フィスコ(FISCO)での仮想通貨の買い方/購入方法をわかりやすく解説!

フィスコで通貨を購入したいけどいまいちやり方がわからない・・

注文方法はどれくらい種類があるんだろう・・・

フィスコ仮想通貨取引所の名前は聞いたことあるけど、実際に使ったことはないという方は多いのではないでしょうか。

確かにフィスコはまだ取引所のなかでもマイナーなほうです。

でも、実はフィスコで購入するのは簡単ですし、すぐに慣れますよ。

取引画面がZaifに似ているので、Zaifを使ったことのある方は特に使いやすいでしょう。

通常の取引の他に「簡単売買」もあって初心者でも簡単に取引できるようになります。

まだ登録していない方は今のうちに登録しておきましょう!

BITPOINT

フィスコ(FISCO)の特徴

フィスコの特徴

フィスコは大きな2つの特徴を持っています。

フィスコの取引画面

まず1つは取引画面が大手取引所のZaifに似ているという点。

フィスコとZaifは業務提携をしているので、チャートをはじめとして取引画面が似通っています。

そのため、Zaifを使ったことのある方はとても使いやすいでしょう。

フィスコとZaifでしか扱っていない通貨もありますよ。

さらに、先日、フィスコはZaifからの事業譲渡を発表しました。

これからユーザーも増え、盛り上がってくことが予想されます。

フィスコの事業譲渡

フィスコ仮想通貨取引所の母体である株式会社フィスコはJASDAQの上場企業。

主に、投資に関する情報を提供している企業です。

そのため、金融業に関する知見はとても深いと考えられます。

仮想通貨取引所を選ぶ上でセキュリティは最も重要と言っても過言ではありません。

その点、フィスコなら安心して取引できますよ。

フィスコ(FISCO)で購入するまでの準備

ではまずは購入するまでの準備を解説します。

フィスコに登録する

なによりも先に取引所に登録をする必要があります。

まだ登録していない方はこちらから登録できますよ。

 

登録の流れは以下の通り。

登録の流れ
  1. メールアドレスの登録
  2. 基本情報の入力
  3. 本人確認

さらに、本人確認の際に本人確認書類が必要。

右記いずれか1点 運転免許証、住基ネットカード、
マイナンバーカード、在留カード
右記の2点 日本国パスポートまたはビザと、

公的証明書または公共料金の明細書

右記いずれか2点 公的証明書、公共料金の明細書

登録の前に以上のものを用意しましょう。

登録方法は以下の記事で解説しています!

FISCO(フィスコ)仮想通貨取引所とは?評判・特徴・メリット・デメリット図解まとめ【徹底解説】

本人確認まで済ませるためには数日かかるので、できるだけ早く済ませておくことをおすすめします。

フィスコに入金する

登録が終わったらフィスコに日本円を入金しましょう。

日本円の入金

入金するためには、まず左上の「アカウント」をクリック。

アカウントをクリック

すると、「日本円入出金」という項目があるのでクリックします。

登録のお名前とユーザー識別用の数値(ユーザーID)を入力。

フィスコは銀行振込に対応。

即日、また翌営業日に入金されます。

フィスコ(FISCO)の買い方

では、買い方について解説します。

取引画面の見方

まずは取引画面の見方から。

取引画面の見方

  • チャート・・・通貨の値段の推移を見ることができる。左上で通貨ペア、左下でテクニカル指標の変更が可能。
  • 注文画面・・・実際に注文を出す画面。買いと売りを2種類の方法で出すことができる。
  • 板情報・・・現在出されている注文を見ることができる。
  • 取引履歴・・・全取引履歴を見ることができる。

全体的にシンプルな画面ですね。

では、注文画面について詳しく解説していきます。

簡単売買

初心者の方は簡単売買で取引するのがおすすめ。

簡単売買

先ほどの画面の、右上の「簡単売買」をクリック。

すると、以下のような画面が表示されます。

購入画面

購入したいビットコインの金額、または日本円の金額を入金するだけでOK。

簡単売買ではフィスコが保有している通貨を購入することになります。

そのため、このように買いたい量を入力するだけで簡単に取引できるのですね。

「ビットコインを買う」ボタンをクリックしたらすぐに注文完了です!

主要通貨取引

次は通常の取引です。

基本的にはこの取引画面で注文するのがおすすめ。

主要通貨取引

まず、チャート左上のプルダウンをクリックし、取引したい通貨ペアを選びます。

通貨ペアの選択

すると、右側の注文画面が選択した通貨のものになります。

フィスコでは、成行注文はなく、指値注文しかすることができません。

指値注文とは
購入する価格を決めて注文する方法。

そのため、通貨を注文したい価格を入力する必要があるのです。

購入する時は現在の価格よりも低い価格に注文を入れるようにしましょう。

入力したら、購入したい通貨の数量を入力し、「買い注文」をクリックして注文完了です。

トークン取引

フィスコでは様々なトークンを取引することができます。

トークン取引

トークンを買う時はチャート右上の「トークン」を選択。

そして、左上のプルダウンからトークンの通貨ペアを選びます。

通貨ペアの選択

主要通貨取引と同じように、指値でしか注文できません。

注文したいトークンの価格と数量を入力。

内容を確認して「買い注文」をクリックしたら注文完了です!

リミット買い・リミット売り

フィスコの特殊な注文方法として「リミット買い・リミット売り」というものがあります。

リミット注文とは
買い注文と同時に利確、または損切り注文を出すことができる方法。

買い注文を出す時は、その価格よりも高い値段でリミット売りと設定することで、その値段に達した時に自動的に売り注文が出されます。

リミット注文

数量を入力する欄の下にリミット売りの価格を入力。

リミット売りをする時も、通常の取引と同じように価格と数量は入力しましょう。

特殊な注文方法なので、使い慣れるのに少し時間がかかるかもしれないですが、自動で注文できる便利なものなので、ぜひ使ってみてください。

フィスコ(FISCO)で購入した通貨の確認方法

注文を出したら右下の「注文と履歴」の「アクティブな注文」に出した注文が表示されます。

注文の確認

注文が約定すると「取引履歴」に表示されます。

注文した内容と合致しているか確かめましょう。

また、画面上部で保有資産を確認することもできますよ。

フィスコ(FISCO)の買い方まとめ

フィスコは取引所の中でも注文方法が少なく、シンプルなのが特徴。

Zaifの注文画面とも似てますし、指値注文を中心に取引することになるので、初心者の方でもすぐに使いこなせるようになりますよ。

他にも多様な通貨ペアやセキュリティなど、たくさんの魅力があります。

まだ知名度は低いですが、今後盛り上がって行くこと間違いなしです。

殺到する前に、今のうちに登録しておきましょう!