COINハックツ | ユニークな仮想通貨ブログメディア

乱立する仮想通貨ブログとは異なる切り口で仮想通貨情報をまとめる独自の仮想通貨WEBメディア

2018年ファクトム(FCT/factom)今後どうなる?特徴・将来性まとめ

 ファクトム

ファクトムって、地味にコインチェックに上場しているけど、どんな通貨なの?

もしかしてあなたは、コインチェックに上場している、ファクトムという仮想通貨に密かに期待していませんか。

実は、コインチェックに上場していますが、時価総額はそれほど大きくありません。しかし、その機能は煩雑なデータ管理などをより安全に低コストでできるような仮想通貨です。

今回はファクトムの特徴と将来性を書きました。最後まで読んでいただければどのような通貨で、どのようなことに使われるのかを知っていただけるでしょう。

仮想通貨オオカミ
ご存知だと思いますが、現在コインチェックは使えません。ただ、見やすいアプリですので、価格チェックとして使うとよいですよ。

1.特徴

1-1.ファクトムは企業が管理している

ファクトムは企業が運営している

ファクトムは、企業の名前です。通貨名はファクトイドと言いますが、ほとんどの方はどちらもファクトムと呼んでいます。

ファクトムという企業が運営しており、中央集権型の仮想通貨と言えます。そのため、ファクトムが倒産した場合、通貨としてのファクトムは使用できなくなってしまいます。

1-2.データをブロックチェーン上に保存

ファクトムはブロックチェーン上にデータを保存する

ファクトムの大きな特徴は、データをブロックチェーン上に保存し、大幅に管理のコストを下げることです。

ブロックチェーンを使用することにより、匿名性を保ちながら、改ざんされない仕組みを提供します。

2.将来性

2-1.ファクトムハーモニー

ファクトムハーモニー

ファクトムハーモニーとはアメリカの住宅ローン業界のシステムの改善のために開発されたサービスです。

現在の住宅ローンのデータは毎年5兆ページ分のデータが増えていると言われています。その管理に従業員やサーバなどかなりのコストがかかっています。

ファクトムハーモニーを使うことで、そうした膨大な住宅ローンのデータの管理コストを削減できます。

2-2.DLOC

DLOCというサービスをLINXENSと共同開発

ファクトムはLINXENSという会社とともに、DLOCというサービスを開発しています。DLOCとは主に病院や医療の分野で使用されることを目的としています。

DLOCステッカーというものにデータや情報を乗せることができます。そこにスマホで使える読取りアプリケーションをかざすことで、その患者さんの情報や病状を確認することができます。

これまでは、そのような情報の管理は厳重にする必要があるため、コストが非常にかかっていました。DLOCを使えば、ブロックチェーン上に情報を乗せ、安全に保管することができるため、大幅なコスト削減が見込めます。

3.まとめ

ファクトムのまとめ

ファクトムの特徴と将来性をまとめると以下の通りです。

特徴

・ファクトムは企業が運営している

・データをブロックチェーン上に保存

将来性

・ファクトムハーモニー

・DLOC

4.購入方法

ファクトムを日本で取り扱う取引所はありません。そのため、日本の取引所でビットコインを購入し、海外の取引所にビットコインを送金してファクトムを購入する必要があります。

  1. 国内販売所GMOコインでビットコイン(BTC)を購入
  2. 海外取引所のPoloniexのアカウント登録
  3. Poloniexでビットコインアドレスを生成
  4. GMOコインPoloniexのアドレスへ送金
  5. Poloniexにてビットコインでファクトム(FTC)を購入

GMOコインは海外への送金手数料が無料ですので、どれだけ送金しても無駄な費用がかかりません。

ただ、GMOコインはスプレッド幅が少し大きいので、何度も売買するのではなく、まとまった金額の仮想通貨を購入するようにしましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています