Zaif(ザイフ)ハッキングで出金停止か?被害総額67億GOXで阿鼻叫喚【反応】

BITPOINT

Zaif(ザイフ)ハッキングで出金停止

平成30年9月14日頃以降、弊社サービスにおいて、仮想通貨の入出金等の一部のサービスが稼働しておらず、お客様には大変なご迷惑をおかけしております。
弊社における調査の結果、入出金用ホットウォレットの一部が外部からの不正アクセスによりハッキング被害を受け、弊社が管理する仮想通貨のうちの一部が外部に不正流出させられたことが判明しました。
このような事態は、弊社を信頼して大切な資産をお預けになられている全てのお客様の信頼を裏切る結果となり、伏してお詫び申し上げる次第です。

仮想通貨の入出金停止に関するご報告、及び弊社対応について|テックビューロ株式会社のプレスリリース

顧客資産への影響はなしか

結論からいうと、今回のハッキング事件によりzaifの倒産はありません。しかし、顧客資産については完全補償をするという発表は、まだありません。

ただ、今回の騒動を受けて、JASDAQ上場企業のフィスコがテックビューロ社の株式の過半数を取得することになりました。したがって、実質的にフィスコがテックビューロ社の親会社となりZaifは運用されていくことになるでしょう。

弊社は、本日(平成30年9月20日)、JASDAQ上場企業である株式会社フィスコのグループ企業である株式会社フィスコデジタルアセットグループの子会社を通じて、弊社に対して、50億円を提供する金融支援、弊社の株式の過半数を取得する資本提携、過半数以上の取締役及び監査役の派遣、を検討する内容とする基本契約を締結するに至りました。

仮想通貨の入出金停止に関するご報告、及び弊社対応について|テックビューロ株式会社のプレスリリース

日本円の入出金・仮想通貨の入出金について

筆者は20日の8:00に慌ててBTCを売りに出し、急いで出金申請を行っております。注文は通りました。

20日13:00時追記:出金も確認できました!

日本円の入出金・仮想通貨の入出金について、今後の状況についての発表はありません。私の予想では、コインチェック(coincheck)と同じように業務停止となる恐れがあります。

日本円を預けている人は念のため、はやめに出金手続きをしておくこと方が良いでしょう。BTCを別の取引所に出金するのも良いですね。

 

\ GOX対策したい人におすすめしたい関連記事 /

セキュリティ最高峰BITPOINT取引所について

 Zaif(ザイフ)ハッキング被害額

日本円で67億円相当。
今回問題となった仮想通貨はホットウォレットで管理をしていた、BTC、BCH、MONAが対象で内訳は次の通りです。

  • Zaifの資産:約22億円
  • 顧客の資産:約45億円

*詳細な数字は2次被害を防ぐためにサーバーを停止しているため不明とのこと。

Zaif(ザイフ)のハッキング・今後どうなる?

今後については、まだ発表がありませんね。過去のコインチェックハッキング事件の経験から、今後次の事柄が起きる可能性があるでしょう。

  • ハッキング被害額の算出
  • 仮想通貨出金停止
  • 日本円出金停止
  • 金融庁からのZaifへの業務停止命令・方針発表
  • 日本円出金対応
  • 仮想通貨出金対応

ハードウェアウォレットやセキュリティの強い取引所で資産を管理しましょう

ハードウェアウォレットに大部分の仮想通貨を保管すれば、GOXの影響も少なくなります。

Trezor(トレザー)

今回の事件を受けて、Zaifをメインで利用するのは、やはり危険だとわかりました。オススメはセキュリティと手数料からbitbank。

ビットバンク取引所

1番は、上場企業の子会社が運営するBITPOINTですね。

ビットポイント

BITPOINTは、筆者が実際にインタビューをしに行って聞いたところ、セキュリティの運営体制が、他の取引所と比べて、圧倒的に整っているので、心からオススメできます。

今まで一回もハッキングに被害に遭遇していませんので、信頼度は最高峰です。

 

Zaif(ザイフ)に対しての怒り・反応

ザイフ 出金停止

\ これを機にGOX対策したい人におすすめしたい関連記事 /

 

※追記 Zaif仮想通貨流出事件に伴うお詫び

この度は、2018年9月20日に判明したZaifのハッキングによる67億円相当の仮想通貨流出事件を踏まえ、当サイト「コインハック2」内の記事にてZaifへの口座開設を進めた記述があったことを深くお詫びいたします。

やはり、当サイトとしては確信をついたリサーチを元、常に正しい情報を発信し、見て頂いているユーザーを救う情報発信を心がけていかなければいけませんでした。

この様な観点から、私共「コインハック2」にて十分なリサーチができておらず、Zaifの口座開設を進める記述をしてしまい、申し訳ございませんでした。

今日の事件にて、被害を受けた方々に心からお詫びを申し上げます。