DMM Bitcoin(DMMビットコイン)でのEthereum(イーサリアム)の買い方/購入方法を分かりやすく解説

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinでのイーサリアムの購入方法やメリット・デメリットについて解説しています。

「DMM Bitcoinではどうやってイーサリアムを購入するの?」
「DMM Bitcoinはどんな取引所?」
「DMM Bitcoinの注文方法がわからない。」

あなたはこのような疑問や悩みを抱えていませんか?

DMM Bitcoinは他の取引所と比べても注文方法が豊富で、アルトコインのレバレッジ取引も可能な人気の国内取引所です。

本記事では、初心者の方向けにDMM Bitcoinでの仮想通貨の購入方法やそれぞれの注文方法についてわかりやすく紹介していきます。

BITPOINT

DMM Bitcoinとは

国内の仮想通貨取引所DMM BitcoinはDMM.comグループの参加にある会社が運営するサービスです。

仮想通貨バブルとも言われた2017年12月末ごろに特に話題であったCoincheck(コインチェック)bitFlyer(ビットフライヤー)と比べるとDMM Bitcoinはやや後発スタートで世間に出てきましたが、タレントでモデルのローラさんをイメージキャラクターとしてCMや広告で起用したことで、一気に認知を広げた取引所です。

また、国内の取引所としてはGMOコインと比べられることが多く、GMOコインにはない機能も持ち合わせています。

DMM Bitcoinのメリット・デメリット

DMM Bitcoinのメリット

DMM Bitcoinのメリットは以下の通りです。

メリット

  • 実績豊富で安心のセキュリティ
  • アルトコインのレバレッジ取引が可能
  • LINEでカスタマーサポート対応
  • 各種手数料が無料
  • 口座開設で1000円もらえるキャンペーンがある

それぞれ順に解説していきます。

実績豊富で安心のセキュリティ

DMMグループは仮想通貨取引所のDMM Bitcoinの他にも「DMM 株」「DMM CFD」「DMM FX」といった金融関連の事業を運営しており、インターネット関連事業の実績も豊富にあります。そのため、セキュリティ面に強く、安心できる取引所と言えます。

一方で、2018年1月にはCoincheckが約580億円相当のハッキング被害、2018年9月には取引所Zaif(ザイフ)が約70億円相当のハッキング被害を受けたことで、金融庁から業務改善命令が出されています。

これらの盗難被害が起きる前は「安心・安全の取引所」と世間では思われていましたが、盗難被害の影響で今まで以上に取引所のセキュリティ対策が重要視されるようになりました。

CoincheckとZaifがハッキング被害を受けた理由は、顧客資産の一部を常時ネットワークで接続された「ホットウォレット」と呼ばれるウォレットで管理していたためです。

それに対し、DMM Bitcoinでは常時ネットワークと遮断された環境下にある「コールドウォレット」で管理しているため、盗難被害を受けるリスクは低いと言えます。

このように国内でもトップクラスの人気を誇る取引所でさえ、外部からの不正アクセスを受ける可能性があります。

今後は仮想通貨取引所の手数料や取扱銘柄以外にも、運営会社の実績やセキュリティ対策についてしっかり調べた上で取引所を利用するようにしましょう!

アルトコインのレバレッジ取引が可能

DMM Bitcoinでは全部で7種類の仮想通貨を取り扱っていますが、現物取引を行うことができるのは「BTC/ETH」「BTC/JPY」「BTC/ETH」の3ペアのみです。

しかし、アルトコインのレバレッジ取引をする際には14種類の通貨ペアを取引することができます。

レバレッジ取引とは、自身が保有している資金よりも大きな額の取引を行うことができる取引です。例えば、残高10万円のときにレバレッジ10倍で取引すれば100万円で取引することができ、もし勝つことができれば元の資金の4倍の利益を得ることができます。

その反面、負けてしまえば損失も4倍になりますので、ハイリスクハイリターンの取引手法です。

LINEでカスタマーサポート対応

DMM Bitcoinはメンテナンス時間を除いた365日24時間で、LINEカスタマーサポート提供しています。DMM BitcoinのLINE IDは「@dmmbitcoin」となっていますので、アカウントを追加しメッセージを送信すればお問い合わせすることができます。

緊急で解決したい問題や相談についても手間をかけずにLINEで問い合わせることができるため、日中に時間を取れない会社員の方におすすめしたいサービスです。

各種手数料が無料

以下に記載しているDMM Bitcoinの手数料は無料です。そのため、資金の出し入れを頻繁に行う方やクイック入金を利用したい方にとってお得に利用できる取引所です。

 

  • 振込入金手数料:無料(銀行手数料はお客様負担)
  • クイック入金手数料
  • 出金手数料
  • 取引手数料
  • 口座開設手数料

 

しかし、DMM Bitcoinは仮想通貨事業者としては「取引所」ではなく「販売所」です。取引所ではユーザーとユーザーが仮想通貨を売買しますが、販売所では事業者とユーザーが売買を行います。

DMM Bitcoinのような販売所は入出金などの手数料が無料ですが、買値と売値の価格差であるスプレッドが大きく開いてしまいスプレッド手数料が発生します。

例えば、1イーサリアム(ETH)が売却価格100,000円、購入価格が105,000円だった場合は5,000円の価格差があり、購入した時点で-5000円からのスタートとなります。この売値100,000円と買値105,000円の価格差がスプレッドです。

特に仮想通貨のように価格変動の起きやすい相場では、スプレッド手数料が大きく開きやすい特徴がありますので、スプレッドが開きすぎていないか確認することが重要です。

口座開設で1000円もらえるキャンペーンがある

DMM Bitcoinは定期的に新規口座開設で1000円をプレゼントするキャンペーンを行なっています。

初心者の方で「仮想通貨でなるべく損をするのは避けたい」と思われている方は、DMM Bitcoinの口座開設で資金1000円を手に入れて、少額から始めてみてはどうでしょうか?

特に初心者の方は取引所の注文方法や注意点などもまだ把握できていない点が多いと思いますので、少額から売買を練習されることを推奨します。

DMM Bitcoinのデメリット

DMM Bitcoinのデメリットは以下の通りです。

デメリット

  • 現物取引はBTCとETHのみ
  • レバレッジは4倍まで
  • コンビニ入金に未対応
  • 毎週水曜にメンテナンス<

それぞれ順に解説していきます。

現物取引はBTCとETHのみ

DMM Bitcoinで日本円と現物取引の売買を行えるのはビットコインとイーサリアムのみです。そのため、リップルやネム、ライトコインなどのその他の仮想通貨を売買したい場合はレバレッジ取引をする必要があります。

そのため、仮想通貨の価値が上がるまで数ヶ月〜数年寝かせておきたい方にとって、現物で保有できる通貨はあまり選ぶことができません。また、仮想通貨の入出庫をする際には一度ビットコインかイーサリアムに変える必要があります。

一方で、リップルやネムなどの人気アルトコインのレバレッジ取引ができることがDMM Bitcoinの強みですので、レバレッジ取引に興味がある方はぜひ利用してみてください。

レバレッジは4倍まで

DMM Bitcoinと他の取引所のレバレッジ倍率を比較してみました。

レバレッジ倍率
DMM Bitcoin 4倍
GMOコイン 5~10倍
bitFlyer 15倍
bitbank Trade 20倍
zaif 7.77倍

DMM Bitcoinのレバレッジ倍率と他社のレバレッジ倍率を比較するとDMM Bitcoinのレバレッジ倍率は低く制限されていることがわかります。ただ、プロのトレーダーでもレバレッジは1~3倍までを推奨されている方は多くいるため、決して低い倍率ではありません。

初心者の方は、レバレッジ取引で一度資金を減らしてしまうとその分を取り返そうとレバレッジ倍率をあげてしまい、さらに負けては倍率をあげて損失分を取り戻そうとしてしまいがちです。

知識や技術が身についていないうちから「悔しい、損失を取り返したい」という感情に流され、レバレッジを簡単にあげてしまうと、大切な資金をすぐに失ってしまうリスクが高まりますので十分に注意してください。

コンビニ入金に未対応

DMM Bitcoinに日本円を入金する方法は、通常の銀行振込かインターネット上から「Pay-easy(ペイジー)」を利用して入金できるクイック入金があります。

Pay-easyとは料金の支払いをスマホやPC、ATMから行えるサービスです。そのため、金融機関の窓口やコンビニのレジに並ぶことなく振込を完了させることができます。

ただし、DMM Bitcoinはコンビニ入金に対応しておらず、クイック入金の入金金額は「5,000円〜1億円未満」と設定されているため少し不便な点もあります。しかし、通常振込の際は入金制限はありませんので、特に急ぎでもない方は通常振込を利用しましょう!

毎週水曜にメンテナンス

DMM Bitcoinは毎週水曜日の12時から18時までの間でメンテナンスを行なっています。

取引所がメンテナンスをしている間は仮想通貨の買い・売りの注文や決済などを行うことはできません。

国内取引所のbitFlyerや海外取引所のBitfinex(ビットフィネックス)などの取引量が多い取引所がメンテナンスを実施した場合、資本を多く保有している投資家が他の参加者のロスカットを狙って価格変動を起こさせようとする動きがあるため注意が必要です。

DMM Bitcoinのメンテナンスの詳細は、マイページの「お知らせ」もしくは、「登録済みのメールアドレスに届くメール」で確認することができます。

DMM Bitcoinで注文するまでの手順

日本円を入金する

国内の仮想通貨取引所で取引を始めるには、日本円を取引所に入金する必要があります。

DMM bitcoinへの入金方法は「通常の振込入金」と「インターネットからのクイック入金」の2つがあり、コンビニ入金には未対応です。

クイック入金の場合は即時に入金が反映され、通常の振込入金の場合は金融機関の営業時間内であれば2~3時間程度で入金が反映されます。

クイック入金と通常入金について順に説明します。

マイページへログインする

DMM ログイン

DMM Bitcoinのトップページから「ログイン」を選択し、ID・パスワードを入力してログインします。

入金方法を選ぶ

DMM 入金

マイページに移動したら画面左側のメニューから「入金・入庫」を選択します。

DMM クイック入金

「クイック入金」と「銀行振込」が表示されますので、希望の振込方法を選択してください。

クイック入金をする場合

DMM クイック入金画面

クイック入金をする場合には、①銀行口座を選択し、②入金金額を選択します。DMM Bitcoinは1000以上もの金融機関と提携していますので有名な銀行であれば利用可能です。

銀行振込(入金)をする場合

DMM 銀行振込画面

銀行振込をする場合は画面に振込先情報が表示されます。この際、DMM Bitcoinに登録している氏名と振込名義人の氏名が同一でなければ入金をすることができないので、本人名義の銀行口座から振込を行うように気をつけてください。

トレード画面に変更する

他の国内取引所では取引画面の変更などは行いませんが、DMM Bitcoinでは「ウォレット口座」から「トレード口座」へ切り替える必要があります。

ウォレットからトレードへ振替する

DMM 口座振替画面

マイページから「口座振替」を選択します。

DMM 口座振替

振替口座「ウォレットからトレードへ」を設定し、その次に現物で利用可能なJPY・BTC・ETHのいずれかを選択します。そして最後に振替金額を入力します。

DMM 口座振替確認画面

入力内容に誤りがなければ振替を行います。

DMM 口座振替完了画面

振替が完了すれば、左側のメニューに表示される「取引開始」を選択します。その後、トレード画面が開かれます。

DMM Bitcoinでのイーサリアムの購入方法

DMM Bitcoinの注文方法は他の取引所よりもたくさんあるため、それぞれを上手く活用することで損失を抑えて利益の最大化を測ることができます。

  • イーサリアムをストリーム注文する方法
  • イーサリアムを指値注文する方法
  • イーサリアムを逆指値注文する方法
  • イーサリアムをOCO注文する方法
  • イーサリアムをIFD注文する方法
  • イーサリアムをIFO注文する方法

それぞれ順に解説していきます。

イーサリアムをストリーム注文する方法

ストリーム注文とは

ストリーム注文とは取引画面に表示されている価格で売買することができる注文方法で、成行注文と似ている注文方法です、

成行注文とは今すぐに最もお得な価格で通貨を購入したい際に利用する注文方法で、例えば、相場が動き出した瞬間の買い注文や売り注文、すぐに決済したいときの損切り・利確で成行注文を使用します。

