Liquid by QUOINE(リキッド)仮想通貨取引所とは?メリット・デメリット・評判まとめ

  • コインチェック・Zaifやらかしたけどリキッドは大丈夫なの?
  • 最近名前が変わったけど実際どう違うの?
  • リキッドの使い心地はいかほど?
  • 他の取引所と比較して評判はどうなの?

もしかすると、この記事を見ているあなたは2018年9月5日に大型リニューアルした取引所リキッドに興味をお持ちなのでは。

結論から言うと、Liquid by QUOINE(リキッド)は仮想通貨の流動性を高めるシステムを取り入れた今までに無い取引所です。

※以前はQUOINEXという名前で知られていた取引所ですが、2018年9月5日に大型リニューアル。Liquid by QUOINE(通称:リキッド)と言う名に変え、今までに無い魅力的な機能が追加されました。

この記事では、そんな今話題の仮想通貨取引所リキッドのメリット・デメリット・手数料・評判についてまとめました。

この記事を最後まで読めば、リキッドがどのような潜在的能力を秘めた取引所なのか、十分に理解していただけるでしょう。本当にあなたが解説すべき取引所かどうかの判断も下せます。

 

仮想通貨女子
正直、取引所はもうビットポイントかリキッド以外、使えないレベルだよ…
仮想通貨トレーダー
大型リニューアルで名前を変えることは、ある意味リスクでありますが、そのくらい自信と実力を秘めた取引所だと言えるでしょう。

 

\流動性が高い!いま話題の取引所/
BITPOINT

1. Liquid by QUOINE(リキッド)とは

リキッドとは

リキッドとは一言でいうと、リキッドは仮想通貨の流動性を高めるシステムを取り入れた今までに無い特徴を持ち、あらゆる取引のマッチングを最速で叶えてくれる取引所です。

さらに、充実した機能性や使い心地などユーザー目線でのメリットも多く、日本、シンガポール、ベトナムにオフィスを構える、アジア最大級の仮想通貨取引所としても知られています。

以前はQUOINEX、QRYPTOSという2つの取引所を運営していたのですが、2018年9月5日の大型リニューアルを機に合併。そして誕生したのが、仮想通貨の流動性にフォーカスした取引所、リキッドなのです。

そんなハイクオリティーな取引所リキッドの運営元とは、一体どのような会社なのでしょうか。

Company
社名 QUOINE株式会社
設立 2014年11月
資本金 約20億円(資本準備金含む)
所在地 東京都中央区 京橋二丁目2番1号
代表取締役社長 栢森 加里矢

f:id:Tripler-taka:20180930000223p:plain  画像引用:プロを訪ねて三千里【第12回】栢森加里矢氏|プロを訪ねて三千里(対談)|マーケット千里眼 -経済・市場分析-|MONEYKit – ソニー銀行

仮想通貨女子
資本金も十分だね。
仮想通貨トレーダー
取締役の栢森さんも素晴らしい経歴の持ち主です。

 

 

このような会社概要の他にも、QUOINE株式会社では金融庁から仮想通貨交換事業者として、第一号登録されてます。

また、JASDAQ、ジブラルタル証券取引所との連携していることなど、世界的な仮想通貨企業として信頼できる点が多くあります。

では、そんなリキッドにはどのような特徴やメリットがあるのでしょうか。
リキッドの特徴・メリットについて、以下をご覧ください。

仮想通貨トレーダー
思わず新規登録したくなる特徴・メリット。必見です。

 

 

2. Liquid by QUOINE(リキッド)における7つの特徴・メリット

リキッドのメリット

リキッドの特徴・メリットとしては以下の7つがあります。

  1. ワールドブックによる高い流動性の実現
  2. クロスカレンシー換算エンジン
  3. スマートオーダールーティング
  4. 最高レバレッジ25倍
  5. 独自の通貨QASHを取引できる
  6. カスタマイズや分析ツールが豊富
  7. 厳重なセキュリティー

特に、リキッドは仮想通貨市場における「流動性の低さ」を解決するための仕組みが多く備わっています。

リキッドの7つ特徴・メリットについて、以下で詳しく説明します。

2-1. ワールドブックによる高い流動性の実現

リキッドのメリット

ワールドブックとは世界中での取引を1つにまとめたものです。

世界中での取引を1つに集約することで、取引のマッチングが増え、通貨の流動性を増やせます。

さらに、流動性が増えることで、

  • 取引所でのスプレッドが小さくなる
  • 売買したい価格を実現しやすくなる
  • マイナー通貨でも取引しやすくなる

この3つのメリットにも期待することができるでしょう。

2-2. クロスカレンシー換算エンジン