有望仮想通貨銘柄?XTRABYTES(エクストラバイツ)が熱そう

この記事を発見したあなたは、下火になっている仮想通貨ブームにあえて逆張りでマイナー通貨に投資したいと考えていたり、あまり知られていないエクストラバイツという通貨に興味をもっているのではないでしょうか。

なぜエクストラバイツなのか。なぜエクストラバイツが有望なのか?

この記事では、あまり知られていないけど、これから有望であるマイナーコインの1つXTRABYTES(エクストラバイツ)という銘柄をご紹介します。紹介する理由は、私の知り合った技術者が「第3世代としての通貨」として評価していたからです。

もちろん、これは不明瞭なソースで、確実性は保証できないのですが、1つ、頭の片隅に入れておくと今後の仮想通貨投資がうまくいくかもしれません。難しい話は多いですが、参考になればと思い、お伝えすることにしました。

XTRABYTES(エクストラバイツ)とは

f:id:kk3marketer:20180226171611j:plain

XTRABYTES(XBY)は、現在のブロックチェーンテクノロジよりもセキュリティ、スケーラビリティ、分散化の機会を大幅に増やすために設計されたモジュラブロックチェーンプラットフォームです。XTRABYTESは、新しく作成されたアルゴリズム(Zolt)とコンセンサスメソッド(PoSign)を使用して、分散アプリケーション(DApp)の開発者とサービスがブロックチェーンテクノロジの将来を創造し、形成するプラットフォームを提供します。XTRABYTESはICOではなく、コミュニティ主導のプロジェクトです。

XTRABYTES – Evolving Blockchain Solutions

難しい言葉がたくさん並んでいますが、要は、エクストラバイツが通貨としての技術力が優れているということを説明しています。

通貨としての技術力が優れている

f:id:kk3marketer:20180226164602j:plain

エクストラバイツは通貨としての技術力が優れています。具体的に何が優れているのかというと、エクストラバイツは安全で強力で信頼性の高いネットワークを基盤として構築されている点です。

エクストラバイツネットワークが強力に構築されていることによって、高度にカスタマイズ可能なプラットフォームを提供できます。そうした場所を提供できれば、開発者はエクストラバイツネットワークを使い、多種多様にカスタマイズされたアプリケーションを作成し、展開できます。

難しいかもしれませんが、簡単にお伝えすると、開発者にとって開発しやすい環境を、エクストラバイツを通して実現できるのが利点であると言えます。

もっと知りたい!と思った人に対して、技術的な強みを3つ。それぞれ具体的に解説していきます。

XTRABYTES(エクストラバイツ)3つの強み

f:id:kk3marketer:20180226150447j:plain

XTRABYTES(エクストラバイツ)とは、以下の3点が、目指す世界観や技術的な観点、投資の視点から見ても期待されるマイナーコインです。

  1. 分散型共有ストレージを実現
  2. POSignによって高セキュリティを実現できる。
  3. 価格が上がる仕組みが設定されている(?)

それぞれ解説していきます

1.分散型共有ストレージを実現

エクストラバイツが目指す世界観は、PCやスマフォのストレージを必要としない世界です。技術が完成すれば、エクストラバイツの通貨上では高セキュリティで守られ、世界中どこからでもデータを保護できるようになります。

Storjの分散型ストレージサービスの図解が参考になるので、こちらでイメージしてみてほしい。

f:id:kk3marketer:20180226164419j:plain

従来のクラウド型ストレージサービスのモデル図

f:id:kk3marketer:20180226164431j:plain

XTRABYTESが目指す、分散型ファイルストレージサービス

分散型ファイルストレージサービス「Storj」とはなにか | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース

 

2.Proof-of-Signatureによって高セキュリティを実現

エキストラバイツの仕組みがあれば、低いリソースで高いセキュリティをもたらすことができます。その仕組みが、Proof-of-Signatureになります。以下の図は、各ノードの関係を示しています。

f:id:kk3marketer:20180225155752j:plain

[NEW XBY ANN] XTRABYTES – THE BLOCKCHAIN EVOLUTION CONTINUES

 

Proof of Signatureは、他の暗号通貨のような匿名の個人署名ではなく、信頼できるSTATICノードが署名し、複数のシグネチャの最終結果が最高のセキュリティをもたらします。

STATICノードが画期的な理由

f:id:kk3marketer:20180226164359j:plain

なぜ、最高のセキュリティをもたらすか具体的に説明すると、STATICノードの存在によって、悪意のあるノードが繰り返しチェーンを侵害しようとすると、自動的にブラックリストに登録してくれるためです。

ちなみにProof-of-Work、Proof-of-Stake、およびProof-of-Importanceのような一般的なコンセンサスアルゴリズムには、この高セキュリティは実現されておらず、現状、通貨の仕組みとしてエクストラバイツだけがこのセキュリティをProof of Signatureによって実現しようとしています。

3.価格が高まるような通貨コントロールを行っている

STATICノードが登録されるたびに、循環サプライ全体が減少し、循環中のコインの価値が上がります。 

XTRABYTES – Evolving Blockchain Solutions

これを単純に解釈すれば、ノードを立てるために投資家が通貨(XBY)を支援すればするほど、XBYは市場に出回る量が少なくなります。そのため、投資家が盛り上がって、ノードの買うが増えれば増えるほど、XBYの価値も相対的に高まることになります。

ノードを立てるには500,000 XBYが必要で、日本円で換算するとおよそ数十万円必要です。ノードを立てる際の価格が高いのが唯一のデメリットですが、今後エクストラバイツが誠実に通貨としての技術力の向上に努めていただければ、先行者利益としてのリターンは大きくなりそうです。

ちなみに、現在ノードは日本円で数百万から数千万円まで価値が上昇しています。

第3世代の仮想通貨?XTRABYTES(エクストラバイツ)の将来性

f:id:kk3marketer:20180226170605j:plain

将来はEthereumと肩を並べる技術力に発展するのではないかとも言われています。仮想通貨界隈で注目され、ガチホの対象となっているイーサリアムも、まだ完璧な通貨ではなく改良点があります。

改良点を解決して、より良い機能を補充しようと励んでいる点で、第三世代の通貨は、2018年、新しく注目されてきています。今回ご紹介したエクストラバイツは、その第三世代の候補とされる将来性のある銘柄として頭の片隅にでも入れておくと良いかもしれません。

ツイッターで情報を収集しておくのもオススメです。心優しい方が日本語版で翻訳して情報発信しています。日本語翻訳版ツイッターはこちら

興味があれば草コイン枠として、ややギャンブラー感覚で投資してみても面白いかもしれませんね。参考にしてみてください。

※必ず値段が上がることは保証できませんのであしからず。