しかし、成行注文にもデメリットがあり、急騰・急落で取引所の取引量が急増した場合に新規の注文が通らないことがあります。また、すでにポジションを持っており成行注文ですぐに決済したいときに、注文が通らなければ強制的にロスカットされてしまうリスクもあります。

そこで、ストリーム注文を利用すれば成行注文のように意図していた価格とは異なる価格で注文が通ってしまうリスクを防ぐことができ、比較的安定した売買が可能です。

ストリーム注文の手順

DMM ストリーム注文

「メニュー」から「現物注文(購入・売却)」を選択する。

DMM 現物注文

注文画面が表示されましたら、以下の手順で進めてください。

①銘柄:ETH/JPYを選択する。
②注文タイプ:ストリーミングを選択する。
③数量:注文数量を入力する。
④スリッページ:5を選択する。

※スリッページとは、注文価格と注文成立後の価格との差のことです。これを設定することで急激な価格変動後の意図しない価格で決済されるリスクを防ぐことができます。
⑤売買:どちらかを選択して注文する。

最後に注文確認画面が表示されるので、問題なければ注文を実行してください。

イーサリアムを指値注文する方法

指値注文とは

指値注文とは、自身が買いたい・売りたい価格で注文を成立させることができる注文方法です。例えば、現在の1BTCの価格が50万円だとして1BTC49万円になったら購入するというように、売買価格を自由に設定することができます。

そのため、成行注文とは異なり想定外の価格で注文が通るようなことはありません。また、指値注文は成行注文よりも手数料が安く済みますのでお得に利用することができます。

指値注文の手順

DMM 指値注文

「メニュー」から「現物注文(購入・売却)」を選択する。

DMM 指値注文 現物注文

注文画面が出てきたら、以下の手順で進めてください。

①銘柄:ETH/JPYを選択する。
②注文タイプ:指値を選択する。
③数量:注文数量を入力する。
④売買:どちらかを選択して注文する。
⑤注文レート:希望のレートを入力します。
⑥「注文」を選択する。

例えば、取引画面に1BTC60万円と表示されていれば59万円で買い注文を出すなど、今よりもお得な価格に設定して注文をするようにしてください。もし、1BTC60万円で注文してしまうと成行注文と同様に処理されます。

最後に注文確認画面が表示されるので、問題なければ注文を実行してください。

イーサリアムを逆指値注文する方法

逆指値注文とは

逆指値注文はストップ注文とも呼ばれており「相場のトレンドが転換するタイミング」や「想定した方向とは異なる方向に相場が動いたとき」などに利用される注文方法です。

特に仮想通貨は価格変動が激しく、一度に大金を失ってしまう可能性があります。しかし、逆指値注文をうまく利用することで大きな損失を防ぐことができます。

DMM グラフ

図のように、買い注文を出した後に相場が上昇せずに急落してしまった場合は、一定以上の損失を膨らませないように意識されるラインを見極め、場合によっては逆指値注文で損切りします。

また、相場が反対の方向へ動くと考えた場合は始めに注文した枚数以上を反対の方向へ注文し、新たにポジションを取ることも可能です。

逆指値注文の手順

「メニュー」から「現物注文(購入・売却)」を選択する。

DMM 逆指値注文 現物注文

注文画面が出てきたら、以下の手順で進めてください。

①銘柄:ETH/JPYを選択する。
②注文タイプ:逆指値を選択する。
③数量:注文数量を入力する。
④売買:どちらかを選択して注文する。
⑤注文レート:希望のレートを入力します。
⑥「注文」を選択する。

最後に注文確認画面が表示されるので、問題なければ注文を実行してください。

イーサリアムをOCO注文する方法

OCO注文とは

OCO注文とは指値注文と逆指値注文を同時に注文することができる注文方法です。しかし、どちらかの注文が成立すれば片方の注文は自動でキャンセルされます。

例えば、1BTC=50万円でビットコインを購入し60万円まで価格が上昇すれば注文を利確、上昇せずに49万円まで価格が下がってしまった場合には損切りしようと考えていたとします。

そうした場合に「60万円になったら利確(指値)と49万円になったら損切り(逆指値)」という2つの注文を同時に行うことができる注文方法がOCO注文です。他の取引所にはOCO注文の機能がない取引所もありますので、非常に重宝される注文方法と言えます。

OCO注文の手順

DMM OCO 注文

「メニュー」から「新規注文(レバレッジ)」を選択する。

DMM レバレッジ

注文画面が出てきたら、以下の手順で進めてください。

①銘柄:ETH/JPYを選択する。
②注文タイプ:OCOを選択する。
③数量:注文数量を入力する。
④売買・執行条件・注文レートをそれぞれ設定します。
⑤売買:執行条件・注文レートをそれぞれ設定します。

※④・⑤では、本記事の「イーサリアムをOCO注文する方法」で説明したように、指値・逆指値をそれぞれ選択して利用しましょう!
⑥「注文」を選択する。

最後に注文確認画面が表示されるので、問題なければ注文を実行してください。

イーサリアムをIFD注文する方法

IFD注文とは

IFD注文とは新規ポジションの注文とその注文を決済するための注文を同時に出すことができる注文方法です。

例として「1BTCが50万円になったら2BTCを購入する」という新規の買い注文を出し「1BTCが60万円になったら1BTCだけ売る」という決済注文を同時に発注する方法があります。

この場合、買い注文が約定した後に価格が上昇し、1BTC60万円になれば1BTCだけ決済されるため10万円の利益を得られます。そして残りの1BTC分のポジションは相場がこのまま上昇した場合に備えて維持します。もちろん、すべてのポジションを決済することも可能です。

IFD注文の手順

DMM IFD注文

「メニュー」から「新規注文(レバレッジ)」を選択する。

DMM IFD レバレッジ

①銘柄:ETH/JPYを選択する。
②注文タイプ:IFDを選択する。
③数量:注文数量を入力する。
④新規注文・執行条件・注文レートをそれぞれ設定します。
⑤決済注文:執行条件・注文レートをそれぞれ設定します。
⑥「注文」を選択する。

最後に注文確認画面が表示されるので、問題なければ注文を実行してください。

イーサリアムをIFO注文する方法

IFO注文とは

IFO注文はOCO注文とIFD注文を組み合わせた注文方法で、新たな注文が成立すればそのポジションを決済するための2つの注文パターンを設定することができます。特に、相場の押し目のタイミングで有効活用できる注文方法です。

例えば、1BTC70万円まで上昇トレンドが継続しており、65万円まで価格が減少すると予想していたとします。

そこで、IFO注文で「1BTC65万円の押し目まで下落したら買う」という新たな指値注文を出し、「1BTC75万円まで上昇したら売る」という利確のための指値注文と、「1BTC64万円まで下落したら買う」という損切りのための逆指値注文を同時に注文します。

そうすれば、価格が上昇すれば10万円の利益になり、下落したとしても1万円の損失で済ませることができます。

IFO注文の手順

DMM IFO

「メニュー」から「新規注文(レバレッジ)」を選択する。

DMM IFO レバレッジ

①銘柄:ETH/JPYを選択する。
②注文タイプ:IFOを選択する。
③数量:注文数量を入力する。
④新規注文:売買・執行条件・注文レートをそれぞれ設定します。
⑤決済注文:売買・執行条件・注文レートをそれぞれ設定します。
⑥「注文」を選択する。

最後に注文確認画面が表示されるので、問題なければ注文を実行してください。

DMM Bitcoinでのイーサリアムの購入方法のまとめ

DMM Bitcoinの購入方法や売却方法、メリット・デメリットについて参考にしていただけましたでしょうか?

DMM Bitcoinは「実績豊富で強いセキュリティ」「LINEでのカスタマーサポート」「アルトコインのレバレッジ取引」などの強みを持つ国内でも大変人気の取引所です。

口座開設は5分もあれば簡単に登録できますので、まだDMM Bitcoinの口座を開設していない人はぜひご検討ください。