」から「BTC預入」を選択。

すると、入金用のビットコインアドレスが表示されます。

そこに記載されているアドレスに、送金元のウォレットからビットコインを送金しましょう。

口座振替(現物)⇆FX

入金したら、上部メニューから「トレード」>「口座振替(現物)⇆FX」を選択。

振替予約

現物口座からFX口座にビットコインを振替えます。

上の画像のようにチェックを入れたあと、数量などの必要事項を入力し、「振替予約」をクリック。

これで入金は全て完了です!

ビットバンクトレード(bitbank Trade)の買い方/購入方法

では、買い方について解説していきます!

取引画面の見方

まずは取引画面の見方から。

BTCFX取引

取引する時は上部メニューの「トレード」から「BTCFX取引」を選択。

限月の切り替え

上部のメニューで限月の切り替えができます。

限月とは
先物取引における、満期日のこと。

限月に達すると自動で決済注文が出されます。

画像に記載されている限月は以下の通り。

  • BTCFX1116
  • BTCFX1123
  • BTCFX1228

「BTCFX1116」は11月16日に自動的に決済注文が出されるという意味で、「BTCFX1123」は11月23日までの取引となります。

そのため、例えば「BTCFX1116」で出した買い注文は、11月16日になれば自動的に決済されるということです。

 

「保有資産概要」では自分が保有している資産を見ることができます。

注文画面と買い板・売り板

その下では注文画面と買い板・売り板を見ることが可能。

注文画面では指値やBBOなどの注文方法を駆使しながら注文することになります。

買い板・売り板ではそれぞれどの価格で何枚あるかを確認できますよ。

指値を出すときは板を意識して取引することも大事です。

約出来

板の下の「約出来」をクリックするとリアルタイムでの出来高を確認することが出来ます。

また、その横の「チャート分析」をクリックするとテクニカル分析をすることが可能。

大きい画面でチャートを確認したいときや、インディケーターを使って分析をしたい時はぜひ利用しましょう。

ポジション注文状況

注文を入れると下部の「ポジション注文状況」に表示されます。

注文が約定したら確認しましょう。

指値注文

ビットバンクトレードでの新規注文には、指値注文とBBO注文の2つがあります。

まずは指値注文から解説していきますね。

指値注文とは
指値注文とは、値段を指定してその値段で注文を出す方法。

その時の値段ではなく、自分で価格を指定します。

指値を選択

「執行条件」で「指値」を選択。

「注文条件」には注文を出したい価格を、USDで入力します。

買いの時は注文価格を現在の価格よりも低くし、売りの時は高くしましょう。

「数量」は取引したい枚数を入れます。

全ての入力を確認したら「新規買注文」または「新規売注文」をクリックして注文完了です。

レバレッジ注文では最初から売りで入ることも出来ますよ。

BBO注文

指値注文以外にはBBO注文というものがあります。

BBO注文とは
BBO注文とは「ベスト・ビッド・オファー」の略。最も高い買い注文(ベストビッド)および最も安い売り注文(ベストオファー)を自動的に選択して注文が執行されます。

つまり、自分で価格を設定する必要はない注文方法ということです。

成行注文とは違う一種の指値注文で、自動的に注文を執行してくれるので、難しいことを考えなくても約定させることが出来ます。

すぐに注文を通したい時に使うのが良いでしょう。

BBOを選択

「執行条件」で「BBO」を選択。

「注文価格」は入力する必要がありません。

注文したい「数量」だけ入力して注文を出します。

注文を出したら「ポジション状況」などを確認して自分の注文を確認しましょう。

仮計算

ビットバンクトレードには「仮計算」という便利な機能があります。

取引の際にはぜひ使いこなしましょう。

注文価格

注文画面の「注文価格」の右側をクリック。

すると、以下のような計算できる画面になります。

計算できる画面

「売買区分」で売りか買いを選び、「注文価格」「決済価格」「注文数量」を入力します。

ここで入力する数値は想定の価格で構いません。

仮計算の結果

たとえば、3000USDで注文して4000USDで売却した時の仮計算の結果はこのようになります。

実際に注文を出す前に、どれくらい利益が出るのかや、売買をする価格を決めておくのが大事ですよ。

ビットバンクトレード(bitbank Trade)で取引する時の注意点

ビットバンクトレードでレバレッジ取引するに当たっていくつか注意することがあります。

レバレッジの変更

1つは、レバレッジの変更は自分では出来ないという点。

ビットバンクトレードではビットコインでレバレッジ取引をするため、ビットコインの価格変動によってレバレッジが自動的に変化します。

取引価格(ドル) 必要取引枚数 証拠金(BTC) レバレッジ倍率
5000 50 0.05 20倍
6000 60 0.06 16.66倍
7000 70 0.07 14.28倍
8000 80 0.08 12.50倍
9000 90 0.09 11.11倍
10000 100 0.1 10倍
11000 110 0.11 9.09倍
12000 120 0.12 8.33倍
13000 130 0.13 7.69倍

ビットバンクトレードでのレバレッジの決定方法は少し複雑です。

1枚=100ドルで、1枚当たりの証拠BTCを0.001BTCとします。

そして、(証拠金)×(レバレッジ)が1BTCになるようにレバレッジが設定されます。

つまり、ビットコインの価格が50万円になるとレバレッジが最大の20倍になるということです。

このレバレッジの変化に慣れるまでは少し時間がかかるでしょう。

手数料が高い

ビットバンクトレードは手数料が少し高めです。

各種手数料を他の取引所と比較してみましょう。

取引所名 取引手数料 キャピタルゲインフィー スワップポイント
bitbank Trade

(ビットバンクトレード)

新規:0.1%

決済:無料

0.2% 無料
BITPoint

(ビットポイント)

無料 なし 0.035%
GMOコイン 無料 なし 0.04%
DMM Bitcoin

(DMMビットコイン)

無料 なし 0.04%

ビットバンクトレードでは、取引手数料とキャピタルゲインフィーの両方がかかります。

キャピタルゲインフィーとは
利益が出たときにかかる手数料のこと。

スワップポイントは無料ですが、取引手数料とキャピタルゲインフィーを合わせて0.3%取られてしまうのは痛いですよね。

ポジションをもつ回数が少ない方向けの取引所と言えそうです。

 

しかし、追証がないことや証拠金以上に損失をしない仕組みがあることを考えれば、妥当な手数料かもしれません。

手数料以外でのリスクが小さくなっていますからね。

ビットバンクトレード(bitbank Trade)まとめ

ビットバンクトレードはビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所。

指値とBBOのシンプルな注文で、初心者の方でもすぐに使いこなせるようになるはず。

取引手数料とキャピタルゲインフィーが高いのが少しネックですが、スワップポイントは無料です。

そのため、あまりポジションをもつ回数が多くない方向けの取引所と言えます。

登録に本人確認は不要で、最短2分で完了。

まだ登録していない方は今のうちに登録しておきましょう!