コインハックツ | ユニークな仮想通貨ブログメディア

乱立する仮想通貨ブログとは異なる切り口で仮想通貨情報をまとめる独自の仮想通貨WEBメディア

仮想通貨カウンターパーティ(XCP)とは?特徴・将来性・購入方法まとめ

 カウンターパーティ

カウンターパーティってどんな通貨なの?

もしかしてあなたはカウンターパーティに密かに期待していませんか。

カウンターパーティは、国内取引所zaifに上場しているため、気軽に取引ができます。

今回は、カウンターパーティがどのような通貨で、将来どうなっていくのかを書いていきます。この記事を最後まで読んでいただければカウンターパーティについて詳しく知っていただけるでしょう。

ちなみに、金融用語でもカウンターパーティという言葉があります。その場合は取引相手を意味し、相手方の金融機関を指すことが多いです。

1.特徴

1-1.誰でも仮想通貨を作ることができる

仮想通貨を作る画面

カウンターパーティの一番の特徴は、誰でも簡単に仮想通貨※1を発行できる点です。

カウンターパーティは、ビットコインのブロックチェーンを利用して作動するプラットフォームで、これまでにも多くの仮想通貨が発行されました。

カウンターパーティを利用して発行された主な仮想通貨

・zaifトークン

・ぺぺキャッシュ

・ビットコインクリスタル

・FISCOトークン

ちなみに、これらの仮想通貨は全てzaifで購入することができます。

カウンターパーティの存在意義は、トークンエコノミーと呼ばれる新しい経済圏の普及にあります。

トークンエコノミーとは?

個人や企業、組織が独自に発行したトークンに価値が生まれ、経済圏が形成されること。楽天ポイントなどもトークンエコノミーの一種と言える。

今後、トークンエコノミーがさらに普及し、独自トークンの発行の需要が高まれば、カウンターパーティが大きな役目を担うと言われています。

※1厳密には、トークンと言います。

2.カウンターパーティの将来性は?

2-1.デフレ通貨

バーンされるカウンターパーティ

カウンターパーティは、PoB(Ploof of burn)という仕組みを採用しています。カウンターパーティは使用するたびに総量が減少して行きます。

2-2.PoBとは?

Ploof of burnの略称。誰も知らない秘密鍵のアカウントに仮想通貨を送金することで、送金したコインを使用できなくすることです。

例えば、カウンターパーティ独自の通貨XCPを得るためには

カウンターパーティ独自の通貨XCPを得るためには

  1.  カウンターパーティ独自の通貨(XCP)が欲しい人は、誰も使用できないアドレスにbitcoinを送る(Burn)。
  2. 捨てたbiccoinの量をカウンターパーティの運営に証明する。
  3. そのbitcoinを送った量に応じて運営からXCPが配布される。

という仕組みでPoBが利用され、誰でも公平に取引ができるようになります。当然、①で誰も使用できないアドレスに送ったbitcoinは使えなくなります。

このように、Pobの仕組みによって、古い通貨(bitcoin)から新しい通貨(XCP)に価値を生み出すことができます。

同様に、カウンターパーティのプラットフォームから独自の通貨を使う際には、今度はXCPを誰も使用できないアドレスに送り、その量に応じて独自の通貨を得るという仕組みになります。

2-3.カウンターパーティ使われ続ける限り、価値が向上する

つまり、カウンターパーティは使用されるごとに総量が減り、希少価値が向上していきます。

そのため、長期的にはカウンターパーティの価値が理論的には上がり続けます。しかし、価格は需要と供給のバランスによって決定されますから需要がなければ価格上昇にはつながりません。

カウンターパーティの総量が少なくなるからと言って短絡的に価格上昇するということはありませんが、一つの目安として知っておくと良いでしょう。

3.まとめ

カウンターパーティの特徴と将来性をまとめると以下の通りです。

特徴

・誰でも仮想通貨を作れる

将来性

・デフレ通貨

カウンターパーティは仮想通貨を誰でも作れるようになる金融プラットフォームです。個人や企業の仮想通貨の発行の需要が増えれば、価格上昇が期待できます。最近はトークンエコノミーと呼ばれる経済圏が話題を集めています。

4.購入方法

f:id:Tripler-taka:20180619014027p:plain

カウンターパーティは国内取引所zaifが取り扱っています。zaifはカウンターパーティの他に、ぺぺキャッシュやネクスコインなど、国内ではzaifのみが取り扱っている仮想通貨が多くあります。カウンターパーティ以外の草コインを知りたい方は一度登録すると良いでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています