DMM Bitcoin(DMMビットコイン)でのリップルの購入・入出金・送金方法、手数料を徹底解説!

DMM Bitcoinでリップルを買う方法を知りたい・・・
リップルのレバレッジ取引難しそう・・・

このような疑問がある方も少なくないのではないでしょうか。

でも、DMM Bitcoinはとても使いやすい取引所なので、とても簡単に取引することができます。

レバレッジ5倍、取引手数料無料でリップルの取引が可能です。

お得ですし、低いレバレッジなので初心者の方でも比較的安全に取引できますよ。

リップルのレバレッジ取引ならDMM Bitcoinがおすすめ。

まだ登録していない方は今のうちに登録しておきましょう!

BITPOINT

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)とは

DMM Bitcoinとは

DMM Bitcoinは株式会社DMM Bitcoinによって運営されている仮想通貨取引所です。

多様な通貨ペアでレバレッジ取引ができることが大きな特徴。

取り扱い通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • イーサリアムクラシック(ETC)

現物取引できるのはビットコインとイーサリアムだけで、あとはレバレッジ取引のみの取り扱いとなります。

通貨ペアは14種類もあり、国内取引所では最大級に多いです。

そのため、アルトコインのレバレッジ取引をするならはずせない取引所と言えるでしょう。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)ではリップルのレバレッジ取引しかできない

DMMBitcoin1周年レバレッジ

先ほども少し説明した通り、リップルはレバレッジ取引しかすることができません。

現物取引はできないので注意してください。

レバレッジは固定5倍となっており、あまり高くないので初心者の方でも比較的安全に取引できるでしょう。

レバレッジ取引の際は様々な注文方法を使うことができ、状況によって使い分けることができます。

そのため、初心者だけでなく中・上級者にも広く使われているようです。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)でのリップルの買い方・購入方法

リップルの購入は以下のような流れになります。

リップルの買い方

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)に登録する

まず、まだDMM Bitcoinに登録していない方は今のうちに登録しておきましょう。

 

スクロールすると、メールアドレス入力画面になるので、アドレスを入力します。

「同意して登録する」ボタンをクリックすると入力したアドレス宛にDMM Bitcoinからメールが届きます。

そのメールに記載されているURLをクリックし、パスワードを登録したら仮登録が完了です。

次に個人情報の入力をします。

個人情報入力画面

氏名や住所などを入力しましょう。

入力したら本人確認書類の提出です。

本人確認書類の提出

顔写真ありの身分証であれば1枚、顔写真がなければ2枚の写真を提出します。

アップロードしたら提出完了です。

そのあと携帯電話と口座を紐づけて手続きは終了。

数営業日後にDMM Bitcoinからハガキが届くので、再びログインして本登録も完了です。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)に入金する

登録が終わったら日本円の入金をしましょう。

DMM Bitcoinの入金方法は2種類。

入金方法
  • クイック入金
  • 銀行振込

おすすめはクイック入金。

24時間即時に無料で入金することが可能ですよ。

クイック入金

入金するときは左メニューの「クイック入金」または「銀行振込」のいずれかを選択。

クイック入金の場合は利用する金融機関を選び、各機関の画面で入金処理を行います。

銀行振込の場合は、表示される銀行口座に入金したい金額を振込みましょう。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)でリップルを購入する

入金したら実際にリップルを購入してみましょう。

DMM Bitcoinの注文方法は以下の通り。

リップルの注文方法
  • ストリーミング注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文
  • IFD注文
  • OCO注文
  • IFO注文

レバレッジ注文ということもあり、多様な注文方法を使うことができます。

この中でオーソドックスな注文方法は「ストリーミング注文」と「指値注文」。

他の注文方法は少しマイナーな方法なので、今回は割愛します。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)での仮想通貨の買い方/購入方法をわかりやすく解説!

注文画面までの遷移は以下の通り。

取引画面

マイページ左メニューの「取引開始」をクリック。

注文画面

すると、取引画面が表示されます。

右側が注文画面で、ここで注文を出すことになります。

注文画面

リップルを取引するときは「レバXRP/JPY」をクリック。

これで通貨ペアを選ぶことができます。

ストリーミング注文

まずはストリーミング注文のやり方から。

ストリーミング注文とは
そのときの表示されている価格で出す注文方法

ストリーミング注文は、表示されている価格でボタンを押して注文を出すだけ。

非常に簡単なので初心者の方はまずストリーミング注文をすると良いでしょう。

ストリーミング

まず、右上の「注文タイプ」から「ストリーミング」を選択。

数量

「数量」で注文したい数量を入力します。

注文

あとはボタンを押して注文するだけ。

とても簡単ですよね。

指値注文

慣れてきたら指値注文も使っていきましょう。

ストリーミング注文と並んで基本的な注文方法です。

指値注文とは
価格を指定して注文を出す注文方法

指値注文では、指定した値段に達したときに自動的に注文が約定します。

ずっとチャートを見る必要がないので、便利な注文方法ですよ。

指値

まず、「注文タイプ」から「指値」を選択。

数量を入力

注文したいリップルの数量を入力。

注文レート

「注文レート」に注文を出したい価格を入力します。

買い注文のときは現在価格よりも安く、売り注文のときは現在価格よりも高く設定することに注意しましょう。

内容を確認して注文ボタンを押し、完了です。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のリップルの取引手数料

次に、取引するときの手数料を見ていきましょう。

取引手数料

取引手数料 無料

取引手数料は無料です。

何度取引しても一切かからないので、とてもお得ですよね。

レバレッジ手数料

レバレッジ手数料 0.04%/日

レバレッジ手数料とは、レバレッジ取引のポジションを翌日まで持ち越したときにかかる手数料のこと。

0.04%は平均的なレバレッジ手数料と言えます。

長くポジションを持つのに向いてる取引所とは言えませんが、ポジションを長く持たなければかからない手数料ですので、短期間でトレードを繰り返す分には問題ないでしょう。

スプレッド

手数料の他見えない手数料と呼ばれるスプレッドもかかるので注意しましょう。

スプレッドとは
買値と売値の差。
スプレッド 1〜2%

DMM Bitcoinは他の取引所より少しスプレッドが大きく、取引する上で不利です。

スプレッド

注文画面に表示されているこの売値と買値の差がスプレッドです。

この場合はスプレッドは0.4円。

つまり、0.4円以上の利益を最低でも出さないと必ず損してしまう仕組みなのです。

値動きが少ないと損することも多いので注意しましょう。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)でリップルの入金・出金(送金)はできない

DMM Bitcoinでリップルの入金・出金をすることはできません。

リップルはレバレッジ取引にしか対応していないからですね。

基本的には日本円を入金して、それを証拠金に取引するという流れになるので注意してください。

[まとめ]DMM Bitcoin(DMMビットコイン)でリップルを取引しよう

リップルのレバレッジ取引をするならDMM Bitcoinがおすすめ。

レバレッジ5倍、取引手数料無料でレバレッジ取引ができます。

初心者の方でも使いやすく、すぐに使い慣れることでしょう。

リップルの他にも6種類の通貨でレバレッジ取引ができるので、アルトコインFXをするなら外せない取引所です。

まだ登録していない方は今のうちに登録しておきましょう。