【2019年11月更新】リップル(Ripple/XRP)買うなら絶対ココ!最新のおすすめ取引所6選【ランキング】

リップルを安く手に入れるならどこ?
リップルのレバレッジ取引ができる取引所は?
リップルが売買できる海外の取引所も知りたい…
リップルをお得に取引するには?

このような疑問や悩みを抱えていませんか?

仮想通貨リップル(xrp)は時価総額3位で2017年から2019年11月現在まで人気の絶えない大人気コインです。

2018年〜2019年を通してリップルは全体的に価格が下落していますが、2020年に向けてリップルを購入してみようとお考えの人もいるのではないでしょうか。

そこで、本記事ではリップル(xrp)を安く買える取引所やリップルを購入できる国内外の取引所について紹介していきます。

Coincheck

1位. ビットポイント (Bitpoint)

リップル取引所ランキング

ビットポイントは安全性が業界1番。手数料も無料で良心的。初心者から上級者まで幅広く使われている優良取引所です。

運営元のビットポイントジャパンは「東証2部に上場している親会社リミットポイント」の子会社であり、上場企業が運営している面からもかなり信頼できると言えるでしょう。

最近では、CMにあの有名なサッカー選手の本田圭佑氏を起用するなど、今国内で最も注目されている取引所です。

仮想通貨女子
資本金は44億3,000万円で業界トップ!
仮想通貨トレーダー
セキュリティー面も業界最高峰を誇っています。

 

 

ビットポイントの特徴・メリット

ビットポイントのメリット

ビットポイントには非常に多くのメリットがあり、何と言っても各種手数料が無料な点、どの取引所よりも格安でリップルを取引することができます。

また、多様なトレードィングツールやMT4を利用でき、操作性も良い点などユーザビリティの面でも使いやすい取引所と言えるでしょう。

さらに、ビットポイントでは70名を超える人員による安心安全のセキュリティ体制を実現しており、安全性は証券会社レベルまで上るとも言われています。

仮想通貨トレーダー
ビットポイントはハッキング被害に遭ったものの迅速で誠意ある対応で対処したため、事業に大きく支障が出るほどのネガティブな印象をユーザーに持たれずに済んでいます。
仮想通貨女子
ハッキングは世界最大級の取引所であるバイナンスも受けたことがあるほどだから、むしろハッキング被害を受けた後の対応が重要だよね。

ビットポイントのデメリット

・入金に時間がかかる
・クレッジット入金ができない

ビットポイントはユーザビリティの面で不便を感じることが上記の2点存在します。

ビットポイントでの入金は平日の15時以降に入金した場合、入金の反映が翌日になってしまします。

しかし、ビットポイントでは提携銀行も多く、

  • 住信SBIネット銀行
  • ジャパンネット銀行
  • イオン銀行

上記3つの銀行であれば即日入金をすることが可能です。

クレッジト入金に関しては8%ほど別途手数料がかかってしまうため、実は他の取引所でもおすすめできないのでデメリットと言うほどでもないでしょう。

 

\ビットポイントについて詳しくはこちら/

ビットポイントの特徴・評判・メリット・デメリット総まとめ【プロが徹底解説】

2位. ビットバンク(bitbank)

リップル取引所ランキング

ビットバンクは、アルトコインの売買に非常に強い取引所として知られています。

特にビットポイントでは、リップルを格安で取引でき、取引量も多いことからたくさんのリップルトレーダーに愛用されている取引所とも言えるでしょう。

仮想通貨トレーダー
実は、ビットポイントはリップルの取引量世界No.1なのです。
仮想通貨女子
その他、キャンペーンも熱い!」

 

ビットバンクの特徴・メリット

ビットバンクのメリット

ビットバンクでリップルを取引する最大の魅力は、日本円で安く取引できることです。さらに、トレードではチャートツールが豊富なTrading Viewも採用されており、アプリも操作感がいいと人気です。

ビットバンクはまさに、リップルトレーダーのための取引所といっても過言ではないでしょう。

ビットバンクのデメリット

・サーバーがやや不安定
・簡単売買が無く初心者向きではない

ビットバンクでのデメリットを挙げると上記3つがあります。

ビットバンクではサーバーが落ちることもあるという意見があり、ユーザーからすると取引中に不安を感じたりします。

また、ビットバンクでは簡単売買を取り扱っていないため、初心者にとっては少々取引が難しく感じてしまうというデメリットもあります。

 

