bitbank.cc(ビットバンク)の特徴と登録方法まとめ

Coincheck

bitbank.cc (ビットバンク)はどんな取引所?

bitbank logo
bitbank.ccは2017年9月末に金融庁から認可を受けた取引所で、ビットコインはもちろんアルトコインの取引も盛んに行われています。

特にリップルとモナコインは世界的にみてもユーザー数が多く、活発な売買取引ができますよ。

bitbank.ccを運営しているビットバンク株式会社は、他にも高機能なトレードを専門にしたbitbank tradeというサービスも展開しています。

2015年から始まったbitbank tradeはOKcoinという香港の仮想通貨取引のチャートや取引システムを利用している窓口的な存在のため、bitbank.ccとbitbank tradeはそれぞれアカウント登録が必要です。

他にも、仮想通貨メディアのビットコインニュースの運営もしているので取引をしつつ情報収集を行うことも可能です。

bitbank.cc(ビットバンク)のおすすめポイントとは

bitbank.ccのおすすめのポイントと概要をご紹介します。

セキュリティが充実している

bitbank.ccは、セキュリティ面の対策が充実していることが高く評価されています。

ビットバンク自体はわりと歴史ある取引所サービスなのですが、他の取引所と比べてもセキュリティがしっかりしています。

今まで不正アクセス等のトラブルが起きたことはないので、ユーザーも安心して利用しているようですね。

顧客の資産はコールドウォレットでオフライン環境で管理され、移動するときにはマルチシグネチャという複数の秘密鍵が必要になるんです。

また、会社と顧客の資産は完全に分けて管理しており、ネットワークにつながれたホットウォレットにはユーザーの資産は入っていないのでハッカーに盗難される可能性は極めて低いと言えます。

仮想通貨ユーザーだけでなく、日本国民が大きな関心を寄せたコインチェックの事件が起こった後には自社の資産管理や運用を大々的に好評しました。

こういった誠実な対応により、どんどん利用者数を伸ばしていったという背景があります。

アルトコインが買いやすい

日本の仮想通貨取引所の中には、アルトコインは販売所でしか買えない。というところもあります。

販売所は、いつでもすぐに欲しいだけの仮想通貨が買えるのがメリットの反面、手数料やスプレッドが高めに設定されているので割高なのがネックでした。

しかし、bitbank.ccではイーサリアムやリップルなどのアルトコインも現物取引で売買できます。

手数料もメイカー-0.05%、テイカー0.15%と低めなので余計なコストを抑えたいという人にもおすすめ。

2018年9月にはモナコインの取引高で1番になるほど、国内外からのユーザー獲得にも成功しています。

取り扱いコイン

2019年1月現在、bitbank.ccで取り扱っている仮想通貨はこちらの6種類です。

1.ビットコイン(BTC)
2.イーサリアム(ETH)
3.リップル(XRP)
4.ライトコイン(LTC)
5.モナコイン(MONA)
6.ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコイン以外のアルトコインも現物取引ができます。

手数料

bitbank.ccの利用で必要な手数料をまとめてみました。

取引手数料: -0.05〜0.15%
入金手数料:無料
送金手数料:
・ビットコイン(BTC)→ 0.001BTC
・イーサリアム(ETH)→ 0.005ETH
・リップル(XRP)→ 0.15XRP
・ライトコイン(LTC)→ 0.001LTC
・モナコイン(MONA)→ 0.001MONA
・ビットコインキャッシュ(BCH)→ 0.001 BCH
出金手数料:3万円以下の引き出しは540円
3万円以上の出勤は756円

bitbank.cc (ビットバンク)の登録方法

bitbank.cc (ビットバンク)の概要がわかったところで、早速登録してみましょう。
まず行わなければいけない3つの登録方法についてそれぞれ解説します。

1.アカウント作成

まずはbitbank.ccのトップページにアクセスしましょう。
bitbank ログイン画面
このような画面が表示されているので、真ん中の入力フォームから任意のメールアドレスを入力して「無料口座開設」をタップします。

メールアドレスはなんでもいいですがハッキングなど万が一の事態を考えると、他の取引所や銀行などに登録したアドレスではないものを登録するのがおすすめです。

Gmailなどのフリーメールでも登録可能ですよ。

そして、このような画面に切り替わったらメールアドレスの登録は完了です。

bitbank 登録完了

bitbank.ccからこのようなメールが来ているはずなので、本文中のURLにアクセスしましょう。

bitbank メール

メールアドレスの認証が終わると、パスワード設定画面に切り替わります。
任意のパスワードを2回入力して、設定を行います。

bitbank パスワード設定

パスワードは推定されにくいランダムな文字列を長めに設定しておくとセキュリティ強度がアップします。

パスワード生成ツールなどもあるので、ぜひ利用してみてくださいね。
※パスワードはエクセルやワードなど、オフラインで保存できる環境で管理するのがおすすめです。
スマホのメモ機能でもいいですがクラウドで共有されてしまうので、ロックがかけられる専用アプリなどを利用するといいかもしれません。

ここまでで、アカウント登録の第一歩は完了です。

2.個人情報の登録

次は、より細かい個人情報の登録を行います。

このようなフォームが表示されるので、全ての欄を埋めておきましょう。

bitbank 個人情報登録画面

名前は、後ほど登録する銀行口座と同じかである必要があるので結婚など諸事情で名義変更していない場合は注意してくださいね。
名前と住所を入力して、次の画面に進むと取引目的の確認画面になります。

bitbank チェック画面bitbank 基本情報

全てチェックして、本人確認の画面に進みましょう。

インサイダーやマネーロンダリング等のリスクを避けるため、外国の公人である場合は日本居住者であっても仮想通貨取引は利用できません。

ここまでで、アカウント登録と基本情報の入力が終わりました。

bitbank 基本情報登録完了画面

3.本人確認

bitbank 本人確認画面

身分証明書の画像をアップロードして、アカウントレベルを上げて取引できるようにしましょう。

bitbank.ccでは
パスポート
免許証
住民基本台帳カード
在留カード(外国人の場合)
が身分証明書として認められています。

身分証明書の画像は、スマホで撮った写メでも大丈夫です。
あるいは、スキャンしたものを用意しておきましょう。
運転免許証を利用する場合は、表面と裏面の両方の画像が必要です。

bitbank アップロード画面

画像が用意できたら「アップロードする」を選択します。

確認されるまでに数日必要で、混雑状況によってはもっとかかるかもしれないので早く取引したいときは余裕を持って登録しましょう。

認証が完了したら、郵便物で本人確認の書類が送られてくるのでそれを受けとりましょう。
これでアカウント登録〜本人確認までは完了しました。

bitbank.cc (ビットバンク)のセキュリティ

ここでは、アカウントのセキュリティを高めるために設定しておきたい機能をご紹介します。

【2段階認証は必須】

アカウントを作ったら、2段階認証は必ず設定しておきます。

2段階認証とは、一定時間で変わるワンタイムパスワードのことです。
ネットバンキングなどを使ったことのある人ならわかりやすいかもしれません。

パスワードの他にも数分で変わるランダムな文字列を入力しなければ、出金などが行えないようになっています。

この2段階認証を設定しておくことで、もしもハッキングや個人情報の流出などの予期せぬ事態が起こった時もログインされにくくなるんです。

自分では気をつけているつもりでも最近増えている、詐欺アプリなどをインストールしてパスワードが抜かれる…ということもあるかもしれないので取引所に登録する場合はかならず2段階認証を利用しておきましょう。

【専用アプリでする場合】

bitbank.ccでは
Google Authenticator
IIJ Smart key
の2種類の2段階認証アプリに対応しています。

どちらを使うかは利用者の好みによりますが、Google Authenticatorの方が対応している取引所が多かったり他のサービスでも使えるのでおすすめです。

iOSとAndroidの両方に対応しています。
Appstoreからだとこんな感じです。

Google Authenticator

アプリを使った2段階認証の手順は簡単です。

まずbitbank.ccにログインして、メニューを表示します。
一覧の中から「2段階認証」メニューを選択すると、対応アプリへのダウンロードリンクが貼られているページに切り替わります。

認証用のアプリを落としてない場合は、スマホかタブレットにダウンロードしておきましょう。

そのページの右下あたりに「設定する」ボタンを押すとQRコードと入力欄が表示されるので、2段階認証アプリを立ち上げてコードを読み取ります。

すると、アプリに6桁の数字が表示されるので空欄に入力して設定完了です。

【SMSによる認証】

bitbank.ccでは携帯の電話番号を使ったショートメールでの認証もあるので、本人確認とセキュリティを高めるためにも認証を行なっておきましょう。

メニューの「SMS認証」をタップすると、
入力欄が2つ表示されます。
電話番号を入力すると、ショートメールでPINコードが送られてくるのでもうひとつの入力欄にコードを入れればSMS認証されます。

入金方法

bitbank.ccのアカウントができたら早速アカウントに入金しましょう。

入金方法は2種類に分けられます。

日本円

銀行振込でアカウントに反映させる方法です。
入金手数料は無料ですが銀行に支払う振込手数料は自分で負担する必要があります。

bitbank グラフ

手順は以下の通りです。
1.取引画面へアクセス

2.ページ上部の「入金する」をクリック

3.入金する通貨を選択(この場合は、日本円の横の「入金」ボタンを選択)

4.表示された振込先情報に任意の金額を振込み(どのユーザーから振り込まれたかを確認するために番号が割り振られるので、こちらも忘れずにコピーしておきましょう。)

bitbank.ccは住信SBIの口座を利用しているので、同じバンキングで口座を作っておくと手数料なしてアカウントへの反映も早いのでおすすめですよ。

仮想通貨

すでに仮想通貨を保有している場合は、アカウントのウォレットアドレス宛にコインを送ることで反映されます。

bitbank.ccで取り扱っている銘柄であればどれでも遅れます。
入金の手順は、
1.入金ページから銘柄を選んで「入金」を選択

2.ウォレットアドレスが表示されるので、そのアドレス宛に任意の数量のコインを送る

3.アカウントに反映されたら取引開始

専用アプリも

bitbank.ccにはスマホやタブレットでも簡単に操作できる専用アプリがあります。

「bitbank ビットコイン&リップル ウォレット」という名前で、iOSとAndroidの両方で使えます。

ウォレットアプリとしての使い方のほかにも、もちろん取引ツールとしての使い方もできますよ。

特筆したいのが、アプリからの取引でもテクニカル分析を行うためのツールが利用できること。
出先でも詳細に取引を行いたいという場合におすすめです。

まとめ

今回は「bitbank.ccの登録方法」についてまとめました。

・bitbank.ccはアルトコインの現物取引が豊富な人気取引所
・登録の手順は簡単だが、本人確認が行われるまで数日かかるので早めに準備しておくことが大事
・セキュリティ強度を上げるためにSMS認証も欠かさず行おう。
という点がポイントですね。