もう遅い?まだ仮想通貨で億り人のチャンスがある3つの理由

 

この記事を開いた、あなたは、もしかすると以下のように思っているのではないでしょうか。

  • 仮想通貨?何だか、よくわからないだよなぁ
  • 難しそう、素人が手を出すものじゃない
  • めんどくさそう、腰が重い
  • だけど、今、儲かるらしいな

結論を先に言うと、仮想通貨の取引にチャレンジしてみること強くオススメします。少しでも時間と余剰資金(1000円〜でも可)があるなら試すだけでも良いです。 

なぜ、そう言えるのか?

私が考える理由としては大きく3つあります 

  1. 市場がとにかく熱いから
  2. おそらく2018年にバブルは終わると予想しているから
  3. 意外と難しくなく、学生でも成果が出ているから=市場がぬるい

正直に言うと、現状、仮想通貨は投資とギャンブルの中間にありますが、それでも、宝くじを買ったり、競馬に行ったり、低レートのパチンコを行うよりも一攫千金の可能性は高いことは断言できます。

また、無駄なお金を使うくらいなら、最先端のサービスの投資に挑戦して、失敗する方が、むしろ経験や知識が身に着くと筆者は考えています。不確実はつきものですが、それでも、今、仮想通貨(ビットコイン)に参入する理由を詳しくお伝えしていましょう。

2018年1月に書いた記事です。

今、参入すべき理由① 仮想通貨の市場が爆上がりしたから

f:id:kk3marketer:20180107060834j:plain

evidence:ビットコインの価格はいずれ10分の1になる 東洋経済オンライン

市場としては、2017年頭には約2兆円だった時価総額が、2017年の終わりには40兆円前後まで膨れ上がっています。これは単純計算で20倍ほど。

また、数字だけではなく、仮想通貨を利用した取引やサービスなどが企画され、人々は「仮想通貨の可能性」に投資をしているように思います。

ビットコイン以外のコインの可能性もすごい

仮想通貨には有名な「ビットコイン」の他に、「アルトコイン」という投資先があります。 「アルトコイン」というのは、一般的に知られていないビットコイン以外のコインを指します。

年明けに、「アルトコイン」であるリップルという通貨が高騰しました。これにより、年末に「リップル」を購入していた人は資産が2倍に。5万が10万に、50万が100万になっていたのです。こうした出来事から、仮想通貨投資へのまだ途絶えない希望がより濃いなと、筆者は直感しました。

銀行間の送金に、仮想通貨が活用される期待。そして、その通貨には「リップル」が採用されたとのことで、市場は大きく盛り上がりを見せたのです。

これからもこうした、実際に通貨が何かしらのサービスやフィンテック界隈で採用されるニュースが報じられる度に、価格は高騰するでしょう。

仮想通貨リップル、時価総額2位に 送金での活用に期待 :日本経済新聞

草コインもすごい

f:id:kk3marketer:20180109030059j:plain

海外の取引所を使用すれば、まだメジャーになっていない仮想通貨がたくさん発行されています。うまく見極めて、投資すれば、莫大な利益が得られる可能性もあります。

↘︎ Check! ↘︎
草コイン投資とは?サルでもわかる有望な草コインの見分け方と儲け方

今、参入すべき理由⑵ 学生でも儲かるぬるい市場

年明けにアルトコイン「リップル」を購入していれば、見ての通りバブリィへ

今や学生でも100万〜1000万円の利益を出している急成長の市場なのです。僕の周辺の大学も、資金が何倍にもなっています。実際にアホな大学生である僕も、仮想通貨の取引をちょこちょことゲーム感覚で行い、バイトしなくても良い、お小遣いくらいのお金を儲けることができました。

2019年には大学生が1億の資産を形成してるかも!?

私たちが思っている以上、当たり前の基準が時代の変化により大きく変わってきているのです。時代の節目ですねぇ。

参考暇な大学生こそ5万円握りしめて仮想通貨を始めるべきただ1つの理由

今、参入すべき理由⑶ 2018年6月ごろにバブルは終わるかも

f:id:kk3marketer:20180108214431j:plain

引用:話題のビットコイン、知ってる?持ってる? ビットコインに関する調査(マクロミル調べ)|株式会社マクロミルのプレスリリース

 ただ、バブルというのは、いつか崩壊します。そして、その崩壊する時というのは、価格が適正される際だと筆者は考えています。

リサーチ会社のマクロミルの調査によると、ビットコインの認知度は88%!しかし、意味までを知っている人は31%、保有率は2.7%。(2017年11月)

つまり、まだ「知ってるが、まだ買っていない人」が90%以上を占めるわけです。なので2018年1月現在、ビットコインの価値自体について調べ、深く理解している人は少ないのです。

時が経てば経つほど、実際に保有する人は多くなる

ただ、2018年になって、この「ビットコインを知っていて、かつ、買っている人」の割合が増えると予想されます。そうすると、ビットコインの価格に対しての大衆のリテラシーが追いつき、「この価格は過大評価だ」と認識できる日が来ると考えています。

したがって、今は、みんなが揃って「よくわからないが、儲かりそうだから」といった理由で投資しているといったヌルい市場から、適正価格で厳重に取引される市場の未来が見えます。だからこそ”今”なのです。

ビットコインの保有で大儲けできるのは、わりと「まだ大衆の理解が追いついていない」今がチャンスであることをお伝えしておきます。

結論 手を出すには、遅くない

f:id:kk3marketer:20180108222936j:plain

事情に詳しい関係者によると、同社は上場の準備を進めており、早ければ2018年中の可能性もある。

引用:2018年は「ユニコーン元年」 —— メルカリ、bitFlyer、高速バスにIPOの期待高まる | BUSINESS INSIDER JAPAN

仮想通貨の取引所であるビットフライヤー株式会社は、2018年以内に早ければ上場するかもしれないといった情報が流れています。日本人のほとんどの全員が、仮想通貨取引所を使っている時代が来れば、おそらく今のようにスリリングで面白い価格変動によって、「億り人」まで資産を増えることはなくなるでしょう。

なぜかというと、前述した通り、人々の認知が高まれば、仮想通貨に対する適切な価値を判断することができるようになるからです。

しかし、今は良い意味で市場がマヒしています。今から手を出して、いち早く情報を手にすることができれば、きっと美味しい思いをできることを確信しています。

P.S.2018年、7月から参入するなら、下げ相場でも勝てるFXのショートしかないかもしれません。

もし、挑戦してみたいという人はGMOコインをオススメします。 

この記事を見た人はこんな記事も見ています。