\ビットバンクについて詳しくはこちら/

bitbank(ビットバンク)メリット・デメリット・評判まとめ【徹底解説】

3位. GMOコイン

リップル取引所ランキング

GMOコインはとにかく使いやすいと評判の取引所で、リップルのレバレッジ取引ができることでも高い人気を誇っています。

また、GMOコインはサイバー攻撃に対するセキュリティー体制が整っており、安全性の高さも評価できる取引所です。

仮想通貨女子
使い心地がいい。それがユーザビリティで一番大切!
仮想通貨トレーダー
セキュリティ面も安全で、レバレッジ取引できるのはいいですね。

 

 

GMOコインの特徴・メリット

GMOコインのメリット

GMOコインでは手数料が各種無料。格安でリップルの取引をすることができます。

さらに、GMOコインではアルトコインのレバレッジ取引に力を入れており、リップルを含む4種類のFX取引が可能です。

またGMOコインでは運営元がGMOグループの大手企業であり、資産を一部託す上で信頼性が高いと言えるでしょう。

 

GMOコインのデメリット

・買い規制が入る可能性がある
・アルトコインの板取引ができない

このように、格安かつレバレッジ取引ができるリップルトレーダーにとって魅力のあるGMOコインですが、上記のような2つのデメリットも存在します。

GMOコインでは2017年〜2019年の間にも買い規制(リップルの購入の規制)が入った経験からもこれから同じような買い規制が入るリスクもあります。

また、GMOコインではリップルを含む全てのアルトコインの売買が販売所のみであり、ユーザー同士の取引ができないというデメリットがあります。

そのため、手数料自体は無料ですが、リップルの売買は販売所での購入が必要になるため余計な手数料がかかってしまうでしょう。

 

\GMOコインについて詳しくはこちら/

GMOコイン評判まとめ・リアルな口コミ・デメリットのみ抜粋!【2018年完全版】

4位. バイナンス(Binance)

リップル取引所ランキング

バイナンスは世界トップクラスの出来高を誇るマルタの取引所です。

バイナンスの取り扱い通貨数はなんと150種類以上。手数料も安く取引できることも魅力的な取引所です。

仮想通貨トレーダー
バイナンスは2018年の純利益目標が1000億円の非常に大きな取引所ですね。
仮想通貨女子
海外の取引所でもリップルは大人気!

バイナンスの特徴・メリット

バイナンスのメリット

国内の取引所では、取り扱い通貨数は多くても10銘柄ほどですが、バイナンスでは150種類以上の銘柄を揃え、様々なマイナー通貨を取引できるのが魅力的です。

さらに、全ての銘柄が0.1%ほどの手数料で取引できる点など、海外取引所の中でも非常に安く売買できます。

そして、バイナンスではとにかくユーザー数が多いことからも通貨の流動性が高く、取引の成約が通りやすいというメリットがあります。

また、バイナンスは登録も非常に簡単で、本人確認なしで取引をすることも可能です。

 

バイナンスのデメリット

・日本円での入金ができない
・日本語サポートが終了した

このようにリップルの売買で、バイナンスをおすすめできるメリットが非常に多いのですが、上記2つのような海外取引所ならではのデメリットも存在します。

バイナンスでは日本円での入金ができません。

バイナンスへの入金は具体的に

  1. 日本円を国内の取引所に入金
  2. 日本円で仮想通貨を購入
  3. 購入した通貨をバイナンスへ送金

このような手順での入金が必要になります。
そのため、日本のユーザーにとっては少々面倒に感じてしまうでしょう。

また、以前のバイナンスでは日本語サポートもありましたが、2018年に金融庁から警告を受けたことにより日本から撤退。日本語によるサポートが終了してしまいました。

このように、ユーザビリティの面ではデメリットを感じる面もありますが、取り扱い通貨が豊富で流動性も高いバイナンスは海外取引所の中でもオススメできるでしょう。

 

\バイナンスついて詳しくはこちら/

バイナンスのメリット・デメリット・評判・登録方法・使い方を解説

5位. DMM Bitcoin

リップル取引所ランキング

DMM Bitcoinはレバレッジ取引に対応している通貨が多い取引所として知られています。

BTCだけでなくリップルを含む7種類の通貨を、最大4倍でレバレッジ取引することが可能です。

仮想通貨トレーダー
24時間体制のサポートや厳重な資産管理など、安全性の高さも評価されています。
仮想通貨女子
アプリのUIも良いみたい!

 

DMM Bitcoinの特徴・メリット

DMMビットコインのメリット

DMM Bitcoin一番の魅力は何と言っても、最大4倍のレバレッジでリップルを取引できることでしょう。

さらに、入金・出金・取引手数料が全て無料。FX取引の場合でもレバレッジ手数料のみで取引することが可能です。

また、サーバーの安定性も高く、24時間体制での厳重なセキュリティ管理もされていることから安心して資産を託すことができる取引所だと言えるでしょう。

今なら新規口座開設で1000円がもらえるキャンペーンも実施されています。

 

DMM Bitcoinのデメリット

・現物取引ができるのはBTC、ETH、XRPのみ
・レバレッジ取引は最大4倍まで

DMM Bitcoinではレバレッジ取引には特化していますが、逆に、現物取引できる通貨はBTC、ETH、XRPの3種類のみです。

さらに、DMM Bitcoinではリップルのレバレッジ取引は最大4倍までしかできません。
そのため、少額でより大きな結果を狙いたいトレーダーにとっては少々不満に感じることがあるでしょう。

しかし、あまり大きすぎるレバレッジは追証のある取引所にとってはリスクでもあり、4倍ほどのレバレッジであれば損失を抑えやすいとも言えるでしょう。

DMM Bitcoinは、リップルのレバレッジ取引をしたいというユーザーにとっては、低予算でも効率よく資産を増やせる取引所として口座開設しておくと便利でしょう。

 

\DMM Bitcoinについて詳しくはこちら/

DMMビットコインの特徴・メリットを徹底解説【初心者向き】

6位. ビットメックス(BitMEX)

リップル取引所ランキング

ビットメックスはインド洋に浮かぶセーシェルという国に本籍を置く海外の取引所です。

ビットメックスではBTCの出来高が世界一であり、海外取引所の出来高ランキングでもBTC/USDの取引量No.1という実績があります。

また、ビットメックスはFX取引にも特化した取引所としても知られており、ハイリターンを期待できる取引所とも言えるでしょう。

仮想通貨女子
BTCなら最大100倍までレバレッジ取引できるね!
仮想通貨トレーダー
さらに追証がないことで安全性が保たれたレバレッジ取引ができる取引所なんです。

 

BitMEXの特徴・メリット

ビットメックスのメリット

ビットメックスはレバレッジ取引に特化した取引所として、BTCなら最高100倍。
リップルでも最高20倍のレバレッジ取引ができます。

さらに、追証がないことにより万が一価格が暴落し、証拠金以上に損失が出た場合でも借金する必要がないという安全性が保たれています。

「レバレッジ取引でより多くの結果を出したい。しかし、借金にならないか心配だ… 」

というユーザーにとって、レバレッジ取引最大のデメリットを打ち消した最高の取引所と言えるでしょう。

また、日本語対応やアカウント登録が簡単な面で、非常に使いやすい取引所だと評判になっています。

 

BitMEXのデメリット

・日本円での入金ができない
・米ドル換算のトレード

ビットメックスではバイナンスと同様に、日本円での入金ができません。

なのでビットメックスへの入金は、

  1. 日本円を国内の取引所に入金
  2. 日本円で仮想通貨を購入
  3. 購入した通貨をビットメックスへ送金

このような手順が必要となり、少々めんどくささを感じてしまうでしょう。

また、ビットメックスでの取引は全て米ドル換算でのトレードになります。

米ドルに慣れていないユーザーにとっては相場観がつかめず、使いにくいと感じてしまうデメリットがあるでしょう。

\ビットメックスについて詳しくはこちら/

BitMEX(ビットメックス)のメリット・デメリット・使い方・登録方法を徹底解説

7位. バイビット(bybit)

仮想通貨bybitはBitMEX取引所と最近比較される取引所です。

bybitの特徴・メリット

bybitの特徴・メリットは以下の通りです。

・レバレッジ倍率が最大100倍
・取引手数料が-0.025%
・日本語に対応している
・注文が通りやすい

bybitは注文が通りやすいことや、BitMEXと同様の手数料やレバレッジ設定になっていることが大変魅力的です。

また、日本語にも対応しているため安心して利用できます。

仮想通貨女子
BitMEXは注文が通り難かったり顧客ID流出などで話題になったりしてたからね。

bybitはまだまだ取引所としての実績が浅いですが非常に高いポテンシャルを備えた取引所ですので、
開設しておいても損はしないでしょう。

bybitのデメリット

bybitのデメリットは以下の通りです。

・取り扱い通貨が4通貨のみ
・取引所としての実績が浅い

bybitで取り扱っている通貨はビットコイン・イーサリアム・リップル・イオスの4種類のみだけですので、通貨の数としては物足りなさを感じます。また、取引所としての実績がまだ浅いため、セキュリティ面や信憑性で不安がどうしても残ります。

リップルをもっとお得に取引するには

ここからは、さらにリップルをお得に取引したいトレーダーのために。

リップルの取引で注目しておきたい3つのこと、

  1. 販売所・取引所の違い
  2. 取引所の各種手数料比較
  3. レバレッジ取引の有無

これらについて以下で詳しく説明します。

販売所・取引所の違い

仮想通貨販売所と取引所の違い

販売所とは

販売所とは、取引所運営側とユーザーが直接取引を行うサービスです。

取引所とは

取引所とは、ユーザー同士が売買価格を出し合い取引を成立させるサービスです

リップルをお得に取引する上で最も大切な販売所・取引所の違いは手数料です。

特に販売所の場合、取引所側の手数料が上乗せされ、ユーザー同士の取引よりも価格が高くなってしまいます。

しかし、取引所でユーザー同士が取引する場合は価格が安いというメリットがあるが、売買成立までに時間がかかってしまうというデメリットもあります。

そのため、安く買いたい場合には取引所。早く買いたい場合には販売所を利用するといいでしょう。

取引所の各種手数料比較

取引所 販売所 取引手数料 入出金手数料 送金手数料 レバレッジ取引
Bitpoint 無料 入金:無料
出金:無料
無料
bitbank 無料 入金:無料
出金:648円
0.15XRP
GMOコイン 無料 入金:無料
出金:無料
無料
Binance maker:0.1%
taker:0.1%
日本円の入出金不可 0.25XRP
DMM Bitcoin 無料 入金:無料
出金:無料
無料
BitMEX maker:-0.025%
taker:0.075%
日本円の入出金不可 0.001XRP~

上記は、今回紹介したリップルの売買にオススメな取引所の各種手数料です。

これらを比較すると、やはり手数料が無料の取引所ビットポイントが、最も安く取引できることがわかります。

レバレッジ取引の有無

GMOコイン 4倍
DMM Bitcoin 4倍
BitMEX 20倍(追証なし)

また、少ない資産でより多くの利益を出したいユーザーにとってはレバレッジ取引の有無も関係します。

中でも、今回紹介した以下の取引所3つ。

ではリップルのレバレッジ取引をすることができます。

特に、ビットメックスでは最大20倍ものリップルのレバレッジ取引ができ、追証もないことからも非常にオススメできる取引所です。

口座開設をしておくと、リップルの取引で資産倍増の確率を大幅に増やすことができるでしょう。

リップルの取引所選び(ニーズ別)

とにかく安くリップルを取引したい方

仮想通貨リップルを最も安く購入したいのであれば国内では「ビットバンク」か「ビットポイント」を利用すると良いでしょう。

ビットバンク取引所の取引手数料は2019年11月28日時点で「-0.02%」で、ビットポイントの手数料は「無料」となっており、非常にお得に売買をすることが可能です。

リップルの取引量を重視している方

リップルの取引量を重視されている方は国内では「ビットバンク」、海外では「バイナンス」取引所を利用しましょう。

取引所のユーザー数・リップルの取引量共にトップクラスです。

リップルを販売所で購入したい方

リップルを販売所で購入したいという方は「GMOコイン」「DMM Bitcoin」で購入することが可能です。

GMOコインとDMM Bitcoinであればレバレッジ取引で運用することができるため、レバレッジ取引でも運用したい方におすすめです。

レバレッジ取引をしたい方

国内の取引所でリップルのレバレッジ取引ができるのはGMOコインとDMM Bicoinです。しかし、レバレッジ倍率は最大で4倍とやや少なめに設定されています。

もし、もっと大きなレバレッジで運用したいという方はビットメックス取引所を利用するようにしましょう。

まとめ

仮想通貨リップル(xrp)はアルトコインの中でも根強い人気を誇るコインです。

今回はそんな将来性の高いリップルをお得に取引できる取引所を紹介しました。

2020年はリップルを中心に投資を行っていきたいという方は今のうちに複数の口座を開設し、資金運用を柔軟にできるようにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です