COINハックツ | ユニークな仮想通貨ブログメディア

乱立する仮想通貨ブログとは異なる切り口で仮想通貨情報をまとめる独自の仮想通貨WEBメディア

2018年ジーキャッシュ(zec)今後どうなる?特徴・将来性まとめ

 ジーキャッシュ

ジーキャッシュってどんな通貨なの?

もしかしてあなたは、ジーキャッシュに密かに期待していませんか。

確かにジーキャッシュは、性能面でかなり優れた通貨です。しかし一方で近頃は犯罪などの望ましくない使われ方がされているというニュースが多く、ネガティブな印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

そんなあなたに向けて、この記事では、ジーキャッシュがどのような通貨で、将来どうなっていくのかを書いていきます。

この記事を最後まで読んでいただければ、ジーキャッシュについて詳しく知っていただけて、ジーキャッシュなどの匿名通貨がどうあるべきかを考えるヒントにしていただけるでしょう。

 

特徴

ジーキャッシュの特徴をまとめると以下の通りになります。

高い匿名性

アドバイザーに、ヴィタリック・ブリテン氏

順番に詳しく見ていきましょう。

高い匿名性

ジーキャッシュは匿名性が高い

ジーキャッシュは、DASHやMONEROのように、匿名性が高い仮想通貨です。

匿名性が高いとは、ジーキャッシュの送金の送り手と受け手の情報がわかにくいということです。ビットコインなどは送金した際に、個人名まではわかりませんがどのアカウントが送金したかやどれくらい保有しているかがわかります。

一方でジーキャッシュはそういったアカウント情報を匿名にすることにより、プライバシーの保護に活躍すると言われています。

一方で、犯罪や、ダークウェブと呼ばれる闇サイトなどのマネーロンダリングや資金隠しなどに使われるのではという声もあり、賛否の声が分かれています。

アドバイザーにヴィタリック・ブリテン氏

ジーキャッシュはアドバイザーにブリテン氏がいる

ジーキャッシュはアドバイザーにイーサリアム創業者のヴィタリック・ブリテン氏が就任しています。ブリテン氏が就任しているということはそれだけジーキャッシュに期待をしているということと考えられそうです。

将来性

シーキャッシュの将来性は以下の通りです。

・JPモルガンがジーキャッシュの技術を利用予定

・ネットワークアップデート

・日本での規制が鍵を握る

順番に詳しく見ていきましょう。

JPモルガンがジーキャッシュの技術を利用予定

ジーキャッシュはJPモルガンに使われる予定ジーキャッシュは、海外の大手金融機関のJPモルガンと業務提携しています。さらに、提携だけでなく、ジーキャッシュの技術を業務に実装される予定です。

ネットワークアップデート

ジーキャッシュの二つのアップデート

ジーキャッシュは2018年に2つのアップデートを控えています。

それがOverwinterとSaplingというアップデートです。ここでは技術的な話は省略しますが、どのような利点があるかを説明します。

Overwinter

ジーキャッシュはoverwinterアップデートを控えているOverwinterは簡単にいうと、セキュリティの強化です。ジーキャッシュの強みは匿名性の高さですが、他にもMONEROやDASHなどの匿名通貨が存在し、ライバルが多いです。

その中で無二の地位を築くためにさらなるセキュリティの強化を予定しています。

Sapling

ジーキャッシュはsaplingアップデートを控えている

Saplingは、一言で言うと処理能力の向上です。例えば、メモリを改善したり、モバイルウォレットへの互換性を強化が図られます。

仮想通貨の多くは、アップデートやハードフォーク直後に価格が上昇する傾向があるため、狙い目かもしれません。しかしこういった少し調べると出てくるような情報は、すでに投資家が投資しており、実装直後に価格が上がってすぐ売られる可能性もあります。

そのため、大事になってくるのは、どのくらい上がれば、もしくは下がれば売るかと言うことを事前に決めておくのが大切です。

日本での規制が鍵

ジーキャッシュは日本での規制が鍵

ジーキャッシュは匿名通貨の中でもかなり優れた技術を持っています。しかし、日本国内での扱いはやや危険信号です。

なぜなら、日本ではマネーロンダリングや資金洗浄などに使われることを危惧し、取り扱いに消極的です。実際に、国内で唯一匿名通貨を取り扱っていたコインチェック(現在は停止中)が取り扱いを廃止することを決定したからです。

そのため、今後の鍵を握るのは日本国内で適切な規制が施されて、クリーンな匿名通貨の取り扱いができるようになることです。そうすれば再び取り扱いが始まり、需要拡大に繋がります。

まとめ

ジーキャッシュのまとめ

ジーキャッシュの特徴と将来性をまとめると以下の通りになります。

特徴

・匿名性が高い

・アドバイザーにヴィタリック・ブリテン氏

将来性

・JPモルガンが技術利用を予定している

・2018年に2つのアップデートがある

・日本での規制が鍵

ジーキャッシュの特徴は匿名性が高く、さらにその扱いが健全に使われるようになれば非常に明るい未来が待っているでしょう。

近頃は匿名性が高い通貨によってマネーロンダリングや資金洗浄されたというネガティブなニュースが多く、あまり良い印象は持っていないかもしれません。

しかし、便利な道具というのは使い方によっては危険になることが往往にしてあります。例えば包丁や車は使い方さえ変えれば人を傷つけたり、時には命を奪ってしまいます。

しかし、そういった事件や事故が怒らないように健全な規制と秩序の形成によって今ではなくてはならない道具です。

ジーキャッシュやそのた匿名性が高い通貨は、適切な規制と使い方が普及すれば、人類全体にとって非常に利便性と安全を与えてくれるのは間違いないでしょう。 

購入方法

ジーキャッシュを日本で取り扱う取引所はありません。そのため、日本の取引所でビットコインを購入し、海外の取引所にビットコインを送金してジーキャッシュを購入する必要があります。

  1. 国内販売所GMOコインでビットコイン(BTC)を購入
  2. 海外取引所のバイナンスのアカウント登録
  3. バイナンスでビットコインアドレスを生成
  4. GMOコインバイナンスのアドレスへ送金
  5. バイナンスにてビットコインでジーキャッシュを購入

GMOコインは海外への送金手数料が無料ですので、どれだけ送金しても無駄な費用がかかりません。

ただ、GMOコインはスプレッド幅が少し大きいので、何度も売買するのではなく、まとまった金額の仮想通貨を購入するようにしましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています