2018年バイナンスコイン(BNB)今後どうなる?特徴・将来性まとめ

バイナンスコインって何に使う通貨なの?

もしかしてあなたは、世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが発行するバイナンスコインに密かに期待していませんか。

確かに、バイナンスコインは時価総額は20位代を常にキープしており、バイナンスが発行しているため知名度もそこそこあります。

しかし、実際どのようなことに使えるのか、将来どうなっていくのか、という点に関してはまだまだ十分に知れ渡っていません。

この記事では、バイナンスコインはどのような通貨で、将来性はあるのかを書きました。最後まで読んでいただければバイナンスコインについて詳しく知っていただけるでしょう。

BITPOINT

特徴

バイナンスコインとは、世界最大級の取引所バイナンスで発行されている独自のトークンです。

そのバイナンスコインには以下の3つの特徴があります。

手数料が割引される

毎年バーンされていく

投票券として使用可能

順番に詳しく見ていきましょう。

手数料が割引される

feature 1

バイナンスコインで売買すれば割引される

バイナンスコインの最大の特徴は、バイナンスコインを使って、取引所のバイナンスで取引をすれば、手数料が半額になることです。ただ、この手数料の割引率は年々減少します。

現在は半額の50%ですが、来年は25%、再来年は12.5%と年々割引率が半分になり、5年目以降は割引がなくなります。

毎年バーンされる

feature 2

毎年バーンされる

バイナンスコインは、毎年バイナンスの利益の20%分がバーンされます。

バーンとは?

バーンとは、トークンが廃棄されることです。廃棄された通貨はその後使えなくなります。

そのため、年々バイナンスコインの希少価値が向上していきます。

投票券として使用可能

feature 3

バイナンスコインは投票券として使われる

バイナンスでは毎月、新しく上場する仮想通貨をユーザーからの投票で決めるイベントを行っています。バイナンスコインはその投票券としても利用することができます。

投票するユーザーのメリットとしては、応援している通貨がバイナンスに上場すれば、取引量が莫大に増加し、取引がしやすくなるということが挙げられます。

将来性

バイナンスコインの将来は以下の3つです。

理論上は価格が上昇していく

分散型取引所で主要な資産となる

取引所の成長が価格上昇に直結する

順番に詳しく見ていきましょう。

理論上は価格が上昇していく

hope 1

バイナンスコインは理論上価格上昇する

バイナンスコインは先ほども述べたように、毎年バーンされ、バイナンスコインの供給が減少します。すると、バイナンスの需要が相対的に多くなり、理論上は価格上昇が望めます。

もちろん、必ず上がるというわけではなく、今の需要が継続し続けた前提です。長期保有するのであれば、毎年のバーン量は注視しておく必要があります。

分散型取引所で主要な資産となる

hope 2
 

f:id:kk3marketer:20180530083041p:plain

バイナンスコインは、バイナンスのHPで「将来的には、BNBは分散型の取引所を建設する予定で、BNBは主要な資産のひとつとして使用」すると書かれています。

主要な資産のひとつというのが何を指しているのかを具体的に記す記述はありませんでしたが、現実的に考えるとバイナンスコイン建の取引というところでしょうか。あくまで推測ですので、定期的に確認する必要がありそうです。

取引所の成長が直結する

hope 3

バイナンス取引所

バイナンスコインの将来性を一番大きく左右するのは、やはり取引所バイナンスの業績や成長と言えます。バイナンスの取引量やユーザーが増えることでバイナンスコインの絶対的な需要は上昇しますから、価格上昇に直結すると考えても良いでしょう。

まとめ

バイナンスのまとめ

特徴と将来性をまとめると以下の通りになります。

特徴

手数料が割引される

毎年バーンされていく

投票券として使用可能

将来性

理論上は価格が上昇していく

分散型取引所で主要な資産となる

取引所の成長が価格上昇に直結する

バイナンスコインの将来性は最後に書いた通り、バイナンスの成長が直結すると言っても過言ではありません。

そのため、毎年バーンされる情報や分散型取引所での位置について調べることも必要ですが、バイナンス自体の取引量の増減など業績を調べることが重要と言えます。

購入方法

バイナンスコインを日本で取り扱う取引所はありません。そのため、日本の取引所でビットコインを購入し、海外の取引所バイナンスにビットコインを送金してバイナンスコインを購入する必要があります。

  1. 国内販売所GMOコインでビットコイン(BTC)を購入
  2. 海外取引所のバイナンスのアカウント登録
  3. バイナンスでビットコインアドレスを生成
  4. GMOコインバイナンスのアドレスへ送金
  5. バイナンスにてビットコインでバイナンスコインを購入

GMOコインは海外への送金手数料が無料ですので、どれだけ送金しても無駄な費用がかかりません。

ただ、GMOコインはスプレッド幅が少し大きいので、何度も売買するのではなく、まとまった金額の仮想通貨を購入するようにしましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています