仮想通貨のレンディングとは?儲け方と方法からリスクまでを解説

「仮想通貨のレンディングってなに?」
「仮想通貨のレンディングで稼げるってほんと?」
「仮想通貨のレンディングのやり方やリスクについて知りたい」

このような疑問を抱えていませんか?

仮想通貨のレンディングとは一言でいうと「仮想通貨を貸して金利を得るサービス」で、仮想通貨の売買をする時間のない方や、売買が上手くいかないという人に向いています。

しかし、仮想通貨のレンディングについて何も知らないままでは不安ですよね。

そこで、本記事では仮想通貨のレンディングについて紹介していきます。

Coincheck

仮想通貨のレンディングとは

仮想通貨を見つめる男性
仮想通貨のレンディングとは、ご自身が保有している仮想通貨を仮想通貨取引所に預けることで金利を得るサービスです。

仮想通貨女子
日本の銀行に日本円やドルを預けて金利を得られるのと似てるね!
仮想通貨トレーダー
仕組みとしては同じですね。もし、取引所に仮想通貨を預け入れれば、預入期間に応じた利子を受け取ることができますよ!
仮想通貨女子
仮想通貨で売買するよりもこっちの方が私に合ってるかも!

通常の仮想通貨の運用は売買を基本的に行いますが、初心者の方で売買をする時間のない方やうまく運用する自信のない方は、取引所が行なっている仮想通貨のレンディングサービスを利用してみてもよいでしょう。

仮想通貨レンディングのメリット

仮想通貨レンディングのメリットは主に以下の3つです。

  • 預けているだけで金利を得られる。
  • 日本の銀行に比べて金利が高い。
  • 仮想通貨の売買をする時間のない方でも比較的安定的に利益を得ることができる。

順に紹介していきます。

預けているだけで金利を得られる

大きな価格変動が頻繁に発生する仮想通貨市場で利益を継続的に上げていくことは簡単ではありません。

しかし、仮想通貨レンディングは資産を取引所に預けておくだけですので、トレード初心者でも知識を必要とせずに利益を上げていくことができます。

日本の銀行に比べて金利が高い

日本の銀行預金の金利は「0.01%」と非常に低く、銀行に預けておいても資産が増えていくことはありません。

しかし、仮想通貨レンディングの場合は、取引所にもよりますがはるかに大きい約5%もの金利を得ることができます。

効率的に資産を増やせる

日本では銀行口座にお金を預けるだけで金利を考えて銀行にお金を預けている人は少ないはずです。さらに、日中で仮想通貨の売買を行える人も多くはないはずです。

仮想通貨レンディングの場合は「お金を預けるだけ」で金利を得られます。取引所に預けるだけで何倍も大きな利率で資産を増やせますので興味のある方は少額からはじめてみてはどうでしょうか。

仮想通貨レンディングのリスク

Risk
仮想通貨レンディングのリスクは主に以下の2つが挙げられます。

  • レンディング中は仮想通貨の売買や送金ができない
  • レンディング中に取引所が破綻すると預けた仮想通貨を失う

順に解説します。

レンディング中は仮想通貨の売買や送金ができない

仮想通貨レンディング中は、レンディングの期間が設定されているため、貸し出した仮想通貨を売買したり取引するなどといったことができません。

取引所にもよりますが、レンディング中に途中解約して資産を引き出すことも可能です。しかし、その際には途中解約手数料が発生します。

レンディング中に取引所が破綻すると預けた仮想通貨を失う

レンディング中に取引所が破綻してしまうと取引所に預けた資産は高い確率で戻ってきません。

そのため、レンディングサービスの補償面については慎重にチェックした上で、利用する取引所を選ぶ必要があります。

仮想通貨のレンディングはこんな人におすすめ

仮想通貨のレンディングは以下のような人におすすめです。

  • 仮想通貨を長期保有していたい。
  • 日中は他にやることがあり取引ができない。

仮想通貨のレンディングをしている間は、あえて無理に引き出す必要もありませんし引き出す際には手数料が発生しますので、チャートを常に見張っておく必要がありません。

仮想通貨をガチホして長期保有し後々売買したいという方も、出し入れできない不便性はありますが、レンディングの方が金利で利益を増やせるためお得です。

仮想通貨レンディングを行っている取引所

仮想通貨のレンディングサービスを提供している企業は以下の6つです。

  • Coincheck
  • GMOコイン
  • bitbank
  • CoinOn
  • Poloniex
  • bitfinex

それぞれの取引所が定めているレンディングの詳細について確認してみましょう。

Coincheckの仮想通貨レンディング

Coincheck
コインチェック公式サイト/

Coincheck
利率 1~5%
取り扱い通貨数 9種類
貸出期間 14日、30日、90日、365日
貸出タイミング 任意
貸出数量 最低10万円分
中途解約 不可
手数料 要確認
返還までの日数 満期日の翌日から起算して6営業日以内

Coincheckでは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアムクラシック(ETC)、リスク(LSK)、ネム(XEM)、ライトコイン(LTC)、ファクトム(FCT)の全部で9種類の通貨を扱っており、2019年6月からはモナコイン (MONA)の取り扱いも開始すると発表しています。

貸し出しの期間によって利率が代わり、最大365日の貸し出し期間で利率が5%となります。

国内の取引所では普通ですが、海外と比べると利率の低さが残念です。

Coincheckは年率1〜5%で仮想通貨をレンディングすることができますが、ユーザーには海外の取引所と比べられて良い評価はされていません。

GMOコインの仮想通貨レンディング

GMOコイン
GMOコイン公式サイト/

GMOコイン
利率 5%
取り扱い通貨数 5種類
貸出期間 BTC:90日間
アルトコイン:150日間
貸出タイミング 募集期間内
貸出数量 10~100BTC
100~1000ETH
50~500BTC
300~3000LTC
100000~1000000XRP
中途解約 可能
手数料 5%
返還までの日数 決済日当日

GMOコインはビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)の5種類の通貨を取り扱っています。

CoincheckとGMOコインを比較すると、取り扱い通貨数や貸し出し期限でCoincheckが勝っているため、利用のしやすさでいうとCoincheckに少し軍配が上がります。

しかし、GMOコインを利用すれば途中解約ができることや決済日に通貨を引き出せることなどのメリットがあります。

国内取引所に資産を預けての運用が合うユーザーさんもいます。仮想通貨で売買だけではなく、仮想通貨レンディングでの運用も視野に入れてみてもよいでしょう。

bitbankの仮想通貨レンディング

bitbank
bitbank公式サイト/

bitbank
利率 3%〜5%
取り扱い通貨数 BTC
貸出期間 365日
貸出タイミング 募集期間内
貸出数量 1~25BTC
中途解約 可能
手数料 5%
返還までの日数 契約期間満了後10日以内

bitbankは取引所でGMOコインはビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、モナコイン (MONA)の6種類の通貨を取り扱っていますが、仮想通貨レンディングできる通貨はビットコインのみです。

貸出期間が365日しか選べない不自由さはありますが、途中解約は可能になっています。

bitbankはメイカー手数料が0円だったり、取引すればもらえるマイナス手数料になったりと国内の取引所では手数料が安いことで有名です。

公式サイトの記載によれば、今後取り扱い通貨を増やすとのことで、XRPの取引量が最も多いbitbankでのレンディングを待ちわびているユーザーさんもいます。

CoinONの仮想通貨レンディング

CoinOn
CoinOn公式サイト/

CoinOn
利率 10.1%
取り扱い通貨数 1種類
貸出期間 1日
貸出タイミング 要確認
貸出数量 1BTC以上
中途解約 可能
手数料 要確認 (解約手数料は無し)
返還までの日数 引き出し申請から5営業日以内

仮想通貨レンディングサービス「CoinOn」は、株式会社VOYAGE GROUPとカウンティア社が合併して運営しているサービスです。

取り扱っている通貨はBTCのみですが、貸出期間が1日、と貸出数量なのでサービスを比較的利用しやすい条件と言えます。

ネット上の声ではCoinOnへのポジティブな声が多く、中には利益を出しているユーザーさんも見られました。

国内取引所の仮想通貨レンディングサービスのほとんどが5%なのに対して、その2倍の利率は魅力的です。

Poloniexの仮想通貨レンディング

Poloniex
Poloniex公式サイト/

Poloniex
利率 0%~
取り扱い通貨数 12種類
貸出期間 2日
貸出タイミング 任意
貸出数量 通貨による
中途解約 不可
手数料 付与された利息の15%
返還までの日数 1日

海外の大手取引所Poloniex(ポロニエックス)の貸仮想通貨サービスでは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、ダッシュ(DASH)、モネロ(XMR)、ファクトム(FCT)などの通貨に対応しています。

Poloniexの大きな特徴は、レンディングを自動で実施してくれる「レンディングbot」、「Bitseeder(ビットシーダー)」を使用できる点です。

botが再貸出や金利の設定などを自動で行なってくれるため、手間が省けるメリットがあります。また、ビットシーダーは日本語に対応しているため、海外取引所ではあるものの日本人にとって利用しやすいサービスです。

Poloniexへのネットの声はネガティブなものが多かったです。

レンディングサービスを利用する以上、大切な資産を守るためにも、レンディングにおけるリスクを考慮した上で資産を貸し出すようにしましょう。

bitfinexの仮想通貨レンディング

bitfinex
Bitfinex公式サイト/

bitfinex
利率 0%~
取り扱い通貨数 21種類
貸出期間 2日
貸出タイミング 任意
貸出数量 50ドル〜
中途解約 不可
手数料 付与された利息の15%
返還までの日数 最短1日

海外の人気取引所であるbitfinexは21種類もの仮想通貨に対応しています。国内取引所では取引所を介して行われますが、bitfinexでは個人同士のマッチング取引であるため、利率は変動します。上記の表で利率が「0%〜」と表示しているのはそのためです。

ネットにも「20%の利率になった」という声も見られ、利率が大きいときには30%〜40%の利率になることも珍しくないとのこと。取り扱う仮想通貨によって変動しますので、21種類の中でどの通貨を使うかも重要になります。

bitfinex利率が良いという声と悪いという声が両方見られます。運用のタイミングや通貨、運営資金量によっても個人差が出ますので損失を出すリスクもあれば利益となることもあります。

仮想通貨のレンディングにも税金はかかる?

仮想通貨のレンディングでは税金は発生します。

一般の方は、利益を20万円(扶養の方は33万円)以上出すと確定申告が必要になり、確定申告の際にはレンディングは「雑所得」で処理されます。

もし、レンディングで利益が確定した際には、利益分の仮想通貨はその時のレートで計算されます。

仮想通貨をずっと保有していてもいつかは決済する日がきます。いつ引き出しても税金の手続きができるように事前に仮想通貨の税金については調べておきましょう。

まとめ

・仮想通貨レンディングとは資金を貸し出してその利子で利益を得る運用方法。
・仮想通貨レンディングの利率は国内よりも海外の方が2倍ほど高い。
・国内の取引所ではCoincheck、GMOコイン、bitbankの3社がレンディングサービスを提供している。
・日本の銀行に預けるよりも利率が何倍も高く、資産を増やしやすい

仮想通貨のレンディングのメリットや各種サービスの比較をしてみましたが参考にしていただけましたでしょうか?

仮想通貨レンディングは通常の売買やガチホよりも長期的にコツコツ資産を増やしていける投資手法で、年々認知されつつあります。

そして、2018年は仮想通貨市場が長期的に低迷していましたが、2019年には徐々に価格を回復させています。

この機会にレンディングサービスの使用を検討してみてはどうでしょうか?