ネム(NEM)は今後どうなる?将来性・特徴・購入方法を徹底解説!【2019年の価格予想】

ネムってもうオワコンなの?

コインチェックでのネム流出事件は、まだ記憶に新しいのではないでしょうか?

あれほどのハッキング事件が起こった後のネム(NEM)は今後どうなるのでしょうか?

仮想通貨バブルが終わり、今は仮想通貨自体の性能であったり、将来性がとても重要視されています。

その将来性が、今後の価格に関係していくことはまちがいないでしょう。

今回は、ネムの将来性を中心にわかりやすく解説していきます。

Coincheck

1 | ネム(NEM)とは?

ネムのロゴ

ネムは数ある仮想通貨の一つ。

仮想通貨ネムは2015年3月に発行されました。

ネムは非中央集権ですが、2016年にシンガポールで発足したのがNEM財団と言います。

ネム財団とNEMの開発者は別ですので混同しないようにしてください!

ネム財団は日々、ネムの技術を活用したプラットフォームの普及活動を行っています。

1-1 | ネムの技術:アポスティーユ

アポスティーユ

ネムの技術で、その安全性を示しているもの『アポスティーユ』と呼ばれる機能があります。

本来ならば公的な第三者を必要とする「公証」の機能をブロックチェーン上に実装したものです。

この機能が完成すれば、第三者を介さずに遺言書や債務弁済を契約できることになるでしょう。

2 | ネム(NEM)は買っても大丈夫なの?

2018年1月にコインチェック事件が起こり、ネムの価格が暴落しました。その現象だけ見ると、「ネムに問題があるのでは?」と思ってしまいますよね。

しかし実はコインチェック事件でネムに落ち度はありません。そればかりか他の仮想通貨よりもセキュリティ面では優れています。

その理由をこれから以下の視点から解説して行きます。

  1. コインチェック事件の責任
  2. 中国CERTの調査結果
  3. Eigen trust++

順番にみて行きましょう。

2-1 | コインチェック事件の責任

コインチェック事件

2018年1月26日コインチェックから5億XEM(約580億円)がハッカーにより盗まれました。その混乱から、仮想通貨の価格は軒並み暴落しました。

多くのメディアなどで『5億ネム盗まれる!』などのようなタイトルの記事が流れ、ネムに対してなんらかのネガティブなイメージを持ってしまった人もいるでしょう。

しかし、今回の騒動では全くネムに落ち度はありません。問題があったのは、コインチェックのセキュリティです。そこは勘違いしないようにしましょう。

2-2 | 中国CERTの調査結果

中国CERT調査

次にネム自体のセキュリティについてです。実はネムは他のどの仮想通貨よりもセキュリティが優れています。

2016年12月、中国CERTはブロックチェーンソフトウェアの17ページのセキュリティ監査レポート※1を発行しました。この調査はビットコイン、リップル、イーサリアムを含む25の仮装通貨の安全性を評価しています。

その中でネムはダントツの安全性を持つ仮想通貨ということが調査にて明らかになりました。ネムは低ければ低いほど安全とされる脆弱性数値(1000行あたりの脆弱性コード数)が0.28でした。これは全く問題がないと言われるほどの安全性です。

ちなみに一番セキュリティが弱いとされたのがリップル。脆弱性数値は7.29でした※2

※1本レポートはこちら。Blockchain software security report by China CERT, Ripple the worst | NEWS.8BTC.COM

2リップル社は開発途中で、正確な評価がされていないと反論しています。

2-3 | Eigen trust++

Eigantrust++

Eigen trust++とは、ネムに実装されている評価システムです。簡単に説明します。

P2Pはご存知でしょうか?仮想通貨が非中央集権であるために重要なシステムです。しかしP2Pにもデメリットがあります。それは、悪意のある参加者が偽の情報や害のある情報を流せることです。

それを排除するのがこのEigen trust++という評価システムです。ネムのネットワークに参加するノードを信頼できるかどうかをスコアにするのです。そうすると、その情報源が信頼できるか否かを判断できるようになります。

簡単にいうとネムネットワークの中の警察のような役割でしょうか。この仕組みがあるため、ネムのセキュリティは高いと言われています。

※正確にいうと、Eigen trust++に”似た”システムです。ほぼ同じであると判断したので同一とみなしました。「もっと正確に知りたい・・・!」という方はこちらをご覧ください。Introduction · GitBook

3 | ネム(NEM)がいま価格上昇しない理由

f:id:kk3marketer:20190426232333p:plain

 
期待はされているネムはなぜ伸び悩んでいるのでしょうか?

上でも案内したコインチェック事件での流出した通貨が理由のひとつとして挙げることができるのですが、それだけではありません。

  1. 国内に取り扱いのある取引所が少ない
  2. 技術の競合

3-1 | 国内に取り扱いのある取引所が少ない

ネムが伸び悩んでいる原因のひとつに国内で取り扱いされている取引所が少ないことが挙げられます。

その理由はやはり、コインチェック流出事件後ということもあり、取り扱いを自粛している取引所が多いからではないでしょうか。

ネムは日本人に人気なる仮想通貨の1つではあるので今後に期待はできるのですが、このようなことも伸び悩んでいる原因のひとつと言えます。

3-2 | 技術の競合

ネムはイーサリアムと同じプラットフォーム型の仮想通貨です。

そのため、機能や技術が似ている仮想通貨が非常に多く存在します。

ブロックチェーンの技術を用いることで様々なサービスを行うことができる仮想通貨でもあるので、他との無差別化をどれだけできるかによって今後の価格上昇につながるのではないかと考えられています。

4 | ネム(NEM)がこれから価格上昇する理由

f:id:kk3marketer:20190426232433p:plain

 
現在、価格が伸び悩んでいるネムですが、これから価格が上昇するのではないかと思わせる理由もあります。

4-1 | ネットワークのコミュニティが活発

ネムは、プログラマーの多い「Java」言語で作られているため、開発コミュニティが活発です。

また、ネムを決済通貨として扱う「nem bar」などのお店も誕生してきているので、今後このようなお店が続々と誕生すればネムの価格はどんどん上昇すると考えられています。

4-2 | 拡張性が豊富

ネムは、Javaでつくられているため、ネム言語などという専門的な開発方法を覚えなくてもトークンやアプリケーションを作成することができます。

独自トークンを作成すれば、トークンと引き換えにICO(資金調達)をすることだってできます。

このようなことがもっと普及すれば、ネム自体の需要が高まるため、価格上昇するのではないかと言われています。

5 | ネム(NEM)の今後の価格を予想

f:id:kk3marketer:20190426232533p:plain

 
2019年4月現在、ネムの価格は6円前後を上下しています。

2018年1月には200円を超えて、1年で「500倍という」上昇を見せました。

コインチェック事件以降、価格は下落しましたが、現在の価格は底値なのではないかと専門家の間でも言われています。

その理由として言えるのが、上でも説明してきたように、コインチェック事件はコインチェックの問題であり、ネム自身のもつポテンシャルは高いままだということが挙げられます。

コインチェック事件が起こる前までは、ネムは1,000円を超えるのではないかとも言われてた通貨でもあるので、今後は徐々に上昇していくのではないでしょうか。

6 | ネム(NEM)の将来性

6-1 | テックビューロ社がmijinにネムの技術を使用

mijin

zaifやCOMSAなどのサービスを提供するテックビューロ社は、誰でもブロックチェーンを活用できるようになるソフトウェア『mijin』に、NEMの技術を採用しています。現段階ですでに400社以上に提供しており、これからさらに導入企業が増えていくと見られています。

6-2 | カタパルト次第で暴騰?

cataput

ネムは2018年内に行われるカタパルトで大幅に改良されることが期待されています。カタパルトはネムにおけるアップデートと捉えて頂ければ問題ないです。ネムがカタパルト(アップデート)すると、決済の処理速度がめちゃくちゃ早くなります。

1秒間に4000件の取引ができるようになります。

参考までに、他の仮想通貨、決済手段との比較です。

XEM 1秒間に4000件
BTC 1秒間に14件
ETH 1秒間に15件
XRP 1秒間に3000件
VISA 1秒間に4000件

あのVISAカードと同じ速度で処理ができます。VISAは世界最速の処理速度と言われています。つまりネムの処理速度は世界最速レベルになります。

ネムはカタパルトが行われると価格が上昇すると見られています。こういった情報は予定の段階で価格上昇したりするものですが、まだ具体的な日程が決まっていないため、価格が伸び悩んでいます。2018年内に行われるのはほぼ確実なので、早めに買っておくのと良いかもしれません。

3-3 | 超・民主的なPoI

NewEconomiyMovement

ネムの合意形成アルゴリズムは、PoI(プルーフ・オブ・インポータンス)です。PoIはネムを使った取引を多くした人が得するシステムです。つまり、ネムを流通させることを前提に作られたシステムで、富が集中しないようにしているんですね。

NEMの名前はNew Economy Movement(新しい経済運動)の頭文字を取っています。ネムの目指す世界は富の分散です。その世界を実現するためにPoIを採用しています。

7 | ネム(NEM)を買うならいつが最適?

ここまでネムについて見てきました。現在の値段は40円前後。2ヶ月前には200円ほどでした。しかしネムに落ち度はないはずのコインチェック事件で暴落しました。つまりネムは現在、過小評価されていると言えるかもしれません。

そう考えると、コインチェック事件はネムのユーザーに返金ということでひと段落しましたから、以前のような価格暴落はないでしょう。

追記:2018年4月15日

NEMの取引量、35位から26位に上昇。

追記:2018年4月16日

8 | ネム(NEM)が買えるおすすめの取引所

ネムを購入するならザイフがおすすめです。

手数料はマイナス0.01%。大きな金額ではありませんが、本来手数料がかかると考えるとかなりお得に取引ができます。

ネムは、将来性にも十分期待ができる仮想通貨であることがわかりましたね。

ネムが購入できるおすすめの取引所は、Zaif取引所です。

追記:2018年6月7日

コインチェック取引所、ネムの出金・売却再開。Bithumbにネム上場。

参考コインチェック取引所ネム(XEM)の出金・売却再開【みんなの反応】

この記事を見た人はこんな記事も見ています